ワキやビキニゾーンなどの黒ずみは脱毛すると改善するという話を聞きますよね。

ケノンでも黒ずみの改善はできるのでしょうか?

ここではケノンで黒ずみの対策をする場合の使い方や、黒ずんだ場所に使う際の注意点を解説しています。

きっとお悩みを解決するお手伝いが出来ますのでぜひご覧ください。

1.ケノンで黒ずみの改善は可能か


結論から申し上げると、ケノンで脇やビキニゾーン、鼻などの黒ずみの改善が出来ます。

ただ、ケノンで照射する光によって美白が出来るというわけではありません。

なぜケノンを使うと黒ずみが改善できるのか解説していきます。

ケノンで黒ずみに効果がある理由


ケノンを使うと黒ずみが改善する理由は2つあります。

  • ケノンで脱毛を行うことで肌への負担が大幅に減る
  • IPLの光による美肌効果がある

この2つの効果で黒ずみが解消されます。

脇やビキニゾーンの黒ずみは、ほとんどが自己処理と摩擦によって肌がダメージを受けたことが原因です。

肌の防御反応によって黒ずんでしまっているので、脱毛して自己処理の頻度が下がれば自然と元の肌の色に回復していくのです。

保湿もしてあげれば更に改善は早くなります。

小鼻のように毛穴が黒ずんでいる場合は、IPLの美肌効果によって改善が期待できます。

IPLの光には黒ずみの解消・毛穴の引き締め・コラーゲンの生成促進など、高い美肌効果があります。

ケノンはカートリッジを交換することで美顔器としても使えるので、そちらも活用すれば更に自慢できるすっぴんに近づけるはずです。

脇の黒ずみの原因とケノンの活用方法


脇の黒ずみの原因として最も多いのはカミソリによる自己処理のしすぎです。

先ほども少しお話をしましたが、肌はカミソリによるダメージや乾燥によって弱ってくると黒くなってしまいます。

数回程度なら影響はあまりないですが、バリア機能が復活する前にカミソリ処理を繰り返してしまうと徐々に黒ずんできます。

そんな脇の黒ずみに対してケノンを使う場合は、とにかく脇の肌に負担をかけないことを意識しましょう。

脱毛を行うことで自己処理の回数が減るので、脱毛だけでも自然と黒ずみは改善していきます。

摩擦によるダメージも気になる場所なので、出来るだけ締め付けない下着や摩擦のない服を選ぶと更に効果的です。

黒ずみは一度出来てしまうと回復には時間がかかります。

ケノンを使ってもすぐに変化があるわけではありませんが、少しずつ改善するはずですので焦らずに脱毛を続けてください。

鼻の黒ずみの原因とケノンの活用方法


鼻の黒ずみは毛穴に皮脂や汚れが詰まり、黒くなってしまったことが原因です。

メイクを十分に落とせていなかったり、肌のターンオーバーが鈍ることで発生することが多いです。

毛穴が開いてしまっているので汚れが溜まりやすく、いわゆるイチゴ鼻がどんどん悪化してしまう環境になっています。

ケノンを使ってこうした鼻の黒ずみを改善する場合は、美顔カートリッジを付けて美顔器としての使用がオススメです。

毛穴の開きやくすみを改善し、肌にハリと弾力を取り戻す効果があるので、つるつるの小鼻を目指すことが出来ます。

洗顔ブラシを使ったりピーリングも合わせて行えば、黒ずみの改善を実感するのが早くなるでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみの原因とケノンの活用方法


デリケートゾーンは影になりやすい為、なかなか黒ずみに気づけず知らずのうちにひどくなっていることがあります。

デリケートゾーンの黒ずみは脇の黒ずみと同じで、自己処理や摩擦が原因です。

また、蒸れやすいのに乾燥もしやすい場所なので、いつの間にか乾燥して黒ずんでいるということもあります。

ケノンを使えば自己処理の頻度は減っていくので、それに加えて保湿もしっかり行うことで黒ずみが改善しやすくなります。

下着による締め付けも黒ずみを悪化させる要因です。

可能であれば少し余裕のある下着を選んだりストッキングの着用を控えるのも効果があります。

肌がとても弱く炎症も起きやすい場所ですので、脱毛後の保湿は特に念入りに行ってあげましょう。

夏場は非常に蒸れやすく、汗疹やかぶれが発生しやすいので肌の状態を見てケノンを使ってくださいね。

2.ケノンで黒ずみがある部位の脱毛は可能か


日焼けした肌やホクロの上の毛に対しては効果が薄いとされる光脱毛。

ケノンも同じ光脱毛なので、濃い黒ずみが発生していると毛に対する効果は少し落ちてしまうようです。

薄い茶色くらいの黒ずみでしたら効果が大幅に落ちるということはありません。

黒ずみ部分の脱毛に適したカートリッジは?


黒ずんでいる部分の脱毛を行いたい場合は、ケノンの照射レベルを低めにするのがオススメです。

高いレベルで照射すると肌の黒色にまで光が反応して痛みが出てしまい、肌へのダメージも大きいからです。

そのため、脱毛を行う場合は「ストロング以外」のカートリッジがオススメです。

エクストララージとラージは照射面積が違うだけなので、脱毛したい部位に使い易い方を選んでください。

また、お顔などの毛穴の黒ずみに対しては「美顔カートリッジ」を使うようにしましょう。

美顔カートリッジには脱毛効果はありません。

美顔器と同じ効果を得られるのでイチゴ鼻や黒ずみを改善し、弾力のある肌に生まれ変わるのをサポートしてくれます。

黒ずみ部分の脱毛で痛みを感じた場合の対処方法


黒ずんでいる部分はどうしても光が強く反応するので、熱や痛みを感じやすくなってしまいます。

そのような場合は無理して続けずに照射レベルを落として脱毛をするようにしましょう。

低いレベルの照射でも熱や痛みがある場合は、冷却をしっかりと行ってみてください。

冷却ジェルを使っている場合は体温で温まって効果が薄れている可能性があります。

デリケートゾーンのように肌が弱いところに対しては、1ショット毎にクールダウンしてあげると痛みが和らぎます。

3.まとめ


ケノンの口コミを見てみると「黒ずみに対しては効果がない」というような内容をたまに見かけます。

こうした評価のほとんどは「ケノンを使えば黒ずみがすぐに消える」という勘違いから発生しています。

ここで解説したように、ケノンによる黒ずみ改善効果は肌が自然と回復する力を強めるからす。

IPLの光による美肌効果ももちろんありますが、肌そのものの治癒力によるところがとても大きいです。

その為、数回使っただけで効果は出てこず、肌の状態が良くなるのに合わせてゆっくりと色が改善していくと考えてください。

自己処理はケノンを使い続ければどんどん減り、やがてほぼ必要なくなります。

適切なケアをしていればそのころには黒ずみもかなり薄れているはずですので、焦らずにあなた本来の美しい素肌を取り戻してくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. ケノンを使ってみた体験談|本当に効果はあるの?【動画・画像あり】
  2. ケノンで脇を効果的に脱毛する方法|おすすめの照射レベル、回数
  3. ケノンでVIO(ハイジニーナ)脱毛|自宅でアンダーヘアを脱毛する方法

ケノンの関連記事
ケノンの料金・口コミ・特徴
【部位別】ケノンの効果的な使い方
使用に関する疑問