脇脱毛の効果には個人差がありますが、あまりにも抜けないと不安になってきますよね。
そこで今回は、抜けないと判断する基準や脇脱毛の経過、抜けない時の原因と対処法、脇脱毛の脱毛効果を上げる7つの方法などについて詳しくご紹介していきます。

脇脱毛の効果を高めるコツを掴んで、終わらない脇脱毛から卒業しましょう!

1.脇脱毛が終わらない、抜けない時の判断基準と対処法

脇脱毛の効果がどれぐらいで実感できるのかについては人によっても違いますが、目安を知っておくと安心です。

1-1.脇脱毛後、毛が抜け始めるのは2~3週間後

脇脱毛の施術を受けると、約2~3週間後にスルッと抜けはじめます。
この時抜ける毛は脱毛の施術を受けた時に成長期だった毛だけなので、退行期や休止期だった毛がしばらくすると生えてきます。

そのため1回目の施術から2ヶ月程度経過すれば、元通りになったと感じる人がほとんどです。
そして、新たに生えてきた成長期の毛に対して、次の施術を行うというのを繰り返すことで、徐々に毛の量を減らしていきます。

1-2.初めての脇脱毛後には毛が抜けにくい!

初めての脱毛後は毛が抜けにくいと感じる人が多いのですが、それには次のような理由があります。

・毛根がしっかりしている
初めて脱毛する際に抜けにくいと感じるのは、毛根がしっかりしているからです。
脱毛の施術を繰り返すと、毛根がダメージを受けやすくなるため、抜けやすくなっていきます。

・様子を見ながらの照射
初めての脱毛の場合、控えめの出力レベルで痛みや肌トラブルがないかなど様子を見ながら施術を行います。
出力レベルが低ければ低いほど、抜けにくくなります。

1-3.脇脱毛の効果がでるまでの経過

脇脱毛の効果を実感できるまでは、次のような経過をたどります。

1~2回目…脱毛後は効果を感じるけれど、すぐに元通り
3~5回目…毛が細くなってくる
4~6回目…自己処理のペースがゆっくりになってくる
7~10回…自己処理の回数がほとんどなくなる
11~18回…脱毛完了

最初のうちは、2ヶ月に1回通って、毛の量が減ってきたら3~4ヶ月おきに通って完了を目指しましょう。

1-4.2~3回通ってもまったく抜けない時の対処法

もし、2~3回通っても「何の変化も感じない」「まったく抜けない」という時は、脱毛効果が出ていない可能性があります。
原因と対処法をまとめておきましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1-4-1.脇脱毛で毛が抜けない3つの原因

脇脱毛の施術を受けたのに毛が抜けない原因としては、次の3つが考えられます。

①照射漏れが原因
全体に抜けないのではなく、一部分が抜けない時は照射漏れの可能性が高くなります。
不自然に抜けていない部分が残るのでわかりやすいのが特徴です。

②毛周期が原因
毛周期が原因の場合も一部が残りますが、①の場合とは違ってまばらに残ります。
脱毛の施術後に抜けるのは成長期の毛だけなので、退行期の毛が抜けずに残って目立つことがあります。
退行期の毛に対しては、施術を繰り返しても効果はありません。

③出力レベルが弱いことが原因
全体に抜けていない場合は、出力レベルが弱く脱毛効果が出ていない可能性があります。

1-4-2.まずはスタッフに相談しよう

照射漏れや出力レベルが弱いことが原因の場合、再施術をしてもらうことができます。
無理に引っ張って抜いてしまうと脱毛の効果がでにくくなってしまうので、まずはスタッフに相談してみるのがおすすめです。

また、一部が抜けていない場合は、新たに生えてきた毛と抜けていない毛がわからなくなってしまわないように、写真に撮って残しておきましょう。

2.脇脱毛が終わらない、抜けない人に試してほしい脱毛効果を上げる7つの方法

次に、脇脱毛の効果を高めるコツを7つご紹介します。
抜けにくいと感じている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2-1.脱毛に通う頻度を上げる

脱毛の効果を感じにくい人は、脱毛のタイミングと毛が生えてくるタイミングが合っていないのかもしれません。
成長期の毛が生えてきたタイミングで施術を受けるためにも、最初のうちは1~2ヶ月に1回は通うのがおすすめです。

2-2.脱毛前後の保湿ケアをたっぷり行う

肌が乾燥していると、脱毛の光が肌の深部まで届きにくくなるため、脱毛の効果がでにくくなってしまいます。
しっかり脱毛の効果を実感するためにも、日頃から保湿クリームなどで脇を乾燥させないようにケアしておきましょう。

また、脱毛後にもしっかり保湿をしておくと、次の脱毛の効果を高めることにつながります。

2-3.脱毛当日は制汗剤を使わない

制汗剤には毛穴を引き締める効果があるので、脱毛当日に制汗剤を使っていると毛が抜けにくくなってしまうことがあります。
また、制汗剤の成分が肌に残っていると、肌の炎症や黒ずみの原因となることもあるため注意が必要です。

2-4.脱毛効果を下げる日焼けに注意する

普段は気にする必要のない脇の日焼けですが、少しでも日焼けをすると肌が乾燥して脱毛効果が出にくくなってしまいます。
乾燥対策のひとつとして、脇脱毛中には脇の日焼けに気を遣うようにしましょう。

2-5.熱過ぎるお風呂は避ける

熱過ぎる温度でのシャワーやお風呂は、肌を乾燥させてしまう原因になります。
脱毛効果が高い潤いのある肌作りのためにも、熱過ぎるお湯は使わないようにしましょう。

2-6.生理中には脱毛をしない

生理中はホルモンバランスの影響で、皮脂が過剰に分泌される、免疫力が下がりやすいなどの影響で、肌トラブルが起きやすい状態になります。
肌トラブルが起きている時に脱毛をすると通常時に比べて、脱毛効果が下がってしまう可能性が高くなります。

2-7.出力レベルを上げてもらう

同じ脱毛器を使っていても出力レベルはサロンによっても違っています。
脱毛時に痛みもなく効果も感じられないという人は、出力レベルを上げてもらうようにお願いしてみるのも一つの方法です。

3.それでも脇脱毛が終わらない、抜けない人はレーザー脱毛を試してみよう!

脇脱毛の効果を高める7つの方法を試しても、脇脱毛が終わらない、なかなか抜けないという人は、レーザー脱毛を試してみるのがおすすめです。
レーザー脱毛と光脱毛は完了までのスピードに、次のような差があります。

光脱毛での脇脱毛完了までの回数・期間…12~18回、1年半~3年
レーザー脱毛での脇脱毛完了までの回数・期間…4~6回、1年

同じ脇脱毛でも、レーザー脱毛と光脱毛の完了までのスピードがこれだけ違うのは、出力レベルの高さが大きく違っているからです。
また、レーザー脱毛は通う回数が少なくて済むため、脱毛サロンより安く通えることもあります。

脱毛サロンの効果に疑問を感じたら、脱毛法を変えてみることも検討してみましょう。

両脇の医療脱毛が安く受けられるサロンはこちらのページにまとめています。

4.まとめ

脱毛サロンで脇脱毛をする場合、12~18回通えばキレイになれるのが一般的ですが、2~3年かかってしまうためなかなか終わらないと感じる人も多いです。
そんな時は、まず脱毛効果を高めるスキンケアなどを試してみると効果的です。

それでも脇脱毛がなかなか終わらないと感じた時は、約5回・1年以内に脇脱毛を完了できるレーザー脱毛に切り替えると早く脱毛を完了することができます。
レーザー脱毛を使って脇脱毛を安くできるクリニックについてはこちらのページに詳しくまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。