様々なメーカーから発売されているレディースシェーバー。

顔用やボディ用、携帯に便利なコンパクトなものから処理が速い大き目のものまで多くの種類が販売されています。

興栄工業から発売されているレディースシェーバーはラヴィアシリーズで、自己処理がしにくい場所に特化した製品です。

どのような場所に使える製品なのか、興栄工業のレディースシェーバーについて解説をしていきます。

1.興栄工業レディースシェーバーのラインナップ

興栄工業から販売されているレディースシェーバーは2種類だけです。

ヒートカッターやトリマーも入れるともう少し種類は増えますが、シェーバーだけに絞るとSライン用とIライン用のみです。

それぞれの製品について解説をしていきます。

ラヴィア Sラインシェーバー

形式 5001-09
価格 5,239円(税抜)
カラー ホワイト・ピンク
使用可能部位 全身

ラヴィアSラインシェーバーは2WAYの使い方が出来るボディ向けのシェーバーです。

持ち手の部分が折り畳み式で伸ばすことが出来るので、背中や肩など1人だと届きにくい場所の処理も楽々出来るのが特徴です。

伸ばしたときは最長で36.4cmほどになるので背中のほとんどをカバーします。

刃にも特徴があり、背中を剃りやすくするために正面刃というものが採用されています。

一般的なシェーバーは刃が上に向いて付いているので背面が剃りにくいですが、正面刃だと無理な姿勢にならずに剃れます。

持ち手を折りたためば普通のシェーバーとして脇や腕、足などボディ全般のケアも出来ます。

乾電池式なので充電をするて間もなく、使いたい時にすぐに使えます。

ラヴィア Iラインシェーバー

形式 5001-09
価格 3,810円(税抜)
カラー ホワイト・ピンク
使用可能部位 Iライン・Oゾーン・デリケートゾーン

ラヴィアIラインシェーバーはIOラインやデリケートゾーンの自己処理をしたい人向けの小さめのT字シェーバーです。

形を整えて下着からはみ出てしまうムダ毛を処理できるので、水着や下着姿になった時の不安を解消できます。

指やもみあげなどの細かいパーツの処理も出来るので、全身用のシェーバーにプラスして使うと非常に便利です。

バスルームでの処理が出来る防滴仕様です。

完全に水に濡れてしまうと故障の原因になるので注意が必要ですが、濡れた手や肌での使用であれば問題ありません。

乾電池タイプなのでコンパクトな設計なので、旅行先に持って行っても邪魔になりません。

ピンク・ホワイトどちらもシンプルで女性らしいデザインなので、ポーチに入れておいても目立たないのも女性には嬉しいです。

2.興栄工業レディースシェーバーの替刃と替え方

ラヴィアSラインシェーバーとIラインシェーバーには、専用の替刃がそれぞれに用意されています。

Sラインシェーバーの替刃は1つ1,000円(税抜き)Iラインシェーバーの替刃は2つセットで1,000円(税抜き)です。

使用頻度にもよりますが1年に1回程度の交換で良いので、とてもコスパが良い替刃です。

交換方法は

  1. 電源を切って取り外しのボタンを押して
    古い刃を外す
  2. 新しい刃をしっかりと取り付ける

これだけなのでとても簡単で初めてでもすぐにわかります。

Amazonやヨドバシ.comだと替刃の販売が見当たりませんが、ボディケア専門ショップなどには在庫があります。

本体を買うときに替刃も売っているショップを選び、ストック用として2つほど購入しておくと良いかもしれませんね。

3.興栄工業レディースシェーバーの使い方、注意点

ラヴィアシリーズのシェーバーを使う上で気を付けたいことをご紹介していきます。

少し意識するだけで仕上がりが綺麗になったり、肌への負担を減らすことが出来るのでぜひ参考にしてください。

切れ味が悪化したら刃を交換する

電動シェーバーの刃はラヴィアシリーズに限らず、寿命が1年~2年といわれています。

使用頻度によって交換時期は異なりますが、引っかかりを感じたり剃り味が悪化したら交換するようにしましょう。

ラヴィアシリーズの替刃はリーズナブルな価格設定なので、少し早めに交換して切れ味を保つのがオススメです。

その方がずっと滑らかな剃り味を維持することが出来ます。

慣れるまでは少しずつ処理をする


IOゾーンとデリケートゾーンはもちろん、背中も処理に慣れるまでは処理する範囲を少しずつ広くするようにしましょう。

いきなり広範囲の処理をしてしまうと、肌荒れを起こしたときにとても辛いです。

背中は特に逆向きで剃る事になるので、慣れるまでは力の加減が難しくて肌を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

様子を見ながら少しずつ処理する範囲を増やしてください。

デリケートゾーンは形を決めてから


ビキニゾーンの処理をする時はアンダーヘアの形を決めてから行うようにしましょう。

一般的なトライアングル型やスクエア、ダイヤ型などお好みの形に向けて処理をしていくと失敗しにくいです。

不安な場合はラヴィアシリーズの付属品として別売りされている「アンダーヘア用テンプレート」を利用すると良いです。

型紙タイプのテンプレートで、アンダーヘアに絡ませて固定してはみ出た余分な毛を剃っていくケア用品です。

剃りすぎたり形がぼやける心配がないので、不安な場合はこうした商品を使って形を決めてから処理するのがオススメです。

アフターケアはしっかりと


ラヴィアシリーズのような電動シェーバーはカミソリと比べると肌への負担がとても小さいです。

しかし、全く負担がないわけではありません。

肌が弱いデリケートゾーンは特に処理後に痒みが出たりカサカサしてしまうことがあります。

見た目に異常がなくても低刺激で高保湿なミルクやクリームでしっかり保湿をしてあげてください。

つるつるの肌を目指すためにも丁寧な保湿はとても大切です。

お掃除は専用のブラシで


毛くずが溜まってしまうことがあるので、ラヴィアシリーズを使ったあとは専用ブラシでもお掃除が必要です。

出来れば毎回おこなって清潔に保ち、毛くずが隙間に入らないようにしておきましょう。

水洗いはメーカー側はあまりオススメしていません。

湿気が残ってしまうとサビたり故障してしまう可能性があるので、出来るだけブラシでお掃除をしてください。

4.興栄工業レディースシェーバーの価格

ラヴィアSラインシェーバーとIラインシェーバーは楽天やAmazon、ヨドバシ.comなど多くのネットショップで取り扱いがあります。

Sラインシェーバーは4,000~5,500円の間、Iラインシェーバーは3,000円~4,000円前後で売られています。

ショップによって割引が大きいこともあるので、セール中を狙えばもう少し安く購入できるかもしれません。

替刃はあまり取り扱いをしている店舗が多くないので、送料のことも考えてお得に買えるところを探してみてください。

5.まとめ

興栄工業のラヴィアシリーズ、2つのシェーバーについて解説をしてきました。

それぞれ背中用とデリケートゾーン用で個性がはっきりしている製品であることが伝わったと思います。

今使っているシェーバーのサポートとしても便利なのでサブシェーバーを探している人にも適しています。

興栄工業という名前はあまり聞きなれないかもしれませんが、多くの美容製品を販売しています。

ここで紹介したSラインシェーバーとIラインシェーバーの他にも、脱毛器やヒートカッター製品もあります。

目的別に特化した製品が多いので、集中的にケアしたい場所がある方にオススメのメーカーです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 脱毛できない条件とは?断られるケースもあるって本当?
  2. 脱毛のしつこい勧誘の断り方|上手く切り抜けるテクニック
  3. 脱毛カウンセリングの当日の流れ

シェーバーの関連記事
おすすめのシェーバー
シェーバーを目的別に選ぶ
カミソリを目的別に選ぶ
シェーバー・カミソリをもっと詳しく知る