旅行や出張中が長期になると、女性はどうしてもムダ毛の問題が出てきてしまいます。

出先での処理に便利なのがカミソリですが、刃物ですので飛行機を使う場合は持ち込みについて知っておく必要があります。

ここでは機内持ち込みが出来るカミソリや刃物についての解説を行います。

飛行機に機内持ち込みできる女性用カミソリはどれ?


海外旅行などで長時間飛行機に乗っていると、口回りや眉など場所によってはムダ毛が気になってしまうことがあります。

そんな時の為にカミソリを機内に持ち込んでおきたいところですが、カミソリによっては持ち込みが拒否されるケースも。

航空会社ごとに基準が異なる部分もありますが、機内持ち込みが可能なことが多いカミソリを把握しておきましょう。

T字カミソリ

一番問題なく持ち込みやすいのが安全性が高いT字カミソリです。

機内で使っても怪我をするリスクが少なく、他人に対して危害を加えにくい形状である為許可されることが多いです。

ただし、刃の部分の長さが4cm以上のものはT字カミソリでも機内への持ち込みが許可されません。

どうしても大き目のT字カミソリを旅行に持っていきたい場合は預け入れ荷物の中に入れておくようにしましょう。

I字カミソリ


I字カミソリは眉用の小さいものであれば持ち込みが可能です。

航空会社によって基準が異なりますが、怪我をしやすく殺傷能力もある大き目のI字カミソリはほとんどの場合が持ち込み不可です。

刃の部分が折り畳めたり、ケースに入っていても刃物は刃物なので持ち込みが出来ません。

I字カミソリを持っていきたい場合は預け入れ荷物の方に入れておいた方が良いでしょう。

電気シェーバー


電気シェーバーはどのようなものでも持ち込みが可能です。

ペンシルタイプのコンパクトなものはもちろん、ボディ用の大き目のもの持ち込みが出来ます。

ただし、使用すると音が鳴り毛くずも気になってしまうのでトイレなどで使った方がいいでしょう。

周囲の迷惑になったり、不快感を与える場合は使用場所の移動を促されることがあります。

また、充電が出来ないこともあるので機内で使いたい場合はバッテリーをしっかりと準備しておくと良いです。

ハサミ


ハサミは眉用や鼻毛カット用など、化粧ポーチに入るくらいの「小さいハサミ」に該当するものは機内に持ち込めます。

小さいハサミは刃の長さが6cm以下のものであることが条件になっています。

刃先が丸くなっている安全ハサミでも、刃の長さが6cm以上ある大きいものは機内持ち込みが不可とされます。

裁ちばさみや工作用のハサミなど、大きいハサミも預け入れ荷物の中に入れておけば問題ありません。

カミソリは預け荷物にすべきか


メイクやエチケット道具として使うカミソリやハサミでも立派な刃物です。

トラブルを確実に避けたい場合は預け荷物として手続きをしてしまった方が間違いがありません。

もちろん人を傷つける目的で持ち込みを考えている人はいないでしょう。

しかし、2001年の同時多発テロ事件以来、航空会社は些細な危険性にも目を光らせており、検査基準がとても厳しくなりました。

その為、昔は平気だったカミソリやハサミでも持ち込みにストップがかかることがあります。

検査の基準は航空会社によって少しずつ異なるので、持ち込みがOKのはずのカミソリでも不可とされる可能性もゼロではありません。

ですので、どうしても必要な場合を除いて出来るだけカミソリは預け荷物にしたほうが良いのです。

預け荷物にしておけば大き目のカミソリもハサミも問題にはなりません。

ただし、理容カミソリなどのナイフの形状に近いものは検査の時に引っかかる可能性があります。

預け荷物だとしてもなるべくカミソリは小型でメイク道具やエチケット道具の1つとしてわかりやすいタイプを選ぶようにしましょう。

国内線と国際線で違いはあるか


カミソリやハサミの機内持ち込みについて、国内線と国際線では大きな違いはありません。

しかし、国際線の方が規定が厳しくなる傾向が強いので海外に行く場合は刃物類はすべて預け入れ荷物にしたほうが安心です。

また、シェービングフォームを持ち込む場合、液体物として処理されるので液体物持ち込みのルールを確認しましょう。

国際線は液体物に対して非常に厳しく、未開封のペットボトル飲料ですら持ち込みが許可されません。

持ち込みが出来ない液体物は破棄するしかないので、無駄にならないように事前に確認しておきましょう。

まとめ


危険性が低いカミソリやハサミは基本的に機内への持ち込みが出来ます。

しかし、世界大会や首脳会議など大きなイベントや要人が動く時期に重なると通常よりも検査基準が厳しくなることがあります。

特に国際線は航空会社の方針で大きな差が出ることもあるので、刃物を持ち込む場合はもしもの時のことを考えておいた方がいいでしょう。

普段何気なく持ち歩いているカミソリのせいでせっかくの旅行の出鼻をくじかれたりしないように、機内持ち込み予定の手荷物はもう一度チェックしてみてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 脱毛できない条件とは?断られるケースもあるって本当?
  2. 脱毛のしつこい勧誘の断り方|上手く切り抜けるテクニック
  3. 脱毛カウンセリングの当日の流れ

初めての脱毛の関連記事
初めての脱毛のおすすめと料金情報
初めての脱毛を目的別に選ぶ
初めての脱毛をもっと詳しく知る