「VIO脱毛はどのくらいの間隔で通うべきなの?」
「脱毛の前日には自己処理するの?」
「脱毛に通っている期間中のセルフケアは?」

VIO脱毛は、自己処理をするのが難しい部位であるため、自宅でのお手入れに悩む人が多いようです。
また、VIO脱毛に通う間隔によっては、途中で毛が生えてきて自己処理が大変になってしまう場合があります。

自己処理が面倒な状態にならないためにも、VIO脱毛へ通うベストな間隔と自宅でシェービングをする方法を知って、安全で楽なお手入れを目指していきましょう。
これから脱毛サロンに通う人も、脱毛前の適切な自己処理方法として参考にしてくださいね!

1.自己処理が楽に!VIO脱毛に通うベストなスケジュール

VIO脱毛に通うペースは、次の毛が短く生え揃ってきたタイミングで次の脱毛を行うのがおすすめです。
ベストなスケジュールは、1ヶ月~2ヶ月の間隔です。

ペースが2ヶ月を超えてしまうと、自己処理をする時に毛量が増えすぎてしまい、自己処理をするのに手間と時間がかかってしまいます。
逆に1ヶ月を切ってしまうと、次の毛が十分に生えてこないまま光を当てることになってしまい、脱毛効果が薄れてしまいます。

1ヶ月~2ヶ月後のタイミングで、次の毛が生え揃ってきたタイミングで次の脱毛予約を入れましょう。

2.VIO脱毛期間中のやっていい自己処理とやってはいけない自己処理

VIO脱毛の自己処理は、方法を間違えると肌に炎症を引き起こしてしまったり、毛周期を乱してしまい脱毛の効果を低下させてしまう原因となります。
そこで、正しい自己処理の方法と間違った自己処理の方法をお伝えします。

2-1.お手入れOKな自己処理

・電気シェーバーによるシェービング
・家庭用脱毛器によるセルフケア

VIOは皮膚が薄く、大変傷つきやすい部位です。
よって自己処理は、刃先が直接当たらない電気シェーバーでのお手入れや、直接肌を傷つけにくい光を使った自己処理がおすすめです。

家庭用脱毛器は安い製品で3万円、高い製品で5万円ほどかかるため、リーズナブルにお手入れをする場合は顔用の電気シェーバーによるお手入れが最も手軽にできるお手入れ方法です。
顔用の電気シェーバーはPanasonicのフェリエなど、有名メーカーの商品でも2,000円ほどで購入することができます。

2-2.絶対にやってはいけない自己処理

・カミソリを使ったシェービング
・脱毛ワックス、ブラジリアンワックスでの処理
・毛抜きを使った処理
・除毛クリームを使った処理

刃物を直接肌に当てて滑らせるシェービングや、生えている毛を強引に引き抜く自己処理方法は、肌表面に目には見えない傷をいくつもつけることになります。
また、除毛クリームは毛を溶かす成分が含まれており、敏感な部位であるデリケートゾーンに使うと肌トラブルの原因となってしまいます。
こちらで上げた4つの方法を使ったVIOは絶対に行わないようにしましょう。

3.電気シェーバーを使った正しい自己処理のやり方

自己処理の中で、最も手軽で安全に行える電気シェーバーを使った正しいデリケートゾーンのお手入れ方法をご紹介します。

3-1.VIOの自己処理に使う電気シェーバーについて

VIO脱毛に使用する電気シェーバーは、細かな部分まで処理が可能な顔用・眉用の電気シェーバーを使います。
多くの顔用シェーバーは、眉用の刃も付属でついています。

2種類の刃でVライン・Iライン・Oラインを順番にお手入れをしていきます。

3-2.Vラインの正しい自己処理方法

《シェービング時の体勢》
シェービングは座った状態で行うと、無理のない姿勢でお手入れをすることができます。

①シェービング後の乾燥を防ぐため、シェービングをする前に肌をボディークリームやジェルなどで保湿しておきます。
②長い毛はハサミで短くカットします。
③顔用のシェーバーを肌と平行になるように当て、毛流れに沿って優しくシェービングしていきます。(お手入れをしたい範囲はお好みで)
④細かな剃り残しは、眉用の小さな刃でシェービングしていきます。
⑤シェービング後、肌にくっついた毛は濡れたタオルで優しく拭き取るか、シャワーなどで軽く洗い落としましょう。

3-3.Iラインの正しい自己処理方法

《シェービング時の体勢》
Iラインも座った状態で行います。
自分からは見えにくい部位のため、手鏡を持ちながら処理していくと、お手入れしやすくなります。

①Vラインと同じように、脱毛する部分は保湿しておきます。
②顔用の刃を肌と平行になるように当て、内側から外側に向かってシェービングしていきます。
③性器近くの剃り残しは、粘膜を傷つけないようIラインの周りを外側に引っ張りながら、眉用のシェーバーで慎重にシェービングをしてきます。
④シェービング後の毛は濡れたタオルで拭き取るか、シャワーなどで軽く洗い落としましょう。

3-4.Oラインの正しい自己処理方法

《シェービング時の体勢》
腰を後ろに突き出すようにしゃがんで行うと、お手入れしやすくなります。
自分の目からは完全に見えない部分にあるため、慎重に行いましょう。

自分の目で位置を確認しながらお手入れしたい人は、床に置いた手鏡にまたがるようにしてしゃがむとOラインを確認しながら自己処理できます。

①脱毛する部分を保湿します。
②お尻の内側を左右に引っ張りながら、顔用のシェーバーでお尻の曲線に沿って外側から内側に刃を滑らせていきます。
③剃り残しは、眉用の刃で粘膜を傷つけないよう慎重にシェービングしていきます。
④シェービング後の毛は濡れたタオルで拭き取るか、シャワーなどで軽く洗い落としましょう。

4.VIO脱毛の自己処理に関する疑問

VIO脱毛を自己処理に関する疑問をまとめました。
脱毛サロンに行く前の準備や、デリケートゾーンのセルフケアに関するお悩みはこちらで解決してください!

4-1.初めてサロンに行く前に、VIOの自己処理はするの?

はい、脱毛サロンのほとんどが、1回目のVIO脱毛の前に自己処理をお願いされます。
脱毛前の自己処理が必要な場合、必ずサロン側から電話もしくはメールで自己処理に関する案内があります。

不安な方は、直接サロンに聞いてみるのが一番早いです。

4-2.脱毛サロンでVIOはシェービングしてくれないの?

残念ながら、9割以上のサロンが衛生上の理由でデリケートゾーンのシェービングをお断りされます。
よって、Vライン・Iライン・Oラインの自己処理はマスターしておくことをおすすめします。

ただし、ディオーネは例外で、デリケートゾーンのシェービングを無料で行ってくれます。
シェービングをプロのスタッフにおまかせしたい人は、ディオーネのVIO脱毛をチェックしてみてください。

4-3.自己処理以外に脱毛前に準備しておくべきことは?

サロンでVIO脱毛をする前は、この2つを心がけましょう。
・体調管理を整える
・デリケートゾーンを清潔にしておく

脱毛はホルモンバランスや体調によって、脱毛効果が変わってきます。
その関係で、体調不良の時に脱毛をしても、十分な効果が得られない可能性があるのです。

前日は早めに就寝するなど、体の調子を整えるようにしましょう。

また、デリケートゾーンを清潔にしておくことはエチケット的にも、脱毛後の肌トラブルを防ぐためにも重要です。
脱毛をする前にウォシュレットで水洗いをしておくなどして、IラインやOラインはキレイにしておきましょう。

4-4.自己処理のチクチクとしたかゆみを抑える方法は?

電気シェーバーでシェービングをすると、毛先が太くぶつ切りになってしまい、チクチクした感じがすることがあります。
自己処理でチクチクしたり、かゆくなってしまうのは、毛がある限り仕方がありません。

脱毛に何度か通っていると、毛自体が薄くなってくるため、自己処理をしてもチクチクした感覚はなくなります。
脱毛の回数を重ねることが1番の対処法です。

自己処理後のデリケートゾーンのかゆみは、敏感な肌に下着がこすれることで起こります。
デリケートゾーンを保湿することで、敏感になっている肌を和らげる効果が期待できます。痒みが気になる人はぜひお試しください。

4.まとめ

VIO脱毛をするなら、自己処理の手間が最小限でしっかりと脱毛効果が感じられる1ヶ月~2ヶ月の間隔でお手入れをするのがおすすめです。

自己処理は必ず電気シェーバーで行いましょう。
電気シェーバー以外なら、家庭用脱毛器でケアしても構いません。

シェービングをなるべく自分で行いたくない人は、シェービングサービスのあるサロンを活用しましょう。
VIO脱毛と自己処理を併用して、いつもキレイに整ったスキのないデリケートゾーンを目指しましょう!

おすすめの関連記事

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみて下さい。

VIO脱毛のデザイン、人気の形は?全照射は男ウケが良いって本当?

VIO(デリケートゾーン)は、普段見えない部分であるため、どんな形に整えればいいのか分からないですよ・・・

VIO脱毛のお試しが体験できるおすすめ脱毛サロン決定版2017!

VIO脱毛の痛みや効果を知るために、1回だけでも脱毛を体験してみたい!と思いませんか? 何度も通う前・・・

VIO脱毛の相場の金額と料金総額、6・12・回数無制限の値段は?

「VIO脱毛って1回いくらかかるの?完了までは総額いくらかかる?」 VIO脱毛を始めてみたいけど、料・・・

VIO脱毛で効果を感じるまでの期間・回数は?終了まで何回?

「VIO脱毛は何回通えば良いの?」「どのくらいの期間通えば良いの?」など、VIO脱毛にかかる回数や期・・・