レディースシェーバーの人気ブランドであるブラウンには、2つのモデルがあります。
今回は、2種類あるシェーバーの違いや、使い方について詳しく解説していきます。

1.ブラウンの電気シェーバー「シルク・エピル」のラインナップ


カオリカオリ

そもそも、ブラウンにはどんなシェーバーがあるですか?

ツカサツカサ

ブラウンのレディースシェーバーで現在発売されているのは、シルク・エピルのLS5500R1(本体ブルー)とLS5160R1(本体ピンク)の2種類のみなの。
この2つのシルク・エピルについて詳しく解説していくわ。

ブラウンのレディースシェーバー比較表

フェリエ(顔) フェリエ(体) サラシェ
うなじ
VIO
腕・足

ブルーのシルク・エピルLS5500R1


お肌が敏感なデリケート部分を含め、顔以外全身のシェービングが出来るレディースシェーバーです。

肌に触れるヘッドの部分には丸みがあり、ボディラインにフィットして剃り残しを作りにくくなっています。
トリマーティップも丸い作りになっており、フローティング網刃もついているのでしっかり深剃り出来るのに肌を傷つける心配がありません。

また、ロングヘアー・トリマーがついているので長い毛でもそのまま綺麗に剃る事ができます。

ピンクの機種違い、充電式であるのも特徴。
1時間の充電で最大40分間コードレスでの使用が可能です。

自動電圧調整機能が付いているので海外に持って行っても問題なく使えます。

お手入れもとても簡単でヘッド部分は丸洗いができます。
付属のブラシとぬるま湯で十分に綺麗になりますが、研磨剤が入っていない石鹸なら使用可能なので衛生的に保てます。
ただし、完全防水ではないのでお風呂場でのケアや、本体ごと水洗いすることはできません。

ピンクのボディのシルク・エピルLS5160R1


前述したLS5500R1の基本的な機能に加えて、完全防水と角質ケア機能が付いた1台で3役になるモデルです。
カラーはピンク色なのでひと目でLS5500R1と区別がつきます。

角質ケアは付属の角質ケアアタッチメントを装着して行います。
足専用ですがお風呂やシャワー中に使用できるので、ムダ毛の処理と角質ケアが同時にできて非常に便利です。

本体含めて完全防水なので丸洗いが出来、衛生的に保てるのは長く使う上での大きなメリットです。
角質ケアアタッチメントは皮膚片などの除去のために石鹸を使っての水洗いが推奨されています。

電源は乾電池式になっており、充電の手間やコードの煩わしさがありません。
単3アルカリ電池2本使用で最大で90分間の連続使用が出来るので、全身のケアも十分に行えます。

2.ブラウン シルク・エピルの替刃と替え方


カオリカオリ

ブラウンのシェーバーの刃って定期的に変えたほうが良いんですか?

ツカサツカサ

そうね。電気シェーバーは定期的に刃を変えることで切れ味を保ち、美しい仕上がりを維持できるわ。

シルク・エピルのレディースシェーバーはシェービングヘッド・網刃・内刃の交換がそれぞれ必要よ。

交換の目安はおおよそ18ヶ月とされているわ。

シェービングヘッドの替刃と交換方法

シェービングヘッドは2つのモデルそれぞれ別のものが必要です。

ブルーのボディのLS5500R1にはシェービングヘッドLS、ピンクのボディのLS5160R1にはシェービングヘッドLS5160が対応しています。

本体のカラーと同じ色のシェービングヘッドを選べば間違いありませんが、念のため購入時には対応機種を確認してください。
いずれも価格は公式価格で540円(税込)、網刃はセットになっていないので別途購入が必要です。

交換方法はヘッド取り外しボタンを押して取り外し、新しいものをはめ込むだけで簡単にできます。

網刃の替刃と交換方法

アミバLS5160という替え刃が2つのモデルに共通して使えます。

公式価格は1,944円(税込)ですがAmazonや楽天ショップだとセール販売されていることも多く見かけます。
現在販売されている網刃の替刃は枠が白色のものだけなので、本体に付属していた網刃とは色が異なることがあります。

交換はシェービングヘッドを取り外してから行います。
ヘッドの側面についている青かピンクのプラスチックのフレームを押すと網刃が外れます。
新しい網刃はシェービングヘッドの下側からはめ込みます。

内刃の替刃と交換方法

ウチバLS5500という替刃が2つのモデルに共通して使えます。
公式価格は内刃と同じく1,944円(税込)で、やはりこちらもAmazonや楽天などのネットショップで安く販売されています。

交換方法は網刃を外して内刃を露出させてから、90度回転させます。
内刃の両端を持って上に引っ張ると外れるので、新しい内刃をホルダーに押し付け、90度回転させて取り付け完了です。

内刃は鋭いので刃の部分には触れず、両端を持って付け替えを行うようにしてください。

3.ブラウン シルク・エピルの使い方、注意点


ツカサツカサ

ここからはブラウン シルク・エピルの上手な使い方と注意点を紹介していくわ。少しだけ手間をかけたり使い方を工夫すれば、より綺麗に肌も保護しながら使うことが可能よ。

シルク・エピルの上手な使い方

・毛の流れに逆らって処理を行う
ムダ毛が生えている方向とは逆向きに本体を動かすと、毛を起こしながら処理ができるので綺麗に仕上がります。
この時にロングヘアー・トリマーが肌に密着することを意識しながら動かすとよりしっかり剃れます。
脇など凹凸が多いところは肌を伸ばしながら処理するとムラが出来ません。

・シェービングモードとトリムモードを使い分ける
シルク・エピルシリーズはシェービングとトリムでモードを切り替えることができます。
足・腕・ワキなどのムダ毛をしっかり剃りたい場所はシェービングモードがおすすめです。
ビキニラインのように細かい場所を丁寧に処理したい場合やボリュームダウンをしたい場所にはトリムモードが使いやすいです。

・プレシェーブローションを使う
電気シェーバーは肌に何も塗らずに使っても大丈夫ですが、肌が弱い場合はプレシェーブローションを使うとより安心できます。
男性用でも女性用でもあまり差がないので、気にならない場合は種類が多い男性用から好みのものを選んでもいいでしょう。
また、ベビーパウダーでもプレシェーブローションの替わりになります。

・アフターケアをしっかり行う
カミソリよりも負担が少ない電気シェーバーの中でも、さらに肌に優しいのがシルク・エピルシリーズです。
しかし、肌へのダメージが全くないわけではありませんので、処理が終わったらしっかりと保湿をしてあげてください。
脇やビキニゾーンは蒸れやすいイメージがありますが、ほかの部位と同様に保湿してあげないと荒れたり黒ずんでしまいます。

・3ヶ月に1回くらいはオイルを挿す
切れ味を維持するために3ヶ月に1回くらいの割合で網刃と内刃、ロングヘアー・トリマーにオイルを塗布すると剃り味が保ちやすくなります。
ベビーオイルやミシン油、ワセリンなどを塗布することで各パーツの寿命を延ばすことができます。

シルク・エピルの注意点

・お風呂で使う場合は防水の確認を!
ムダ毛の処理をお風呂で行う人が多いと思いますが、シルク・エピルシリーズはピンクのLS5160R1のみが完全防水です。
青いボディのLS5500R1は完全防水ではないので間違って使わないように気を付けてください。
また、お風呂で使った後や水洗いをした後は防水機能の有無を問わず、しっかりと乾かすようにしてください。

・お手入れをしないと故障したり不衛生になる
使用したら付属のお掃除ブラシで毛くずを除去するようにしましょう。
毛くずがたまってしまうと故障したり、丸洗いしてもなかなか全部取れなくなって不衛生です。
時々はシェービングヘッド・網刃・内刃を外して丸洗いするとより清潔です。

・切れ味が悪くなったら無理に使わない
シルク・エピルシリーズの網刃や内刃の寿命は18ヶ月程度であると公式が定めています。
使用頻度によって変化するので、切れ味が悪くなったと感じたり錆や汚れが目立ち始めたから早めに交換するようにしましょう。
切れ味が悪い刃を使っていると剃りムラが出来たり、肌を傷つけてしまう可能性があります。

4.ブラウン シルク・エピルの価格


カオリカオリ

ブラウンのシルク・エピル本体はどこで購入すると購入時の費用を抑えられるんですか?

ツカサツカサ

大手ネットショップの価格を比較してみたからチェックしてみて。
価格は調査時の最安値を載せているわ。

Amazon 楽天 ヨドバシ.com
LS5500R1 2,209円 2,430円 2,430円
LS5160R1 1,825円 2,008円 2,010円

充電式のLS5500R1よりも乾電池式のLS5160R1の方が価格が安くなっています。
価格で選ぶなら、乾電池式で防水・角質ケア機能付きのLS5160R1がおすすめです。

乾電池を購入するのが面倒、ランニングコストを抑えたい人は、充電式のLS5500R1をおすすめします。

また、3つのネットショップを比較してみるとどちらのモデルもAmazonが最も安いことがわかりました。
送料やポイントによって実質負担額は異なりますが、本体価格だけでみるとAmazonで購入するのがよさそうです。

5.まとめ


女性用シェーバーということもあり、肌への負担軽減や角質除去といった機能が付いているシルク・エピルシリーズ。
2018年の9月にリニューアルされて、ここで紹介した充電式のLS5500R1と乾電池式のLS5160R1に統一されました。
色もブルーとピンクに分かれてわかりやすくなりました。

乾電池式のLS5160R1には角質除去(足のみ)の機能も付いており、より一層女性向けのシェーバーに特化した印象です。
アンダーヘアのお手入れにも使えるので、お顔以外のお手入れはこれ1つあれば問題ないでしょう。

価格もお手頃なので、購入する場合は充電式にこだわりがなければピンクのLS5160R1がおすすめです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 脱毛できない条件とは?断られるケースもあるって本当?
  2. 脱毛のしつこい勧誘の断り方|上手く切り抜けるテクニック
  3. 脱毛カウンセリングの当日の流れ


シェーバーの関連記事
おすすめのシェーバー
カミソリを目的別に選ぶ