脇脱毛をすると「脇汗が増える」「脇汗が臭うようになる」といった、汗に関するウワサがあります。

脇脱毛をすることで、汗をかきやすくなったり、脇汗がにおったりするというのは、本当なのでしょうか。

脇脱毛をして汗が増えたと感じるのには、実はさまざまな原因がありました。

そこで、脇脱毛で脇汗が増えたと感じる原因と、汗を減らしてケアする方法、そして脇汗の臭い対策を紹介します。

脇脱毛で汗が気になっている方、また脇汗が心配で脱毛に踏み切れないという方は、原因の確認と対策方法の参考にしてみてください。

1.脇脱毛をすると脇汗の量が増えたと感じる原因


まず最初に、脇脱毛をして脇汗が増えたように感じる原因についてです。

脇脱毛後に汗をかきやすくなったと感じるのは、実はその多くが「気のせい」か、脱毛による一時的なもので、しばらくすると増えたように感じる汗も収まってきます。

脇脱毛で汗が増えたように感じる原因には、主に次の4つがあります。

  • 汗を遮るムダ毛がなくなった
  • 脇汗を気にしすぎて自律神経が乱れた
  • 一時的に脱毛後多汗症になった
  • 毛穴に垢が詰まった

それでは、この4つの原因について詳しく紹介します。

1-1.汗を遮るムダ毛が無くなった


脇にムダ毛があると、脇汗がムダ毛を伝って蒸発します。

つまり、脇汗がムダ毛に絡まり、衣服などに汗がしみる前に蒸発させていたというわけです。

脇脱毛をすると汗が伝うムダ毛がなくなり、衣服に汗がしみやすくなったり、肌を伝ったりして、脇汗に気づきやすくなります。

そうして汗が目立ち、体感しやすくなることで、「汗が増えた!?」と思うようになるわけですね。

1-2.脇汗を気にし過ぎて自律神経が乱れた

汗の量は気温による体温調節だけでなく、自律神経によってもコントロールされています。

自律神経は日中など活動中に働く交感神経と、リラックス状態で働く副交感神経があり、汗をコントロールしているのは交感神経です。

交感神経は活動中だけでなく、強いストレスや不安を感じているときにも働きます。

ですから、「脇汗が増えるかも…」という不安やストレスが交感神経を活発にし、余計に脇汗が増える結果に繋がってしまうのです。

1-3.一時的に脱毛後多汗症になった


脇を始めとする脱毛が一般的に広まってきてから、よく知られるようになったのが「脱毛後多汗症」です。

文字通り、サロンやクリニックで脱毛したあとに起こる多汗症のことで、詳しい原因はまだわかっていません。

自律神経の乱れと同じく、脇汗を心配しすぎたり、脱毛した脇に意識が集中したりして起こる「精神的多汗症」のひとつではないか、といわれています。

1-4.毛穴に垢が詰まった

脇脱毛をしてムダ毛が抜け落ちると、毛穴は開いた状態になります。

適切なケアをして毛穴が引き締まればよいのですが、毛穴が開いた状態が続くと、そこに皮膚から出た垢などの汚れが詰まってしまうのです。

毛穴に詰まった垢や汚れが、汗を出す汗腺を刺激し、汗の量を増やしてしまいます。

また、垢が詰まった毛穴から出る汗は、垢を通して肌表面に出てくるため、臭いがきつくなります。

脇脱毛後、脇汗の臭いが強くなったと感じる原因でもあるんですね。

2.脇汗を減らす方法


脇汗が増えたように感じるのは一時的なものですが、それでも汗が増えてしまうのは困りものです。

夏以外にも脇汗対策をすることで、脇汗を減らすことができます。

普段の生活にも取り入れやすい4つの方法で、脇汗を気にしないようにすれば、精神的な発汗も抑えることができますよ。

2-1.制汗剤を使う

もっとも手軽に脇汗を抑える方法です。

スプレータイプやロールオンタイプなど、さまざまなタイプが販売されていますが、汗をしっかり抑えたいなら、ロールオンやスティック、クリームタイプがおすすめ。

肌に直接塗るロールオンやスティックタイプは、スプレーやミストと比べて汗を抑える効果が高いものが多いものの、脇に直接塗ることで、制汗剤の本体に菌がついてしまう可能性があります。

制汗剤を使う前には、シャワーで汗を流したり、タオルなどで汗をふきとり、清潔にしてから使うようにしましょう。

汗の臭いも気になるという場合、香りつきの制汗剤はなるべく避けるのがベターです。

汗の臭いと制汗剤の香りが混ざり合って、かえって臭いが強くなる可能性があります。

臭いも気にしているときには、無香料タイプの制汗剤を選んでくださいね。

2-2.保冷剤でリンパを冷却する


体温を下げることで汗を抑えることができます。なるべく早く体温を下げて汗を止めたいときには、リンパが集中している部位や、大きな血管が通っている部位を冷やすとよいでしょう。

冷やすことで体温が下がりやすいのは、以下の部位です。

  • 額やこめかみ
  • 脇の下
  • ひじの内側
  • 手首
  • 太ももの付け根
  • ひざの裏
  • 足首

凍らせた保冷剤を使うときは、肌に直接つけると凍傷を起こす可能性があるので、タオルやキッチンペーパーでくるんで使いましょう。

保冷剤がない場合、冷水で濡らして固く絞ったタオルや、クールタイプのボディシートなどでも代用できます。

外出先なら、冷えたペットボトル飲料を買って、体に当てるのもよいですね。

2-3.汗を抑えるツボを押す


体のあちこちにある「ツボ」には、汗を抑える効果があるとされるものもあります。

制汗が期待できるツボのうち、どこでも押せるツボと、トイレなどで試したいツボを紹介します。

どこでもできる「後谿(こけい)」

手をグーに握ったとき、小指の付け根の飛び出る部分です。

反対側の親指の腹や、ペンなどで押してみましょう。

手を握って押すだけなので、自宅はもちろん、オフィスや学校、食事中など、シーンを選ばず試せるツボです。

トイレや更衣室などで試したい「屋翳(おくえい)」「大包(だいほう)」

後谿(こけい)よりも即効性があるとされるツボです。

屋翳(おくえい)…両乳首の3~5cm程度上にあるツボ。

3分を目安に押します。

大包(だいほう)…両脇の真ん中から下あたりにあるツボ。

腕を組むように両腕を交差させ、そのまま指で脇の下を押します。

トイレなどでもかんたんにできるので、汗が心配なとき、汗を止めたいときに試してみてください。

2-4.ボトックスで汗を抑える


より効果的な汗止めを目指したいなら、美容皮膚科などでボトックス注入をしてもらいましょう。

ボトックスを注入することで、汗や臭いの原因であるエクリン腺・アポクリン腺の活動を抑えることができ、多汗症の改善に繋がります。

ボトックス注入治療の流れ

ボトックス注入は注射のみでおこなう治療です。

おおまかな流れは、以下のようになっています。

  1. 皮膚科などでボトックス注入の注射をおこなう。施術は数分で終了。
  2. 通常の注射のように終了後は帰宅し、通常通りの生活が可能。入浴やスポーツ、飲酒等の制限はクリニックによって異なるので、クリニックの指示に従う。
  3. 注入後3~4日で汗止めの効果が現れる。
  4. 注入後3ヶ月~半年程度は効果が持続する。効果を感じなくなったあと、さらに汗を止めたい場合は再注入が必要。

ボトックス注入の効果がどれくらい持続するかは、個人差があります。

汗をかかなくなることで精神的発汗も抑えられるので、汗をかくことの不安が強いときは、皮膚科や美容クリニックで相談してみてください。

3.脇汗をケアする方法

  • 脇汗を減らす方法を取り入れたけど、なかなか汗を抑えられない
  • 脇汗を減らしたいほどではないけど、汗は気になる…

そんな人もいますよね。

そんなときは脇汗をケアしてあげることで、汗ジミや臭いを軽減することができるんです。

市販品や服の選び方でかんたんにできる、脇汗のケア方法を5つ紹介します。

3-1.柔らかいタオルでこまめに汗を拭く

脇汗を放っておくと、汗ジミや臭いの原因になります。

汗をかいたらすぐに、柔らかいタオルや手ぬぐいなどを使って、優しく汗を拭き取りましょう。

脇脱毛中は脇への刺激が厳禁ですから、ゴシゴシこすらず、タオルや手ぬぐいで脇を押さえるように汗を拭き取ります。

3-2.汗取りパッドを使用する


特に脇の汗ジミを抑える方法として有効なのが、脇の汗取りパッドを使うことです。

汗を吸い取るパッドがあることで、汗ジミの予防はもちろん、衣類に汗がしみ込むことで臭いがついてしまうことを防ぐこともできます。

汗取りパッドは、主に次の3種類があります。

  • 衣類に貼り付けるタイプ
  • 脇に直接貼るタイプ
  • 汗取りパッド付きの下着

肌への負担を考えて、衣類に貼り付けるタイプか汗取りパッド付きの下着を選ぶことをおすすめしますよ。

3-3.衣類用撥水スプレーを使用する

汗取りパッドが使いにくい衣類や、パッドよりも楽に脇汗のシミを防ぎたいときには、衣類用の撥水スプレーを使う方法があります。

汗ジミを作りたくない脇の部分にスプレーし、十分に乾燥させることで、水を弾く撥水効果が得られるため、脇汗をかいても汗ジミになりにくいのです。

3-4.汗染みが目立ちにくい服を着る


汗の量がそれほど多くない人や、気温があまり高くない時期なら、汗ジミが目立ちにくい服装を選ぶという方法もおすすめです。

汗ジミが目立ちにくい服装を、色・柄別に紹介します。

汗ジミが目立ちにくい服の色

汗や水で濡れたとき、元の色と差が少なくて濃い色がおすすめ。

たとえば、このような色です。

  • 濃紺 など

同じ黒や紺でも、明るめのカラーや杢調で淡い色合いの場合は、かえって汗ジミが目立つことがあるので注意しましょう。

汗ジミが目立ちにくい柄

無地よりも全体的に柄があるトップスだと、汗ジミが目立ちにくくなります。

  • 細ボーダー
  • チェック
  • 細かい花柄 など

柄は細かいほど汗ジミが目立ちにくいので、ボーダーなら太ボーダーより細いボーダーを選びましょう。

3-5.汗をかきにくい通気性の良い服を着る


着心地のいい綿素材は吸水性が高いため、かえって汗ジミが目立ちやすい素材です。

汗ジミをわかりにくくするなら、通気性や速乾性に注目して衣服を選んでみてください。

  • 麻(リネン)
  • ポリエステル
  • メッシュ素材 など

また、肌や脇に密着するデザインだと、当然脇汗が服にしみやすく、汗ジミが目立ちます。

袖や身頃がゆったりしたデザインの服を選ぶと、風を通しやすく汗をかきにくくなるので、汗ジミや汗そのものを抑えることができるでしょう。

ゆったりした服装ができない場合は、速乾性の機能性インナーを身につけるだけでも、汗ジミ予防になりますよ。

4.脇汗による臭い対策


一時的にでも汗が増えやすくなると、気になるのが脇汗の臭いです。

最後に、脱毛後に増えるかもしれない脇汗の臭いをケアする対策方法を紹介します。

4-1.脇を清潔に保つ

脇汗がにおってしまうのは、脇が蒸れたり、汗と老廃物が混ざり合ったりして、雑菌が増えてしまうことに大きな原因があります。

もっともかんたんに脇汗の臭いを防ぎたいなら、常に脇を清潔に保ちましょう。

脇を清潔に保つには、たとえば次のような方法があります。

  • タオルやボディシートで汗をこまめに拭き取る
  • 毎日入浴する
  • 汗をかいたらこまめに着替える
  • 衣類に汗を残さないように洗濯する
  • 制汗剤で汗を抑える

4-2.ミョウバン水で殺菌、消臭


殺菌・抗菌・消臭作用があるミョウバンを使って作る「ミョウバン水」で、脇の清潔を保つ方法があります。

自宅でかんたんに作ることができるので、市販のデオドラントグッズが苦手という人でも、脇汗と臭いの対策ができますよ。

ミョウバン水の作り方と主な使い方を紹介します。

ミョウバン水の作り方

まず、以下の材料を用意します。

  • 焼きミョウバン(スーパーなら塩や乾物のコーナーにあります)
  • 水道水
  • 計量カップ
  • キッチンスケールか計量スプーン
  • 空きペットボトルなどミョウバン水を保存できる容器
  • スプレーボトルなどのボトル容器(あると便利)

最初にミョウバン水の原液を作ります。

  1. 水道水150mlに対し5gの焼きミョウバンを用意します。
    500mlのペットボトルなら、300mlの水に10gの焼きミョウバンを入れると、ボトルを振って溶かしやすいです。
    焼きミョウバン5gはキッチンスケールがなければ、粒状は大さじ1、粉状は小さじ1を目安にしてください。
  2. 容器に分量通りの水とミョウバンを入れ、しっかりフタをしたらよく振ります。
  3. ミョウバンは水に溶けにくいため、冷蔵庫で保管しながら、一晩から数日かけてミョウバンが溶けるまで待ちます。ときどき様子を見て、容器を振って混ぜるようにしましょう。
  4. 容器にミョウバンの結晶がなくなり、透明になったらミョウバン水原液のできあがりです。

ミョウバン水の使い方


最初に作ったミョウバン水は原液なので、脇など体につけて使うときには水道水で10倍以上に薄めて使います。

例)200mlのスプレーボトルに入れて使う場合、ミョウバン水原液を20ml入れ、残りの180mlは水を入れて薄める

薄めたミョウバン水は、脇にスプレーしたり、コットンに浸してつけたり、デオドラントローションのようにしたりして、脇につけましょう。

汗の臭いが気になるときはもちろん、毎日ミョウバン水をつけることで、ミョウバンの収れん作用で脇汗を抑える効果も期待できます。

脇以外にも足や背中など、汗と臭いが気になるところに使ってみてください。

ミョウバン水を使うときの注意

元々食品添加物で安全性の高いミョウバンですが、ミョウバン水を使うときにはいくつか注意点があります。

必ずパッチテストをしてから使う

脱毛前後の脇はデリケートになっていることがあるため、ミョウバン水で肌荒れを起こす可能性もあります。

ミョウバン水を使う前には、二の腕の内側など目立たないところでパッチテストをおこない、肌荒れを起こさないか確認しましょう。

また、パッチテストで問題がなくても、使用中に赤みや腫れが出たら使用を中止してください。

できるだけ早く使い切る


水道水で作ったミョウバン水原液は、常温でも1ヶ月以上使えると言われています。しかし肌につける目的で作る場合は、できるだけ早く使い切るのが理想です。
原液は冷蔵庫で1ヶ月以内、薄めたミョウバン水は1~2週間で使い切れるくらいの量で作りましょう。

一度にたくさん使いすぎない

ミョウバン水には殺菌・消臭作用があるだけでなく、肌を引き締める収れん作用により、汗を抑える効果も期待できます。

そのため、脇だけでなく体全体などに大量に使うと、発汗による体温調整ができなくなり、体調不良を引き起こす可能性があるのです。

また、ミョウバン水には保湿力がなく、たくさんつけても肌が乾燥することも少なくありません。

脇の乾燥は脱毛効果にも影響するので、ミョウバン水が乾いてから保湿ケアをしたり、1日に使う回数を決めたりするとよいでしょう。

4-3.動物性たんぱく質や脂肪分が多い食事を控える


肉類や乳製品などの動物性タンパク質や、脂肪分の多い食べ物は、汗の量を増やしてしまうだけでなく、汗の臭いも強くしてしまいます。

脇汗の臭いを抑えたいときには、動物性タンパク質や脂肪分の多い食品の量を少なめにして、次のような食品を意識して摂取するようにしてください。

  • 納豆や豆腐などの大豆製品
  • 野菜、果物
  • 海藻類
  • キノコ類

肉類や脂肪分をまったく食べないのも栄養バランスが偏ってしまうため、いつもより量を減らしたり、肉類を魚に変えるといった工夫をしてみてくださいね。

かんたんにバランスのよい食事を取り入れるなら、油を使った調理法が少なめで、魚や大豆類が多い和食がおすすめです。

4-4.デオドラント効果がある石鹸やスプレーでケア

普段からできる手軽なケアとしておすすめなのが、デオドラント効果のあるアイテムを使うことです。

毎日の入浴で使うボディソープを、ミョウバンなどを配合した制汗・消臭効果が期待できる石鹸に変えるだけで、手軽に臭いケアができますよ。

またミョウバン水のように、外出前や入浴後に使えるデオドラントスプレーも便利です。

ドラッグストアなどで気軽に購入でき、お得に使える大容量タイプや、持ち運びやすいミニサイズまであるので、用途に合わせて選びましょう。

4-5.洗濯物の臭い対策をする


脇汗の臭いが強くなる原因のひとつに、洗濯物の臭いがあります。

洗ったばかりの洗濯物が臭う大きな原因は、生乾きによる雑菌の繁殖です。

衣類に残った雑菌が汗に反応して、嫌な臭いを出してしまい、汗そのものは臭っていなくても、まるで脇汗が臭っているように感じてしまうというわけですね。

洗濯物の臭いを防ぐには、このような方法で対策をしてみてください。

  • 酸素系漂白剤を使う
  • 乾燥機にかける
  • 換気扇や乾燥機がついている浴室で洗濯物を干す
  • 洗濯槽を定期的に洗浄する
  • お風呂の残り湯は「洗い」のみで「すすぎ」は水道水を使う

衣類の素材によっては、高温の乾燥機や漂白剤が向いていないことがあるので、洗濯表示をよく確認してください。

脇脱毛後の臭いについての詳しい情報は、こちらのページをご確認ください。

参考記事
脇脱毛でワキガになる?治る?うわさの真相を徹底調査
「脇脱毛でワキガは治る」「脇脱毛はワキガになる」こんな噂を耳にしたことはありませんか? 脇脱毛でワキ・・・

5.まとめ


脇脱毛をして汗が増えたと感じるのは、ほとんどが気のせいか一時的なものです。

しかし適切なケアや対策をすることで、脇汗の臭いや汗ジミを防いで、快適に過ごすことができます。

脇脱毛をすることで、ムダ毛処理の時間を短縮できたり、ムダ毛を気にしないおしゃれができたりとメリットも多いので、脇汗のケアをしながら脇脱毛を楽しんでくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. ワキ脱毛の体験がお試しできる安いおすすめキャンペーン決定版2019
  2. 脇脱毛の料金や総額費用、相場が安いサロン・クリニックを紹介
  3. 脇脱毛は何回で終了?両脇にかかる回数・期間と1回の脱毛効果
  4. ワンコインで脇がツルツルになるまで通える脱毛サロン決定版2019

脇脱毛の関連記事
脇脱毛のおすすめと料金情報
脇脱毛を目的別に選ぶ
脇脱毛をもっと詳しく知る