こんにちは!ライターのとみえみさとです。
突然ですが、あなたは家庭用脱毛器の人気商品「ケノン」についてこんな疑問をお持ちではないですか?

「ケノンってちゃんとした脱毛器なの?」
「ケノンって本当に効果はあるの?」
「ぶっちゃけ買ったほうが良い?買わないほうが良い?」

ケノンに限らず、家庭用脱毛器って安い買い物じゃないから「欲しいけど、まだ買うか迷ってる……。」と慎重に考えている人も多いのではないでしょうか?

そこで、ケノンの脱毛器を実際に使って、機能や使用感・効果を写真・動画つきでレビューしていきます!
ケノンを使ってみた正直な感想も書いていくつもりなので、ぜひとも最後までご覧ください。

1.ケノンのセット内容・カートリッジは?

まずは、実際にケノンが届く箱の中に入っている内容物をレビューしていきます!


ケノンは、蝶々(花?)が描かれたポップなデザインの箱で届きます。箱には「脱毛器」と書かれていないので、中身は言われないとケノンとはわからないようになっています。
 
 
 

箱をオープン!中に入っていたのは、本体・説明書・カートリッジ×2・電源コード・サングラス・保冷剤×2の6点でした。
 
 
 

カートリッジが2つあったので開けてみると、脱毛用のプレミアムカートリッジとスキンケア(美顔)モードのカートリッジの2種類が入っていました。
 
 
 

脱毛用のカートリッジなんですが、とにかく照射面積が大きい!
脱毛器のトリアも持っているので比較してみたんですが、照射面の大きさが全然違いますよね。かなり楽にお手入れできそうです!

あと、肌を守るための付属品がジェルじゃなくて保冷剤なのがいいですね。
ジェルは消耗品だし、なくなってしまうと買い足す必要があるんですが、保冷剤だと繰り返し使えるから追加の出費が抑えられると思います。

2.ケノンを実際に使用してみました!【画像・動画あり】

箱の中のものを全て紹介したところで、早速電源を入れて使ってみます。

2-1.ケノン使用前の準備


ケノンは肌に光を照射する前に準備しておかなければいけない物があります。
ケノンを使用する前の準備物はこの2点!

  • 凍らせた保冷剤
  • サングラス
  • 電気シェーバー
  • ケノンが届いてすぐに使おうとしたんですが、付属品の保冷剤が冷えていないので、まずは保冷剤を冷凍庫に入れるところからはじめました。
    家に凍らせた保冷剤がある人は、届いてからすぐに使うことができます。

    また、サングラスは光を照射する時、目を保護するために不可欠なアイテムなので、絶対に準備しておきましょう!
    どちらもケノンのセット内容に含まれているので、新たに購入したりする必要はありません。

    電気シェーバーは、光を当てる前のお手入れに使用します。
    サロンで脱毛するのと同じように、ケノンを使用する前日に脱毛する部分をシェービングしておくことがおすすめです。

    2-2.ケノンの操作方法


    準備が終わったところで、いよいよケノンで脱毛してみます。
     
     
     

    脱毛カートリッジを持ち手にセット。
     
     
     


    電源コードをケノンの本体とコンセントに繋ぎ、電源ボタンをON。
    すると、今差してあるカートリッジとレベル・モード・連続ショット数が表示されます。

    ここで、それぞれのモードを解説。

    レベル

    光の出力の大きさ。
    1~10段階まであり、数字が大きいほど高い脱毛効果が期待できる。

    モード

    光の当て方を連続モード・手動モードから選択。
    連続モード…連射式の光で広範囲を一気にお手入れ。
    手動モード…狙った部分だけに光を照射。

    連続ショット

    連続モードを選択した時の、連射数を1回・3回・6回から選択。

    意外とシンプルに作られていて、機械が苦手な人でも簡単に操作できると思います。
    光を当てる時の設定は、ボタンで簡単に変更できます。


    肌にヘッドを押し当てると「ピッ」と音が鳴ります。
    音が鳴ったら持ち手の近くにあるピンクのボタンを押すと、光が発射されます。
     
     
     


    まずは腕でも足でも良いので、テスト照射をしてみてください。
    手動モードのレベル1で、気になる部分に光を当ててみましょう。
     
     
     


    レベル1でなんとも感じなければ、強い痛みが感じられない程度にレベルを上げていきます。
    操作や使用感に慣れれば、連続モードで広範囲をお手入れしてみましょう。

    照射後は肌トラブル防止のため、保冷剤で肌を冷やすのをお忘れなく!

    ケノンの操作方法や、実際に使っている様子は動画バージョンも撮りましたので、動画で観たい人はぜひチェックしてみてください!

    2-3.いろんな部位に照射!照射時間・痛みはどのぐらい?


    ケノンを使って、脇・顔・足・腕を脱毛してみました!
    各部位のお手入れにかかる所要時間や、痛みをレポートしていきます。


    脇は範囲が狭いので、手動モードで丁寧に当てていきます。
    まずはレベル2で挑戦!少しあたたかいぐらいでした。

    勇気を出してレベルを6まで上げてみます。
    一瞬熱さは感じましたが、大きな痛みはありませんでした。
    レベル6以上はちょっと怖かったので、使えていません。

    ケノンは1ショットで広範囲のお手入れができるので、両脇は約3分で完了しました!
    脇を当てた時はかなりまぶしくなるので、必ずサングラスを付けて使用しましょう。


    足もまずはレベル2で挑戦してみましたが、特に熱さも感じなかったので、一気にレベル7まで上げてトライ!
    しかし痛みは意外となく、快適にお手入れすることができました。

    連続モードでハンドピースをスライドさせながら使ってみると、手動モードよりも格段に早くお手入れすることができました。
    両ひざ下で、だいたい15分ほどかかりました。

    足のお手入れなら、サングラス無しでもあまりまぶしさは感じませんでした。


    私はサロンでひじ下脱毛を経験しているので、ケノンを使う前から腕の毛が薄く、レベル10でもあまり痛みを感じませんでした。
    足と同様で、連続モードのショット数を6にして使うと、かなり楽にお手入れすることができました。
    所要時間は、ひじ下・ひじ上合わせて15分ぐらいです。


    顔は正直当てるのが怖かったので、最初はレベル1で照射してみました。
    レベル1だと特に熱さを感じなかったので、レベル4で再挑戦。

    すると、鼻下に一瞬熱さを感じました。痛いというよりは、ビックリ……!
    最初サングラスをつけずに照射してしまい目が痛くなってしまったので、顔脱毛する時はサングラスを忘れずにつけましょう!
    鼻下だけなら1分程度、顔全体なら長くても10分程度で完了するかと思います。

    3.ケノンの効果と使用して感じたメリット・デメリット


    ケノンを使用した直後は、特に何も感じなかったのですが、1週間ほど経ってムダ毛が抜けやすくなっているような気がしました。
    毛をつまんだら、毛根からするんと抜けるような感覚です。

    今までの自己処理では起こらなかったことなので、ケノンでお手入れしたおかげだと思っています。
    もちろん1回やるだけでは、つるつるにはなれないので、繰り返しお手入れしていくつもりです。

    ケノンなら、カートリッジ1個につき何万ショットも打てるので、毛が生えてこなくなるまで徹底的に脱毛できるかと思います。
    今後の経過に関しては、こちらのページで追記していく予定です。

    続いて、実際にケノンを使ってみて感じたメリットとデメリットについて挙げていきます。

    3-1.ケノンを使って感じたメリット

    ケノンを使ってみて「いいな!」と感じたのはこの5つ。

    メリット

  • 照射面積が広くてお手入れが楽
  • 美顔器モード、眉下脱毛モードなど機能が豊富
  • ハンドピースが軽くて持ちやすく、使っていて疲れにくい
  • 出力が細かく調整できるから、痛みを感じる心配が少ない
  • 誤射防止の機能が付いていて安心して使える
  • ケノンは、他の脱毛器を使用していて不満に思っていたお手入れに時間がかかる部分や、痛みの調整がしにくい部分をクリアできていて、とても使い心地の良い脱毛器でした。

    特に、本体ごと持ち上げて照射する必要がないので、長時間使っていても腕が疲れないところに満足しています。

    脱毛サロンで受けられる脱毛と差はなく、本格的なフラッシュ脱毛ができるところも満足しています。
    サロンに行くのが面倒で、自宅で安く・楽に脱毛したい人にはケノンを使うのがおすすめです。

    3-2.ケノンを使って感じたデメリット

    逆にケノンを使ってみて「ここはちょっとな……。」と感じてしまったのはこの3つ。

    デメリット

  • 連続で使用すると、安全装置が作動して数秒間使えなくなる
  • 本体とハンドピースを繋ぐコードが短い
  • 光を何連射か照射すると、本体の熱を下げるために2〜3秒間使えなくなるので少し手間に感じました。
    また、本体とハンドピースを繋いでいるコードが短いので、本体から離れて使うのが難しいところがケノンの弱点だと感じました。

    4.ケノンでお手入れする時の注意点


    ケノンを使ってみて、「ここは注意した方が良いな…。」と感じたポイントを4つ紹介します。

    4-1.上半身を脱毛する時は必ずサングラスを装着する


    ケノンを使う時は、基本的に付属品のサングラスを付けることをおすすめします。

    サングラスを付けずに照射してしまうと、目の疲れを引き起こしてしまいます。
    特に顔は、照射面と目の距離が近いのでサングラス必須です。

    ただし、サングラスをつけると毛が生えている部分が見づらくなってしまう難点もあります。
    面倒ですが見づらいようであれば、サングラスを外しながら照射部分を確認して光を当てていきましょう。

    4-2.使用した直後はカートリッジの照射面に触れない


    使用直後のカートリッジは高熱を帯びているため、うっかり触ってしまうとやけどを引き起こしてしまう可能性があります。

    使用後、カートリッジの取り外しはすぐに行わず、照射面に触れないように交換しましょう。

    4-3.どこを脱毛したのか記録をつける


    ケノンでお手入れを行う時は、あらかじめどこを脱毛するのか記録をつけておくと計画的に脱毛を進めることができます。

    記録表を作成し、ケノンを使用した日付・部位(何回目か)・レベルを書いておきましょう。
    記録表の記入例は、ケノンの取扱説明書29ページ目に記載されています。

    4-4.最低2週間あけてお手入れを行う

    ケノンは、短くても2週間の間隔をあけて使用しましょう。
    お手入れの間隔をあける理由は、毛周期という毛が生え変わるサイクルにより、2週間程度の期間をあけないと脱毛に適した状態の毛が生えてこないからです。

    わざわざサロンに2週間に1回通うのは面倒ですが、ケノンならお店に通う必要はないのでお手入れを続けやすいのではないでしょうか。

    6.まとめ


    今回はケノンを実際に試してみて、個人的に感じた使用感や効果についてレビューしました。

    使用して印象的だったのが、意外と操作が楽で、スピーディーに脱毛できたこと。
    ケノンはサロンよりも安く・楽にお手入れしたい人におすすめのIPL脱毛器だと思いました!気になる人はぜひチェックしてみてください。

    この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
    1. ケノンで美顔に!?シミやニキビ、そばかす、ほうれい線に効果あり?
    2. ケノンで脇を効果的に脱毛する方法|おすすめの照射レベル、回数
    3. ケノンでVIO(ハイジニーナ)脱毛|自宅でアンダーヘアを脱毛する方法

    ケノンの関連記事
    ケノンの料金・口コミ・特徴
    【部位別】ケノンの効果的な使い方
    使用に関する疑問