あなたはVIO脱毛の自己処理にこんな疑問を持っていませんか?

・VIOの自己処理ってどうやるの?
・VIOの自己処理には何を使えば良いの?
・VIOのシェービングサービスがある脱毛サロンはどこ?

今回は、VIO脱毛前にシェービングが必要な理由、VIOの正しい自己処理法、VIOのシェービングサービスがあるサロン・クリニックについて紹介します。
VIO脱毛の自己処理に不安がある人は必見です。

1.VIOの正しい自己処理方法


VIOは、体の中でも特にデリケートな部分であるため、自分で処理を行うのはあまりおすすめできません。
しかし、急な予定などで今すぐにお手入れをしたいという人のために、VIOの正しい自己処理方法を紹介します。

次の2つの理由から、VIO脱毛の前にはシェービングが必要です。

・ヤケドを防ぐ
・脱毛効果を高める

シェービングをしておくことで、肌表面に熱が集中することによるヤケドを防ぐことができます。
また、ムダ毛は短いほど脱毛時の熱が毛根に伝わりやすく、脱毛効果アップも期待できます。

しかし、正しい方法でシェービングを行わなければ、肌トラブルや脱毛効果を低下させる原因にもなりかねません。

どうしてもデリケートゾーンの自己処理に不安がある人は、シェービングサービスが無料のサロン・クリニックを選んでおくと安心です。

1-1.VIOの自己処理に使う準備物

デリケートゾーンの自己処理には、顔用・眉用の電気シェーバーを使います。
顔用シェーバーには2種類の刃が付いているため、細かい部分も簡単に処理することができます。

顔用の電気シェーバーはPanasonicのフェリエなど、有名メーカーの商品でも2,000円ほどで手に入ります。
正しい自己処理をするために、ぜひ準備しておきましょう。

なお、デリケートゾーンの自己処理は以下の4つの方法で行うと危険です。

・カミソリ
・脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)
・毛抜き
・除毛クリーム

特に、除毛クリームには毛を溶かす成分が含まれており、敏感な部位であるデリケートゾーンに使うと肌トラブルが起こすことがあります。
また、毛抜きで自己処理を行った場合、脱毛の光が反応する毛根がなくなり、しばらく脱毛効果を得ることができなくなるので注意が必要です。

1-2.Vラインの正しい自己処理方法

《シェービング時の体勢》
座った状態で行うと、無理のない姿勢でお手入れをすることができます。

①乾燥を防ぐため、シェービング前に肌の保湿を行います。

②長い毛はハサミで短くカットします。

③顔用のシェーバーを肌と平行になるように当て、毛流れに沿って優しくシェービングしていきます。

④細かな剃り残しは、眉用の小さな刃でシェービングしていきます。

⑤肌に残ったムダ毛は濡れたタオルで優しく拭き取るか、シャワーなどで軽く洗い落としましょう。

1-3.Iラインの正しい自己処理方法

《シェービング時の体勢》
Iラインも座った状態で行います。
自分からは見えにくい部位のため、手鏡を持ちながら処理していくと、お手入れしやすくなります。

①Vラインと同じように、脱毛する部分の保湿をしてから始めます。

②顔用の刃を肌と平行になるように当て、内側から外側に向かってシェービングしていきます。

③性器近くの剃り残しは、粘膜を傷つけないようIラインの周りを外側に引っ張りながら、眉用のシェーバーで慎重にシェービングをしてきます。

④シェービング後の毛は濡れたタオルで拭き取るか、シャワーなどで軽く洗い落としましょう。

1-4.Oラインの正しい自己処理方法

《シェービング時の体勢》
腰を後ろに突き出すようにしゃがんで行うと、お手入れしやすくなります。
自分の目からは完全に見えない部分にあるため、慎重に行いましょう。

自分の目で位置を確認しながらお手入れしたい人は、床に置いた手鏡にまたがるようにしてしゃがむとOラインを確認しながら自己処理できます。

①脱毛する部分を保湿します。

②お尻の内側を左右に引っ張りながら、顔用のシェーバーでお尻の曲線に沿って外側から内側に刃を滑らせていきます。

③剃り残しは、眉用の刃で粘膜を傷つけないよう慎重にシェービングしていきます。

④シェービング後の毛は濡れたタオルで拭き取るか、シャワーなどで軽く洗い落としましょう。

VIO脱毛のおすすめ記事
今一番オススメのサロンがわかるVIO脱毛ランキング
口コミで人気の12社の脱毛サロンを徹底比較!VIO脱毛が人気のサロンをランキング形式で紹介。

1-5.シェービング後のお手入れ方法


シェービング後は、毛先が太くぶつ切りになってしまい、チクチクした感じがすることがあります。
また、肌の乾燥によってもかゆみを感じやすくなります。

自己処理後にかゆみが気になる時には、以下の対策が有効です。

・クリームやジェル、ワセリンなどで保湿をする
・抑毛ローションで毛先を細くする
・こまめにシェービングを行う

自己処理後にデリケートゾーンの痒みが気になる人は、ぜひお試しください。

2.VIOのシェービングはサロンに任せるのが安心


VIOのお手入れは、脱毛サロンでプロのスタッフに任せるのが最も安全です。
また、シェービングと脱毛を一緒に行うことで、シェービングの回数自体を大幅に減らすことが可能です。

VIOのシェービングサービスが無料の脱毛サロン・クリニックは以下の表にまとめています。

シェービングが無料のサロン・クリニック

料金 部位
ディオーネ おすすめ!1回5,400円 VIO全体
キレイモ 1回10,260円 VIOを含む全身
渋谷美容外科 3回38,880円 VIO周囲
リゼクリニック 5回98,800円 VIO全体

※価格は税込で表記しています。
VIOの脱毛が初めての人は、体験プランでVIO脱毛を試してみるのがおすすめです。
こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

参考記事
VIO脱毛のお試し体験ができる安いおすすめサロン決定版2017!
VIO脱毛が格安で体験できるキャンペーン、キャンペーンをはしごしてVIO脱毛を安く済ませる・・・

3.まとめ


VIO脱毛前の自己処理は、肌を傷つけないように電気シェーバーで時間をかけて行う必要があります。

シェービングが苦手な人や自己処理が面倒な人は、シェービングサービスを無料で受けられる脱毛サロン・クリニックでお手入れしてみましょう。

シェービングが無料のサロン・クリニック

料金 部位
ディオーネ おすすめ!1回5,400円 VIO全体
キレイモ 1回10,260円 VIOを含む全身
渋谷美容外科 3回38,880円 VIO周囲
リゼクリニック 5回98,800円 VIO全体

※価格は税込で表記しています。

この記事読んだ人はこんな記事も読んでいます
  1. VIO脱毛とは?ハイジニーナって?VIO脱毛のメリット・デメリット
  2. VIO脱毛は恥ずかしいの?体勢や恰好や脱毛の流れを詳しく紹介!
  3. VIO脱毛の痛みはどのくらい?痛くない脱毛ができる最新サロン
  4. VIOは黒ずみ・色素沈着があっても脱毛できる?デリケートゾーンの黒ずみケア方法
  5. VIO脱毛のかゆみ・チクチクを今すぐ抑える方法、かゆくなる原因は?

VIO脱毛の関連記事
VIO脱毛のおすすめと料金情報
VIO脱毛を悩み別で選ぶ
VIO脱毛をもっと詳しく知る