多くの人が抱える悩みの1つに「体臭」があります。

特にワキガは臭いもきつく、体を清潔に保っていてもなかなか改善出来ない悩みです。

夏場や運動を行った後は自分の臭いが気になってそわそわするという人も多いのではないでしょうか。

そんなワキガは脱毛を行うと改善するという話を聞いたことがありませんか?

しかし、同時に脱毛を行ったことでワキガになったり、臭いがきつくなったという全く逆の話も見かけることがあります。

本当のところはどちらなのでしょうか?

ここではいろいろな情報が飛び交う脱毛とワキガの関係について掘り下げていきます。

1.ワキガとはどんな状況か


ワキガは汗を書くと脇から気になる臭いが出てしまう症状のことを言います。

日本人には比較的少ない症状ですが、海外に行くと殆どの人がワキガ体質です。

欧米諸国では8割以上の人がワキガなので、世界的に見ると決して珍しい症状ではありません。

「腋臭症」というのが医学的な名称で、以下のような臭いの特徴があるとされています。

  • ネギ類のようなツンとした刺激のある臭い
  • 鉛筆の芯を擦った後のような独特の臭い
  • 香辛料のクミンに似た臭い
  • 古くなった雑巾のような臭い

このようにワキガの臭いには個人差があり、ワキガの人全員が同じ臭いというわけではありません。

また、臭いの強さにも個人差が大きく出ますので、離れていても臭うくらいの人から鼻を近づけて初めてわかる程度の軽度の人までばらつきがあります。

臭いの他には、脇に直接触れる衣類に黄色いシミが付くというのもワキガの特徴です。

汗や皮脂で衣類が変色することは誰にでもありますが、ワキガの場合は色が濃くて臭いもきついのが特徴です。

2.ワキガの原因とメカニズム


日本人はワキガの人口がかなり少なく、10人に1人程度だとされています。

では、なぜワキガの人はワキガの症状が出てしまうのでしょうか?

ワキガの原因には生まれ持っての体の作りが関係しており、遺伝するものです。

つまりワキガの人は生まれたときからワキガなのですが、臭いの強さは変化します。

臭いが出てしまうメカニズムと合わせて、臭いが変化する理由も解説していきます。

2-1.ワキガの臭いの元はアポクリン腺の汗

運動したり気温が高い中にいると自然と滲んでくる汗。

私たちのこの汗は「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺から分泌されています。

ワキガの特徴である独特の臭いの元はアポクリン腺から出る汗で、ややベタベタしている特徴があります。

ベタベタの原因は汗に脂質・タンパク質・糖類・アンモニアなどが含まれているからで、これらが皮膚の常在菌と混ざるとワキガの臭いがし始めます。

エクリン腺から出る汗はサラサラで蒸発しやすいため、アポクリン腺から出て臭いがしはじめた汗と一緒に蒸発されて周りに臭いが漂ってしまうのです。

これがワキガが臭ってしまう原因です。

アポクリン腺がある場所は脇・乳輪・デリケートゾーン・外耳道などのみの限られた場所です。

その数や分泌される汗の量に個人差が大きいため、ワキガの人とそうでない人や、同じワキガでも臭いの強さに差があるわけです。

2-2.臭いが急に強くなったと感じる理由


ワキガの原因であるアポクリン腺は生まれたときから数が決まっています。

そのため、ある時から急にワキガになった!ということは有りえず、臭いを突然感じるようになった場合は今まで気づいていないだけだったということなのです。

では、なぜ急に臭いが強くなるのでしょうか?

臭いが変化する一番の原因は生活習慣にあります。

  • 肥満気味になって汗を掻きやすくなった
  • 慢性的な運動不足で汗をかく習慣がない
  • 肉や油っぽいものを食べることが増えた
  • 疲れやストレスを溜めてしまっている
  • お酒やタバコの量が増えた

これらはすべて体臭をきつくしたり、分泌する汗の量を増やす原因になる生活習慣です。

また、思春期の頃から急にワキガが気になりだした場合は、ホルモンバランスが変化してアポクリン腺が刺激されたことが原因です。

3.ワキガのセルフチェック方法


脇の臭いに気づくと自分はワキガかもしれない…と不安になりますよね。

体臭は誰でもするものなので臭いだけでは正しい判断が出来ない事も多いです。

そんなときは以下の項目を確認してみてください。

  1. 両親やどちらかの親がワキガである
  2. 服や下着の脇の部分が黄ばむことがある
  3. 耳垢がべっとりとした湿ったタイプ
  4. 脇の皮膚や毛に白い粉が付着する
  5. 脇の下に汗をかきやすい
  6. 油っぽい食事や肉料理が好き
  7. 運動不足で汗をかくことが少ない
  8. お酒やタバコをついついやりすぎてしまう

この中の5項目以上に当てはまる場合はワキガの可能性があります。

特に1〜4の特徴はワキガの人に非常に多いものなので、これらの症状がある場合は特に要注意です。

4.脇脱毛でワキガは治るのか


「脇脱毛したら臭いが軽減した!」という話を聞くと、脇脱毛でワキガが改善するように感じます。

でも、実際は脇脱毛とワキガは全く関係がなく、脱毛をしたからといってワキガが治るということはないのです。

前述したように、ワキガの原因は生まれたときから決まっているアポクリン腺です。

医療用のレーザー脱毛もサロンなどの光脱毛も、アポクリン腺にダメージを与えることは不可能です。

ですので脇毛がなくなっても、アポクリン腺の数やそこから分泌される汗の量は変わらず、ワキガの治療にもつながらないわけです。

臭いが軽減したと感じる人の多くは、脇を清潔に保ちやすくなったことが原因ではないかと考えられます。

脱毛をするときは臭いが軽減出来るとは考えず、臭いのケアが少ししやすくなると受け止めておいた方がガッカリしません。

5.脇脱毛でワキガがひどくなると感じる理由


脇脱毛でワキガが改善したという話と同じくらいよく見かけるのが全く逆の「脱毛したらワキガになった・ひどくなった」という話です。

この話も真実ではなく、脇の脱毛をしてもワキガになったり、症状が悪化するということは有りえません。

光脱毛もレーザー脱毛もアポクリン腺の働きを活発にしたり、数を増やすという効果はないからです。

脇脱毛でワキガが悪化したと感じる場合、毛がなくなり皮膚に汗が残りやすくなった状態が原因になっていることが多いです。

体毛には汗を絡め取って蒸発を早めるという働きもあるので、それがなくなってしまうと肌に汗が留まりやすくなり、雑菌などと結びついて臭いを出しやすくなってしまうのです。

また、脱毛で緊張していたり、脇を気にしすぎたせいで汗や皮脂が増え、臭いに過敏になっているということもあります。

脱毛が直接の原因でワキガに急になったり、ひどくなるということはありません。

6.ワキガの治療方法


ワキガの悩みはひどい人だとうつ状態になってしまったり、ひきこもりの原因になってしまいます。

特に思春期の子供や女性では悩みとして抱えることが多く、治療が必要になるケースも珍しくありません。

ワキガを治療するとなった場合、どのような手段があり費用はどれくらいになるのでしょうか?

最新のワキガ治療にスポットを当てて解説していきます。

6-1.ミラドライ

ミラドライは皮膚を切ることなくワキガの治療が行えるマシンの名前です。

マイクロ波を使用してワキガの原因になっているアポクリン腺・エクリン腺の機能を停止させていく方法です。

ワキガのほかにも多汗症の治療方法として注目されています。

一度機能を停止した汗腺は再生することはないため、かなり長期間の効果が続くことが魅力です。

費用は300,000円以上と高額ですが、体への負担も少なく米国FDAも取得している安全安心な治療方法です。

6-2.クワドラカット・剪除法


どちらも皮膚にあるアポクリン腺を切除する外科的な手術でワキガを治療する方法です。

クワドラカットは子供でも可能なワキガ治療方法で、日帰りが可能な負担の少ない新しい治療方法です。

費用は全額自費になるため、400,000円前後かかります。

剪除法は数あるワキガ治療の中で最も効果が高く確実な方法と言われており、脇を2cm〜5cm切除してアポクリン腺を直接取り除く方法です。

ワキガが認められた場合は保険が適用されるので、3割負担の場合は40,000円前後の負担で済みます。

6-3.ボトックス

注射によって脇の下にボトックスを注入し、汗腺を細くして汗が出にくくする治療方法です。

注射を打つだけなので10分程度の施術時間で治療が完了しますが、効果の持続期間には個人差があります。

平均すると半年に1回程のボトックス注射が目安となっています。

費用は1回につき70,000円〜80,000円のことが多く、長期間続けるとミラドライやクワドラカット・剪除法よりも高額になってしまいます。

7.脇の臭いを自分でケアする方法


ワキガは気になるけど手術は怖いし、お金も必要ですぐには踏み切れないという人も多いですよね。

そんな人でも脇の臭いを軽減出来る方法はあり、意外と簡単なものも多くあります。

ここではすぐに出来てあまりお金もかからないワキガのセルフケアのオススメ方法を紹介します。

7-1.医薬品・漢方薬の服用

病院で相談すれば比較的安価ですぐに手に入る薬を服用することでワキガの症状を軽減出来ます。

内服薬として処方される事が多いのは「抗コリン薬」で、健康保険が適用されます。

漢方薬では「防已黄蓍湯(ぼういおうぎとう)」「補中益気湯(ほうちゅうえっきとう)」が処方されることが多く、こちらも病院処方の場合は保険適用です。

抗コリン薬には発汗を抑制する作用があり、それによってアポクリン腺からの汗を減らして臭いを軽減します。

しかし、汗が出にくいと体が火照りやすいという副作用もあるため、漢方薬が採用されることが多いです。

7-2.デオドラント用品でケアを行う


一番手軽な方法で、ドラッグストアやネット通販で非常に多くのワキガ向けのデオドラント製品が売られています。

汗ふきシートや制汗パットを使うのももちろんワキガ対策として有効です。

オススメはワキガ対策に特化している専用のクリームの使用です。

1日1回塗るだけで臭いを抑えることが出来たり、普通のデオドラント用品と同じ感覚で使える強みがあります。

価格帯は1,000円以下のものから5,000円超えのものまで幅広いので、自分に合ったものを選びましょう。

7-3.ミョウバン水で殺菌・消臭

一番安価に出来るワキガ対策が食品添加物として使われることが多いミョウバンを使った方法です。

ミョウバンとはカリウム・鉄・アルミニウムなどが結びついて硫酸塩となったもので、安全性の高い物質です。

抗菌・殺菌・消臭・制汗作用があることから、ワキガ対策に良いとされており、水に溶かして自作スプレーとして使う人が多いです。

スーパーなどで100円程で手に入るため、とてもリーズナブルにワキガ対策出来るのが魅力ですね。

7-4.脂肪分が多い食事を控える

今日の食事から出来るのが食べるものを工夫して体の中からアポクリン腺の働きを落ち着かせる方法です。

脂質が多い脂っぽいものや肉類はアポクリン腺からの分泌を促すので、食べる量を減らして変わりに野菜やキノコを食べるのがオススメ。

もちろん一切食べてはいけないわけではないので、バランスよく摂取することが大事です。

揚げ物・お肉類・ジャンクフード・お菓子などが好きでよく食べている人は減らしてみてくださいね。

8.まとめ


脇脱毛とワキガの改善や発症に関連性がないということをお伝えしてきました。

脱毛するとワキガが改善すると思っていたり、逆にワキガになることを警戒していた人には驚きの内容だったかもしれませんね。

でも、ワキガの原因がアポクリン腺という体の構造によるものだとわかると、関係がないということにも納得がいったのではないでしょうか。

ワキガは汗腺が原因なので、手術で取り去らない限りは根本的な解決をすることは出来ません。

しかし、ご紹介したように臭いを軽減する方法は多くあります。

体質や臭いの程度によって効果の出方は異なりますが、ケアをすれば軽減出来ることが多いのでぜひ試してみてくださいね。

まずは、脇脱毛の初回限定プランを利用して、臭いの改善効果を体験してみましょう。

参考記事
脇脱毛が安くお試し体験できるおすすめキャンペーン決定版2019!
脇脱毛の安いサロン、あなたはどんなサロンをお探しですか?・脇脱毛を1回お試し体験できるサロン・脇脱毛をはしごして早く完了・・・
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 脇脱毛は黒ずみ解消に効果的?脇脱毛中の黒ずみケア方法
  2. 脇脱毛後に気になるブツブツとした毛穴の原因と対処法
  3. 脇脱毛は痛い?脇脱毛の痛みを和らげる方法と痛くない脱毛サロン
  4. ワンコインで脇がツルツルになるまで通える脱毛サロン決定版2019

脇脱毛の関連記事
脇脱毛のおすすめと料金情報
脇脱毛を目的別に選ぶ
脇脱毛をもっと詳しく知る