こんばんは、ライターの鯛です。

最近の夏は異常な暑さによって短パンを履く機会が多くなったのではないでしょうか?
僕も休日は短パンを履いて出掛けることが多いです。

短パンを履けば長ズボンより涼しくて快適ですが、気になるのが「すね毛」です。

一般的に濃すぎるすね毛は女性ウケが悪く、「汚い」「清潔感がない」と思われてしまいます。
とはいえ、すね毛をツルツルにすると今度は「男らしさが足りない」といった印象を与えがちです。

短パンを履いて清潔な印象を与えるためには、すね毛を処理して自然な薄さに整えることが大切です。
今回は、たった5分ですね毛を自然な薄さに処理できる方法を紹介します。

1.おすすめのすね毛の処理方法を比較

すね毛処理におすすめの方法を表で比較して紹介します。

すね毛の処理におすすめの方法

手軽さ 安全性 仕上がり
バリカン 5分で完了 高い 長さを調整可能
すきバサミ 時間がかかる 引っかかって痛い 自然に仕上がる
脱毛 数万円かかる 痛みがある 高い脱毛効果が期待できる
除毛クリーム 約10分で完了 肌荒れするリスクがある ツルツルになる

以下で各処理方法の詳細を紹介します。

1-1.約5分で自然な薄さに仕上がる「バリカン」


すね毛を自然な薄さに仕上げるのに最もおすすめしたいのがバリカンです。
刈るだけで好みの長さに処理できるのでとにかくお手軽です。

メリット
  • すね毛を好みの長さに調整可能
  • ばらつきがなく均一な長さに処理できる
  • 刈るだけなので両足合わせて約5分で完了できる
デメリット
  • 脱毛できないので定期的に手入れが必要
  • バリカンを用意する必要がある

1-2.低価格で自然な薄さに仕上がる「すきバサミ・すきカミソリ」


「とにかく低価格ですね毛を自然な薄さに仕上げたい!」という場合は、すきバサミ・すきカミソリがおすすめです。
ドラッグストアや通販で1,000円前後で購入可能です。

長めの毛と短めの毛がバランスよく残るように意識してすいていくことで自然な薄さに仕上がります。
ただし、すいている最中に毛が引っかかって痛みを伴う場合があるので注意が必要です。

メリット
  • 低価格ですね毛を処理できる
  • 自分でカットするので好きなように調整可能
デメリット
  • 毛に引っかかって痛みを伴うリスクを含んでいる
  • 両足をすくのに時間がかかる
  • 脱毛できないので定期的に手入れが必要

1-3.すね毛が生えてこなくなる「脱毛」


「すね毛を毎回手入れするのが面倒!」という方は脱毛することをおすすめします。
脱毛に通えばすね毛を好みの長さに調節できる上に、定期的な処理が必要ないのでとにかく楽です。

メリット
  • すね毛をしっかり脱毛できる
  • ツルツルだけでなく、好みの薄さに調整可能
デメリット
  • 値段が高い
  • 脱毛効果を実感するまでに最低でも5回は通う必要がある

1-4.約10分ですね毛がツルツルになる「除毛クリーム」


「すね毛を手軽にツルツルにしたい!」という場合は除毛クリームがおすすめです。
アルカリ性のクリームがタンパク質の毛を溶かして除去するので、カミソリよりも綺麗に処理できます。

メリット
  • 約10分ですね毛がツルツルになる
  • カミソリで剃るよりも綺麗に処理できる
  • ドラッグストア、通販で1,000円前後で購入可能
デメリット
  • 肌荒れを引き起こすリスクを含んでいる
  • 脱毛できないので定期的な手入れが必要

1-5.カミソリや脱色、抑毛ローションはおすすめできない

上記で紹介した方法以外にも、「カミソリで剃る」「すね毛を脱色して目立たなくさせる」「抑毛ローションを塗る」といった処理方法がありますが、これらはあまりおすすめできません。

カミソリですね毛を処理する方法には、肌が傷付き、出血するリスクが含まれています。
また、チクチクの短い毛が残った状態に仕上がる可能性が高いので、自然な薄さに仕上げられません。

また、市販の髪染めをすね毛に塗布して脱色するという方法もありますが、夏で日焼けして肌が黒くなると逆に目立ってしまいます。
さらに、抑毛ローションの使用は、効果を実感するまでに約1ヶ月かかるので即効性は期待できません。

結論:すね毛の処理はバリカンがおすすめ!


すね毛を自然な薄さに仕上げたいならバリカンでの処理がおすすめです。
好みの長さに調節できる上に、刈るだけなので約5分で完了します。

脱毛効果はないので定期的な処理が必要ですが、手入れが楽なのでとにかく簡単です。

永遠に繰り返すムダ毛処理の時間と手間から解放されたいならすね毛を脱毛するのがおすすめです。

2.バリカンですね毛を自然な薄さに仕上げる方法


バリカンを実際に使ってすね毛を自然な薄さに仕上げる方法を紹介します。

2-1.すね毛の処理方法

今回はパナソニックのパナソニックのボディトリマーを使って処理していきます。

処理といってもやり方はとても簡単で、好みの長さのアタッチメントを装着して剃るだけです。

僕は濃いすね毛が全体的に生えているので短め(2mm)にカットします。
長めに残したい方は6mmでも良いと思います。

刃を当てて、毛流れに逆らって全体を剃ります。

ふくらはぎの部分も忘れずに剃りましょう。

ちなみに、新聞紙を下に敷けば処理後の掃除が楽なのでおすすめです。

2-2.仕上がりは?

バリカンを使ってすね毛を処理した結果を写真付きで紹介します。

まずは使用前から。

濃いすね毛が全体に生えています。

バリカンで処理した結果がこちら。

かなり綺麗に仕上げることができました!
長さが均一に統一され、ツルツルでもなく、かといって剛毛でもなく、まさに自然に仕上がっています。

後ろもいい感じです。

遠目から見たらこんな感じ。

適度な長さなので清潔な印象を与えることができます。

左がバリカン処理後、右がバリカン使用前の写真。

無造作に伸びている処理前から、自然な薄さに仕上げられました。

ちなみに両足のすね毛を処理するのにかかった時間は約5分でした。
バリカンなら手軽にすね毛を処理できるのでおすすめです。

3.まとめ


すね毛は濃すぎてもツルツルでも印象が良くありません。
清潔な印象を与えるためには「自然な薄さ」に処理することが大切です。

バリカンなら、約5分で自然な薄さに仕上げられるのでおすすめです。
暑い夏、短パンを履いても不潔な印象を与えないためにすね毛を処理していきましょう!

この記事を書いた人

24歳、元芸人のライター
腐っても鯛です

相手に不潔な印象を与えてしまわないように髭の手入れも大事です。こちらの記事も参考にしてみてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 青髭の原因と10個の対策!実際に全部試して効果があった解消法は?

青髭の原因と10個の対策方法
メンズ脱毛の関連記事
メンズ脱毛をもっと詳しく知る
セルフ脱毛