ムダ毛の自己処理には、さまざまなトラブルがつきものです。

中でも、皮膚の中で埋もれたムダ毛が伸びてしまう「埋没毛(埋もれ毛)」は、放置すると悪化して炎症を起こすこともあります。

そこで今回は、このやっかいな埋没毛の原因と対策・予防方法、そして脇脱毛で埋没毛は解決できるのかを紹介します。

埋没毛ができる前に、そして埋没毛ができてしまったときの参考にしてくださいね。

1.埋没毛とは


埋没毛とは、その名の通りなんらかの理由で皮膚の下で成長してしまった体毛のことです。

通常、体毛は毛穴の奥から皮膚の外に向かって伸びていきます。

しかし埋没毛の状態になると、ムダ毛が皮膚の内部に向かって生えたり、伸びたりしてしまいます。

1-1.埋没毛の特徴

埋没毛は、皮膚の下でムダ毛が伸びてしまう状態です。
そのため、次のような特徴があります。

  • 皮膚の下に黒い毛のようなものが見える
  • ムダ毛があるように見えても、皮膚の表面から生えていない

まれに、皮膚の中でムダ毛が過剰に成長して、皮膚の上に盛り上がってしまうこともあります。

1-2.埋没毛ができやすい場所


埋没毛ができやすいのは、ムダ毛の自己処理をする頻度が高い場所や、太くて硬いムダ毛がある場所です。

たとえば、このような場所で埋没毛が起こりやすくなってしまいます。

  • デリケートゾーン
  • 膝 など

1-3.埋没毛が原因で起こるトラブル

本来皮膚の外に伸びるべき体毛が、皮膚の中で伸び続けてしまうと、毛穴の周囲に炎症が起こって「毛のう炎」になる可能性があります。

毛のう炎になってしまうと、ニキビのように赤く腫れ上がったり、痛みを伴ったり、出血したりと、場合によっては皮膚科などの専門医の受診が必要になることもあります。

炎症が長引くことで色素沈着になる場合もあるので、埋没毛の段階で改善していくことが大切です。

2.脇の埋没毛の原因


埋没毛はムダ毛の自己処理で起こりやすいトラブルですが、埋没毛ができてしまう原因はそれだけではありません。

埋没毛が起こってしまう、主な3つの原因をチェックしてみましょう。

2-1.ムダ毛の自己処理

ムダ毛の自己処理を続けると、埋没毛が起こりやすくなってしまいます。処理方法別に、どうして埋没毛が起こりやすいのかを説明します。

カミソリ…ムダ毛の断面が鋭くなる

自然に抜けて生えてくるムダ毛の先端は、針のように先細になっています。

しかしカミソリで自己処理をしたムダ毛の先端は、円柱のようにまっすぐになっているのです。

すると、細くない先端が毛穴に引っかかり、うまく皮膚の外に伸びることができません。

それでも体毛の成長は続くので、皮膚の中でムダ毛が伸びてしまうというわけです。

毛抜き・脱毛ワックス・脱毛テープ…毛穴が開いてしまう

毛抜きやワックス、テープを使ってムダ毛を引き抜く自己処理をおこなうと、ムダ毛を抜いた毛穴は開いた状態が長く続いてしまいます。

適切にアフターケアができればよいですが、毛穴が開いたままだと雑菌が入りやすくなり、炎症を起こして今度は毛穴が塞がれた状態になるのです。

塞がった毛穴の中でムダ毛が成長してしまうと、炎症が治まったあとは埋没毛になってしまいます。

2-2.自己処理の頻度やカミソリなどの古さ


ムダ毛の自己処理で埋没毛が起こるのは、処理方法だけに理由があるわけではありません。

たとえば、このようなことにも注意しないと、埋没毛になる可能性があります。

  • 毎日のように同じ場所の自己処理をする
  • 1回の処理で同じ場所を何度も剃る
  • 時短や見た目をきれいにするため何度も逆剃りをする
  • カミソリの刃を交換せずに1ヶ月以上使う

これらの行為は肌に乾燥や傷などのダメージを与えやすく、埋没毛になるきっかけを作ってしまいます。

2-3.肌の乾燥

肌が乾燥してしまうと、肌表面にある角質層は硬く厚くなり、ガサガサ・ゴワゴワした状態になります。

すると毛穴は角質層によって塞がれやすくなり、本来皮膚の外に伸びるはずの体毛が、皮膚の中で伸びてしまいます。

ムダ毛の自己処理が多いと、カミソリでもシェーバーでも肌は乾燥しやすくなってしまいます。

2-4.肌の傷

皮膚に傷がつくと、体はその傷を修復しようとします。

たとえば、切り傷が治りかけているときにできる「かさぶた」も、体が傷を治そうとしてできるものです。

カサカサしているかさぶたは、肌の乾燥によく似ていますね。

つまり、傷を修復しようとする作用によっても、毛穴は塞がれやすく、埋没毛の原因を作ってしまいます。

ムダ毛の自己処理で同じカミソリをずっと使っている場合、少しずつ刃が欠けていき、知らず知らずのうちに肌には目に見えない細かい傷がついている可能性が高いでしょう。

3.脇の埋没毛の対処方法


埋没毛になってしまう主な原因がわかったところで、万が一埋没毛ができてしまったときの対処法を紹介します。

無理矢理ムダ毛を引き抜こうとしたり、ひっかいてムダ毛を出そうとすると、ケガや色素沈着の原因になるので、次のような対処法でやさしくケアしましょう。

3-1.肌を保湿してやわらかくする

埋没毛になる大きな原因は、なんらかの理由で毛穴が塞がれてしまうことです。

肌はターンオーバーを繰り返し、新しい角質を作っていきますから、埋没毛が皮膚の外に出てこられるよう、保湿クリームなどで肌の乾燥を防ぎましょう。

特に入浴後など、毛穴が開いている状態で保湿をすると、毛穴が開いた状態をキープしながら保湿できます。

入浴できないときは、蒸しタオルで肌をやわらかくしてから保湿すると、同じような効果がありますよ。

3-2.スクラブ剤で角質ケアをする


埋没毛を解消するには、皮膚の下にある体毛を外に出すことが必要です。ボディスクラブを使ってやさしく角質ケアすれば、肌表面の不要な角質を除去でき、皮膚の下にあるムダ毛が外に出るよう促すことができます。

ただし、スクラブもやり過ぎると肌を傷つける可能性が高いので、多くても週に1回程度のスペシャルケアとして取り入れてみてください。

3-3.軽い埋没毛にはサロン・クリニックの脱毛

症状が軽い埋没毛なら、サロンやクリニックでおこなう脱毛も効果的です。
光やレーザーを使った脱毛は、肌表面に見えるムダ毛や毛穴の奥にあるムダ毛の、黒いメラニン色素に反応して脱毛を促します。ですから、埋没毛がまだ軽い状態なら光やレーザーが反応して、皮膚の下でムダ毛が伸びるのを防げるのです。

ただし埋没毛の症状が進んでいたり、毛のう炎になっていたりすると、サロンやクリニックでの脱毛ができないことがあります。カウンセリングなどで、事前に脱毛できる状態か、埋没毛が改善できる状態かを確認してもらうとよいでしょう。

4.脇の埋没毛の予防方法


埋没毛は軽いうちならセルフケアで改善できます。しかし、可能な限りできてしまう前に予防できるのが理想的ですよね。続いて、埋没毛にならないための予防方法を紹介します。

埋没毛を防ぐためには、日頃のケアが大切です。普段のケア方法やムダ毛処理の方法を見直して、埋没毛予防に役立ててください。

4-1.サロン・クリニックで脱毛する

光やレーザーによる脱毛をおこなうと、だんだんムダ毛が少なくなっていきます。

すると、自己処理の頻度を減らすことができるので、埋没毛を予防できるのです。

また光やレーザーによる美肌効果も期待できるので、肌のターンオーバーが整ったり、乾燥を防いだりすることも可能です。

脱毛を繰り返してムダ毛が少なくなっていくと、スキンケアもしやすくなるので、より埋没毛の予防に繋がるでしょう。

4-2.ムダ毛の自己処理の頻度を減らす


ムダ毛の自己処理を頻繁におこなっているという場合は、処理の頻度を減らしましょう。
カミソリやシェーバーを使った自己処理は、最低でも3日は間隔を空けておこないます。

例)1日に自己処理したら、3日空けて次は5日以降におこなう

4-3.毛抜きなどムダ毛を引き抜く自己処理をしない

毛穴にダメージを与えると、埋没毛を引き起こしやすくなります。毛抜きや脱毛ワックスなど、ムダ毛を引き抜く自己処理は、毛穴に強い負担をかけてしまうのでおこなわないようにしましょう。

どうしても毛抜きなどを使いたい場合は、自己処理をしたあとに肌を冷やして毛穴を引き締めたり、保湿クリームなどでしっかり保湿をおこなったりして、肌と毛穴のダメージを極力減らすようにします。

4-4.カミソリやシェーバーの刃は頻繁に交換する


カミソリやシェーバーの刃が古くなっていると、肌を傷つける原因になります。
カミソリの刃はできるだけ頻繁に交換し、剃り味のよい状態で使うようにしましょう。交換の目安は、2~3週間に1回程度です。

また、お風呂場に置いたままにしていると、水分や石鹸などで刃が痛みやすくなってしまいます。使い終わったらよく洗い、水分を切って風通しのよい場所で保管してください。

電気シェーバーの場合は、使い終わったら刃や本体に残ったムダ毛をきれいに取り除き、1年から1年半程度で新しい刃に取り替えるようにしましょう。
アルコールティッシュなどで刃を消毒すると、雑菌の繁殖も防げます。

4-5.ムダ毛の剃り方を見直す

どんなに新しくて清潔なカミソリやシェーバーを使っても、ムダ毛の剃り方によっては、やはり肌を傷つけたり毛穴にダメージを与えたりしてしまいます。

何度も同じ場所を剃っていたり、きれいにしたいからと逆剃りをおこなっている場合は、剃り方そのものを見直すことが必要です。

  • 1回の処理で同じ場所を何度も剃らない…多くても3~4回程度
  • 逆剃りは仕上げの1回だけにする…何度も逆剃りをすると毛穴にダメージを与える
  • 電気シェーバーのみで処理をする…刃の清掃や消毒も忘れずに

電気シェーバーは肌だけでなく、毛穴への負担も少ないため、もっとも安全にムダ毛の自己処理ができます。

4-6.保湿や生活習慣で肌のターンオーバーを正常化させる

肌のターンオーバーが正常であれば、皮膚の中に体毛が埋もれることなく、きちんと外に生えてきます。

肌の乾燥などによってターンオーバーが乱れてしまうと、埋没毛ができやすい状態になってしまうのです。

肌のターンオーバーを正常化させるために、自己処理のあとや入浴後などには、肌の保湿を心がけるようにしましょう。

また、規則正しい生活やバランスのよい食事、禁煙、質のよい睡眠なども肌のターンオーバーと深く関わっています。

肌にやさしい生活習慣や食生活を心がけることで、埋没毛のないキレイな肌を目指せますよ。

5.埋没毛があっても脇脱毛できるのか


サロンやクリニックで脇脱毛をおこなうことは、埋没毛の予防に繋がります。

しかし、すでに埋没毛がある場合、きちんと脱毛してもらえるのか不安ですよね。

対処方法の項目でも紹介したとおり、埋没毛の状態が軽度であれば、そのまま脱毛してもらうことができます。

また、脱毛を受けることで、軽度の埋没毛を改善することも可能です。

しかし、埋没毛が皮膚の中で真っ黒に見えるほど重度になっていたり、炎症を起こして毛のう炎になっていたりすると、脇脱毛ができない可能性もあります。

自分に埋没毛があるかどうか、脱毛できるかどうか心配な場合は、カウンセリングのときに肌の状態を確認してもらうようにしましょう。

5-1.重度の埋没毛や毛のう炎の場合はクリニック脱毛を選ぶのもおすすめ

イボのように膨らんでしまった埋没毛や、毛のう炎になってしまっている場合は、クリニックでの脱毛を選ぶのもおすすめです。

クリニックでは必ず医師が常駐し、必要に応じて医療処置をしてもらうこともできます。

ただしクリニック脱毛によるトラブルや、脱毛前の皮膚トラブルの治療に関しては、クリニックによって対応が異なるので、こちらも事前カウンセリングで確認してくださいね。

6.まとめ


脇はムダ毛が硬くて太く、量も多いため埋没毛が起こりやすい場所です。

埋没毛は、放置していても改善することはありません。間違ったケア方法を続けて埋没毛を悪化させないためにも、サロンやクリニックでの脇脱毛など、埋没毛を予防できるムダ毛の処理方法とスキンケアを取り入れましょう!

脇脱毛の関連記事
脇脱毛のおすすめと料金情報
脇脱毛を目的別に選ぶ
脇脱毛をもっと詳しく知る