サロンやクリニックで脇脱毛をするときの服装は、基本的には自由です。

しかし、決められた時間内で着替えを終えたり、脱毛後でデリケートになった脇に余計なダメージを与えたりしないために、脱毛に向いている服装があります。

そこで、脇脱毛の当日におすすめしたい服装や避けたほうがよい服装、脇脱毛をするときのファッションについての疑問についてまとめました。

サロンやクリニックへ脇脱毛に行く前の参考にしてください。

1.脇脱毛当日にどんな格好をすれば良いのか


脇脱毛をする当日の格好に制限はありません。

どんな格好でサロン・クリニックに行っても構いませんが、できればスムーズに脱毛を終わらせたいですよね。

まずは、脇脱毛当日に向いている服装と避けたい服装、そして脇脱毛でもわずらわしくないおすすめの髪型を紹介します。

1-1.脇脱毛当日に適した服装

脇脱毛だけをおこなう場合、脇の部分を露出する必要があります。

ですから、上半身を脱ぎやすい服装がもっとも適しているといえます。

また、脱毛後の脇はデリケートになっているので、脇に生地が密着したり、縫い目が当たったりしないような、ゆったりとした作りの服装もおすすめです。

ワンピースを着る場合は、かぶるだけのタイプや前開きのシャツタイプ、伸縮性があって着脱しやすいタイプがよいでしょう。

脇脱毛に行く当日の服装は、このようなタイプを選びましょう。

  • ゆったりと着られるTシャツやカットソー
  • シャツやブラウスなど前開きで着脱しやすいトップス
  • 脇に生地や縫い目が密着しないトップス
  • 伸縮性があり着脱しやすい服装
  • 綿やシルク、リネンなど肌に優しく通気性のよい素材

脇脱毛だけだと、基本的に下半身は着替える必要がありませんので、ボトムスはどんなタイプでも構いません。

ただし、靴を脱いで施術台に上がることがあるので、着脱のしやすい靴を選ぶと、さらに着替え時間を短縮できます。

1-2.脇脱毛当日に避けたい服装


脇脱毛に適した服装があるように、脱毛当日には避けたい服装もあります。

デリケートな脇に刺激を与えるような、肌に密着する作りの服や、通気性がよくない化学繊維素材の服などです。

脇への刺激を避けるために、タンクトップなど袖のないトップスを選ぶときにも注意が必要です。

脇を露出したまま外を歩くと、脇を日やけしてしまう可能性があります。

脇脱毛しているときの日やけは、肌トラブルに繋がる可能性が高いため、脱毛中は脇の露出は避けましょう。

夏場でもノースリーブの上からカーディガンなどを羽織ると、脇への刺激と日やけを防げますよ。

脇脱毛当日に避けたい服装は、次のようなタイプです。

  • 脇に生地や縫い目が密着するトップス
  • 肌への刺激が強く通気性がよくない化学繊維素材
  • 脇が露出する服装
  • 背中ファスナーなどひとりで着脱するのに時間がかかるワンピースなど

1-3.脇脱毛当日におすすめの髪型

脇脱毛をするときは、ほとんどのサロン・クリニックでベッドの上で仰向けになり、両手をあげて脱毛してもらうことになります。

そのとき、意外と邪魔になってしまうのが髪の毛です。

脱毛するときに邪魔にならないよう、また寝転がってもスタイルが大きく崩れないようなヘアスタイルを選びましょう。

  • ポニーテールなど1つにまとめたスタイル
  • 2つ結びや三つ編みなど寝転がって脇に当たらないスタイル
  • 外を歩くときは帽子でヘアスタイルを気にしない

ロングスタイルやハーフアップなどの場合は、脱毛のときだけでも髪の毛をまとめられるよう、ヘアゴムやヘアクリップなどを用意しておくとよいですね。

パウダールームがあるサロン・クリニックなら、あえてスタイリングをしないで脱毛に行き、施術が終わってからスタイリングするのもおすすめです。

2.脇脱毛の施術時の服装


特に初めての脱毛だと、脱毛するときにどんな格好になるのかわからず、不安を感じるかもしれませんね。

脱毛サロンでは、脇が露出する服装の上から、ラップタオルやエステガウンと呼ばれるものを着て脱毛をします。

裸になる必要はなく、脱毛しない下半身は服を着たままで構いません。

クリニックの場合、サロンのようなタオルやガウンが用意されていないこともあります。

そんなときは、脱毛してもらいやすいキャミソールやタンクトップがおすすめです。

施術中の寒さも予防できるので、できるだけ服を脱がずに脇を露出できるスタイルを選びたいですね。

続いて、脇脱毛時の服装について、気になる疑問と答えを紹介します。

2-1.ブラはつけたままで良いの?

A.つけたままでOK!

脇脱毛をするときに、ブラまで取る必要はありません。

脱毛をする脇の部分が露出できればOKです。

ただし、脇の部分に布やサイドベルトが当たるようなデザインの場合は、ブラを取る必要があります。

脇脱毛をするときは、脇の部分がしっかり露出する、脱毛しやすいブラや下着を選ぶとよいですね。

2-2.タンクトップは着たままで良いの?


A.着たままでOK!

ブラと同じく、脇の部分が露出できていれば、タンクトップやキャミソールは着たままでOKです。

ブラの代わりにもなる、カップつきのタンクトップやキャミソールは、着替えをしやすく見られても恥ずかしくないデザインが多いので、脱毛時の下着としておすすめですよ。

2-3.コンタクトは外した方が良い?

A.基本的につけたままでOK!

脇脱毛は顔への影響がないので、コンタクトをつけたまま脱毛を受けても問題ありません。

ただ、脱毛するときには激しい光が出るため、目の保護としてゴーグルを着用します。

脱毛中は目を閉じることになるので、レンズが張り付いてしまう不安があれば、外してから脱毛したり、脱毛してからコンタクトをつけたりするとよいでしょう。

2-4.ピアスはつけておいて大丈夫?

A.影響は少ないが外したほうがベター

脇脱毛だけの場合、耳元のピアスで影響が出ることは少ないですが、ピアスを着用していることで、次のようなトラブルが起こる可能性があります。

  • レーザーがピアスに反射して脇以外に光が当たる
  • 目を覆うタオルがピアスに引っかかる

思わぬやけどやケガに繋がってしまう危険性もあるため、特に大ぶりなピアスや揺れるタイプのピアスは、事前に外しておいたほうがよさそうです。

心配があれば、施術前にスタッフに確認してみてください。

また、サロンによってはアクセサリーをすべて外してから脱毛する、という方針のところもあります。安全のため、サロンやクリニックの方針には従うようにしましょうね。

3.まとめ


脇脱毛を受けるときには、できるだけ着替えやすく、ゆったりとした服装がおすすめです。

脇のみ脱毛する場合、トップスだけ着替えることが多いので、できればワンピースではなく、上下がセパレートになっている服装だと、よりスムーズに着替えられます。

どんな服装でも脇脱毛は可能です。しかし着替える時間の短縮、そして脇に刺激の少ないスタイルなら、スピーディーに施術を終えて、空いた時間を有効に使うこともできます。

脇脱毛に適したスタイルで、脱毛だけでなく、お出かけやショッピングなど、楽しい時間を過ごしてみてくださいね。

脇脱毛の関連記事
脇脱毛のおすすめと料金情報
脇脱毛を目的別に選ぶ
脇脱毛をもっと詳しく知る