「ケノンを使って脱毛したいけど、ほくろが多いので脱毛できるか不安」
「ほくろがある部分に当てても大丈夫?」

家庭用のフラッシュ脱毛器・ケノンを使う際に、上記のような疑問を持つ方もいるかと思います。

ここでは具体的に、ほくろのある部分にケノンが使えるのかどうかみていきたいと思います。

1.ほくろにケノンの光を当てても大丈夫?


ケノンは基本的にほくろに使うことはできません。口コミで「ほくろにも良い」などと紹介されている場合、その口コミを信じて光を当ててしまわないように注意が必要です。

ほくろが多い体質の方は、ほくろの位置をマークしておいて、その上にテープなどを貼って保護してからフラッシュを当てるようにしましょう。

2.ケノンの光を当てるとほくろが消える?


「ケノンの光を当てるとほくろが消える」という噂がありますが、これはまったくの嘘であり、むしろほくろは隠すべき部分です。

ほくろはフラッシュが反応しやすい黒色をしているため、そこに強い光が当たってしまい、痛みを感じる可能性があります。また威力が強いため、肌を火傷するリスクもあります。

3.ほくろに脱毛の光を当ててはいけない理由


ケノンは家庭用の光脱毛機器なので、エステサロンと同じフラッシュ光線を使って脱毛を行います。フラッシュは黒いメラニン色素によく反応し、その部分の毛根にダメージを与えます。

ほくろはメラニンが固まってできたものなので、黒ければ黒いほどフラッシュが過剰に反応します。ムダ毛以上に強い光が当たってしまうので、結果として火傷などを生じるおそれがあるんですね。

薄いほくろや、黒くなっていない茶色っぽいほくろケノンが使えるのでは、という意見もあります。確かにほくろ部分に生えたムダ毛はとても気になりますね。

しかし、ほくろがダメージを受けると皮膚にもダメージが浸透してしまいますし、火傷のように怪我になってしまうと治すのも大変です。基本的にほくろにケノンは使用できないと考えたほうが良いでしょう。

4.ほくろに照射することで起きるトラブル


ほくろにケノンを直接照射すると、火傷のほかにも肌荒れやシミなどができるおそれがあります。最悪の場合、火傷が痕になって治りにくくなることも。

火傷はひどいものになると、みみず腫れのような火傷痕である「ケロイド」になったり、肌にくっきりと赤みが残ることがあります。

どうしてもほくろが気になる場合は、医療機関で専用のレーザー治療を受けて取り除くことをおすすめします。

5.ほくろを避けてケノンを照射する方法


ほくろの上から直接ケノンを当てることはできませんが、ほくろを避けて照射することはできます。

まず、ほくろを医療用のテープもしくは絆創膏で保護しましょう。ほくろの上に貼り付けるだけで、すぐにケノンを使うことができます。

絆創膏を大きく貼ってしまうと、ほくろではない部分も保護してしまいますので、ほくろの大きさにカットして貼り付けるのがポイントです。

6.まとめ

以上、ケノンの特徴を踏まえたうえで、ほくろとフラッシュ脱毛の関係や、ケノンの正しい使い方についてみていきました。

ケノンに付属している説明書には、ほくろに使わないようにとの記載がされていますから、正しく用法を守って使うようにしましょう。

口コミで「ほくろに使うことができる」と書かれていても、それがすべてではありません。火傷をしたり、皮膚が赤く腫れたりといったトラブルも十分に考えられますので、うっかりほくろの上に照射しないように注意してください。

「ほくろに当てた後は冷やせば大丈夫」という意見もありますが、自己判断での使用はたいへん危険です。

ムダ毛以外の部分には絶対に使用しないようにして、ほくろはしっかりと保護したうえでケノンを使うようにしましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. ケノンを使ってみた体験談|本当に効果はあるの?【動画・画像あり】
  2. ケノンで脇を効果的に脱毛する方法|おすすめの照射レベル、回数
  3. ケノンでVIO(ハイジニーナ)脱毛|自宅でアンダーヘアを脱毛する方法

ケノンの関連記事
ケノンの料金・口コミ・特徴
【部位別】ケノンの効果的な使い方
使用に関する疑問