安い脱毛器、あなたはどんな脱毛器をお探しですか?

  • とにかく安くムダ毛を処理できる脱毛器
  • できるだけ安くて脱毛効果がある光脱毛器

今回は、脱毛器の価格と効果の比較、リーズナブルな価格の脱毛器、安くて脱毛効果がある光脱毛器を紹介します。
ぜひ、安くて効果がある脱毛器選びの参考にしてください。

1.脱毛方式別!脱毛器の効果と価格


脱毛器は、脱毛方式別に次の3つのタイプに分類することができます。

  • サーミコン式
  • 電動式毛抜き
  • 光脱毛器

脱毛方式ごとの効果と価格を簡単にまとめると以下のようになります。

各脱毛方式の効果と価格比較

サーミコン式 電動式毛抜き 光脱毛器
価格 1万円前後 1万円前後 2万円~
効果 脱毛効果なし 脱毛効果なし 脱毛効果あり
肌への負担 ナシ 負担大 美肌効果あり

サーミコン式は、熱線でムダ毛を焼き切る仕組みになっています。
このタイプの脱毛器には、次の2つのメリットがあります。

  • 価格が安い
  • カミソリ負けのような肌トラブルの心配がない

しかし、安く購入できるサーミコン式と電動式毛抜きには一時的な除毛効果しかなく、将来的な脱毛効果はありません。

使い続けることで徐々にムダ毛の量が減るといった脱毛効果を実感したい人は、光脱毛タイプの脱毛器を選ぶのがおすすめです。

2.コスパに注目!本当に安い脱毛器ランキング


脱毛効果をしっかり実感できる家庭用脱毛器は、光脱毛タイプの脱毛器だけです。
そこで次は、コスパも含めて本当に安い脱毛器を2つ紹介します。

コスパに注目!本当に安い脱毛器一覧

本体価格 照射回数 ショット
単価
おすすめ!ケノン 69,800円 148.5万発
(4個付)
0.047円
レイボーテグランデ 116,640円 60万発 0.1944円

※価格は税込で表記しています。なお、ショット単価は初回セットに含まれているカートリッジの照射回数から割り出しています。

ケノンは初回購入時に4万円相当のカートリッジがセットになっているため、脱毛器本体は実質約3万円で購入できる計算になります。
また、ケノンとレイボーテグランデなら本体購入時に含まれているカートリッジだけで全身脱毛の完了を目指せます。

本体価格だけに惑わされずに、コスパも含めて本当に安い脱毛器を選びましょう。
それでは、おすすめの脱毛器の特徴を詳しく紹介していきます。

1位 ケノン

本体価格・特典 69,800円
カートリッジ4個無料
コスパ ショット単価0.047円と最安値!
最大照射面積 9.25㎠
サポート体制 本体1年保証
カートリッジは2年間の無料保証
特徴
  • ショット単価が最安値!
  • 毛質に合うカートリッジを使って効率よく脱毛できる
  • 保証が充実しているから安心して使える
こんな人におすすめ!
  • とにかく安く全身をしっかりお手入れしたい人
  • ランニングコストがかからない脱毛器を探している人
  • 購入後もきちんとサポートをしてもらいたい人
ショット単価が最安値のケノン

2位 レイボーテグランデ

本体価格・特典 116,640円
公式通販限定セットあり
コスパ 全身750回分の照射可
最大照射面積 12㎠
サポート体制 1年間の無料保証付き
特徴
  • 1台で750回分の全身脱毛を行える
  • 照射面積が広く効率よく脱毛ができる
  • 専用プローブを使えばレーザー脱毛ができる
こんな人におすすめ!
  • 2人以上で脱毛器を共有して安く脱毛を行いたい人
  • 広範囲をスピーディーに脱毛したい人
  • 光脱毛とレーザー脱毛を併用して早く脱毛効果を実感したい人
全身脱毛が750回分できるレイボーテ

3.安くて効果がある脱毛器選びのポイント


安いだけではなく、しっかり脱毛効果を実感できる脱毛器を選ぶためのポイントは、次の3つです。

  • 光脱毛タイプを選ぶ
  • ランニングコストが安い脱毛器を選ぶ
  • サポート体制が整っている脱毛器を選ぶ

3つのポイントをチェックして、安いだけの無駄な買い物を防ぎましょう。

3-1.効果がある脱毛方式は光脱毛だけ

脱毛方式別に脱毛効果の持続期間をまとめると、以下のようになります。

サーミコン式(ノーノーヘアなど)
  • 1~2日で伸びてくる
  • 自己処理が不要になることはない
電動式毛抜き(ソイエ・ブラウンフェイスなど)
  • 2週間程度はツルツルな状態が持続する
  • 自己処理が不要になることはない
光脱毛(ケノンなど)
  • 回数を重ねるごとにムダ毛の量が減り生えにくくなる
  • 15~20回で自己処理が不要になる

サロンの脱毛と同じく持続的な脱毛効果を実感できるのは、光脱毛だけです。

これに対して、ノーノーヘアなどのサーミコン式や、ソイエ、ブラウンフェイスなどの電動式毛抜きの脱毛器は、カミソリや毛抜きと同じ仕組みなので一時的な除毛効果しかありません。

脱毛効果を実感するためにも、光脱毛を採用している脱毛器を選びましょう。

3-2.コスパが良い脱毛器を選ぶ

本体価格が安くても、次のような脱毛器は追加費用が高くつく可能性があるので注意が必要です。

  • 使い切り型の脱毛器
  • ショット単価が高い脱毛器
  • 照射面積が狭い脱毛器

本当に安い脱毛器を選びたい人は、本体価格だけでなくランニングコストも合わせて計算しておきましょう。
安い脱毛器のショット単価・最大照射面積については、以下の表をご覧ください。

安い脱毛器のショット単価・照射面積一覧

本体価格 ショット
単価・
照射回数
照射面積
ケノン 69,800円 0.047円
(148.5万発)
9.25㎠
レイボーテグランデ 116,640円 0.1944円
(160万発)
12㎠
ローワン 54,800円 0.274円
(20万発)
6.0㎠
エピナード 70,200円 9.36円
(7,500発)
7.0㎠
センスエピJ 26,784円 0.16円
(15万発)
2.7㎠

センスエピJは脱毛器本体を安く購入できますが、使い切り型の脱毛器です。
15万発を打ち終われば、本体ごと脱毛器を買い替える必要があります。

これに対して、ケノンやレイボーテグランデは、照射範囲が広くショット単価も格安です。
そのため、これらの脱毛器を選んでおけば、カートリッジを買い足さなくても初回購入分だけで全身脱毛の完了を目指すことができます。

安い脱毛器でツルツルを目指したい人は、本体価格だけでなくショット単価や照射面積もチェックして、コスパが良い脱毛器を選びましょう。

3-3.サポート体制が整っている脱毛器を選ぶ

脱毛器は機械なので、故障してしまう可能性がないとはいえません。
よって日本国内にサポートセンターがあり、きちんと対応してもらえる体制が整っている脱毛器を選ぶのがおすすめです。

また、脱毛器を公式サイト以外のショップから購入すると、保証の対象外になってしまう可能性もあります。
万が一の時のためにも、脱毛器は必ず公式サイトから購入するようにしましょう。

4.まとめ

価格が安い「サーミコン式」や「電動式毛抜き」の脱毛器には、一時的な除毛効果しかありません。
除毛ではなく脱毛効果を実感したい人は、光脱毛タイプの脱毛器を選ぶのがおすすめです。

本当に安くて効果がある脱毛器を探している人は、次の3つをチェックしておきましょう。

安くて効果がある家庭用脱毛器のキャンペーン情報一覧

脱毛器 キャンペーン情報
おすすめ!ケノン カートリッジ4個プレゼント
レイボーテグランデ 公式通販限定セットあり

※価格は税込で表記しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 脱毛器は痛い?痛くないおすすめの家庭用脱毛器一覧
  2. 脱毛器って効果はあるの?

脱毛器の関連記事
脱毛器のおすすめと料金情報
脱毛器を目的別に選ぶ
脱毛器をもっと詳しく知る