ケノンには肌を冷やすためのクーリングパック(保冷剤)がついていますが、いちいち冷やしながら光を当てるのが面倒だと感じませんか?

「光を当てる前の冷却は絶対に付属の保冷剤じゃないとダメなの?」
「クーリングでジェルは使っても大丈夫?」

今回は、市販のクーリングジェルの使用は可能なのか、保冷剤とクーリングジェルはどちらの方がケノンに適しているかを解説していきます。

1.ケノンで脱毛する時にクーリングジェルを使用して大丈夫?


リサリサ

ケノンを使う前に、保冷剤じゃなくてジェルを使っても大丈夫ですか?

ツカサツカサ

ええ、ケノンを使って脱毛を行う時に、クーリングジェルを使っても問題ないわ。

実際、お店で行っている脱毛も冷却は保冷剤かジェルのどちらかを使うわ。

リサリサ

好みの方を使ったら良いってことですね。

1-1.クーリングジェルを使用した脱毛のやり方

クーリングジェルを使ってから照射を行う場合もケノンの使い方に大きな違いはありません。

クーリングパックのように事前に冷やしておかなくて良いので、脱毛をしたくなったらすぐにはじめられます。

ケノンでクーリングジェルを使う時の手順

  1. クーリングジェルを適量取り、脱毛をしたい部位に塗り広げる
  2. この時に薄手の手袋とスパチュラがあると手にジェルが付かないので洗いに行く手間を省けます。
    また、スパチュラはジェルを均一に塗る為にも便利です。

  3. ジェルを塗った上からいつものように照射を行う
  4. ジェルが照射口に付着しますが、効果に影響はないのでしっかりと肌に密着させてください。
    ジェルに付いた痕をヒントにしながら照射をしていくと照射漏れが発生しにくいです。

  5. 脱毛がすべて終わったらジェルを洗い流す
  6. ジェルを洗い流すのは最後にまとめてでOKです。
    照射口にもジェルが付いているのでお掃除も一緒に行ってくださいね。

ケノンのおすすめ記事
ケノンを最安値で買う方法、ケノンの脱毛効果、実際にケノンを使った人の口コミ、効果的な使い方などを紹介します。

2.クーリングジェルを使用するメリット


リサリサ

保冷剤の代わりにクーリングジェルを使うことにメリットはあるんでしょうか?

ツカサツカサ

ここからは光を当てる前にジェルを使うメリットを紹介するわ。

2-1.冷えるまでの時間を短縮できる

クーリングパックを使って肌を冷やしながら照射を行う場合は

冷却(5秒〜10秒)→照射→冷却(5秒〜10秒)→照射…

と繰り返していくことになります。

クーリングジェルなら一度にまとめて塗ったあとは続けて照射を行うことが出来ます。

1回の照射ごとの冷却時間を取らなくて良いので、脱毛にかかる時間を短縮することが可能なことが大きなメリットです。

2-2.照射漏れを防げる

クーリングジェルを肌に塗ってからケノンを使うと、押し当てた照射口の痕がジェルに残ります。

これをヒントに隙間なく照射をしていけるので照射漏れを防ぐことが出来ます。

どこまで照射したかわからなくなって二重に照射してしまうという心配もありません。

どこが照射済みか視覚的にわかるようになるというのもクーリングジェルならではの利点です。

2-3.乾燥肌を防止できる


肌は熱に晒されると非常に乾燥しやすくなってしまいます。

ケノンのような光脱毛では肌に熱が伝わって乾燥しやすくなってしまいますが、クーリングジェルを使えばそれを防げます。

脱毛後にカサカサしたり赤みがでるという症状も防ぎやすくなるので、肌が弱い人はクーリングジェルを使うメリットが特に大きいです。

2-4.痛みが軽減される

冷やされた肌は感覚が鈍くなり、痛みに対しても鈍感になります。

その為、高いレベルでの照射を行う際にクーリングジェルで冷やしておくと痛みを軽減でき、苦痛のない脱毛が出来るようになります。

痛みの感じ方に個人差はありますが、クーリングジェルで冷やすことで緩和できます。

特に敏感な部分に照射する時や痛みを感じやすい方は、クーリングジェルを使うと楽に脱毛を行えるようになります。

3.クーリングジェルのデメリット


ツカサツカサ

クーリングジェルを使ったお手入れにはデメリットもあるから確認しておいて。

  • 消耗品なのでなくなる度に購入費がかかる
  • 塗布後に手を洗う必要がある(手袋やスパチュラを使えば不要です)
  • ケノン本体やハンドピースが汚れやすい

購入費がかかる事とジェルが余計なところに付着するという面倒さがデメリットといえます。

ゆっくりと時間を取って脱毛出来るときはクーリングジェルを使い、急いでるときはクーリングパックを利用するというように使い分けると良いでしょう。

4.クーリングジェルを使用するときに気を付けること


カオリカオリ

クーリングジェルを使う時に注意しておきたいことってありますか?

ツカサツカサ

そうね、この3点に気をつけてほしいわ。

・ジェルを冷やす
・照射口のジェルを掃除する
・脱毛後は肌をしっかり保湿する
ツカサツカサ

効果をしっかりと維持して美しい仕上がりを目指すには大切なポイントだから、必ず抑えておいてね。

4-1.ジェルを冷やす

ジェルは必ず冷やしたものを使ってください。
肌を冷やしてからケノンの光を当てることで、光の熱から肌を守ることができます。

冷えていないジェルを使うと、肌が熱による刺激を感じやすくなってしまうため、冷蔵庫で冷やしたジェルを使いましょう。

4-2.照射口のジェルを掃除する


クーリングジェルを塗った上から照射口を肌に密着させるので、必ずジェルが付着します。

放置しているとジェルが固まって照射面を塞いで効果が下がってしまったり、衛生的に問題が出てきます。

硬くなったジェルを取り除くのは厄介なので、使用後はなるべく早めに綿棒やコットンで掃除をしてください。

4-3.脱毛後は肌をしっかり保湿する

クーリングジェルで肌を保護しながらケノンを使った場合でも、脱毛後の保湿は必ず行いましょう。

熱を軽減出来ているので肌へのダメージも少なくなり、乾燥も感じにくくなりますが肌への影響はゼロではありません。

ジェルを洗い流した後はしっかりと保湿し、乾燥し始めるようであれば重ねてローションやミルクを塗ってあげてください。

5.付属のクーリングパックとクーリングジェルの比較


ツカサツカサ

ケノンに付属されているクーリングパックと市販のクーリングジェル。
これらの違いを気になるポイントに絞ってまとめてみたわ。

  • コスト
  • クーリングパック…0円(冷やせば繰り返し使える)
    クーリングジェル…2kgで1,000円前後〜

  • 冷やす時間
  • クーリングパック…冷蔵庫で1時間半〜2時間冷やしてから使う
    クーリングジェル…肌に塗ればすぐに使える

  • 脱毛時の手間
  • クーリングパック…照射毎に5秒〜10秒冷やす必要がある
    クーリングジェル…脱毛部位にまとめて塗布する

  • 脱毛後の脱毛器のお手入れ
  • クーリングパック…特になし(必要であれば冷やしておく)
    クーリングジェル…照射口やハンドピースの掃除が必要

コスト面ではクーリングパックが圧倒的に負担が少ないです。

脱毛にかかる時間と肌への負担の軽さではクーリングジェルに軍配があがります。

肌の状態をみたり、脱毛する箇所や使える時間を考えて使い易い方を選んでみてくださいね。

6.付属のクーリングパックのメリット・デメリット


カオリカオリ

反対に、保冷剤を使ったケノンの自己処理はどうですか?

ツカサツカサ

そうね、クーリングパックにも同じくメリット・デメリットがあるわ。今から解説していくわね。

6-1.クーリングパックのメリット

クーリングパック最大のメリットは、コストなしでずっと使えるという点です。
他にもこのようなメリットがあります。

  • 肌を払い流す必要がない
  • 本体やハンドピースの掃除が不要

という手間の少なさもクーリングパックの利点といえるでしょう。

狭い範囲をぱぱっと脱毛したい場合にはクーリングパックはとても便利です。

6-2.クーリングパックのデメリット

対してデメリットとして挙げられるのは、照射毎に冷やす必要がある点です。
5秒〜10秒の冷却で良いですが、範囲が広くなるとかなり面倒に感じてしまいます。
他には

  • 長く使っていると冷却効果が弱くなってくる
  • 肌を保護することが出来ない

クーリングパックは冷やすだけなので、肌を保護することが出来ないというのがポイントです。

乾燥が気になる場合はクーリングジェルを使った方が肌を守れます。

保冷剤を使ったケノンの使い方についてはこちらのページで詳しく紹介しています。

参考記事
ケノンの使用頻度はどれくらいがベスト?効果を高める使用方法
ケノンのベストな使用頻度、ケノンを毎日使うのがおすすめできない理由、ケノンの効果を高める使用方法について紹介します。

7.まとめ


クーリングパックとクーリングジェルは、同じ肌を冷やす目的の製品でも全く違う性質を持っています。

ケノンはクーリングジェルの使用もOKなので、脱毛する部位や肌の状態に合わせてどちらを使っても問題ありません。

ただ、肌の保護や確実な冷却という面ではクーリングジェルの方が優秀です。

また、視覚的にどこを照射したかわかるというのもクーリングジェルを使う場合の大きなメリットです。

肌の乾燥が気になる人や照射漏れを防ぎたい人はクーリングジェルを使った方が良いでしょう。

指や脇だけのように小さな範囲を短時間で脱毛したい場合はクーリングパックが便利です。

クーリングジェルで肌が荒れるという場合もクーリングパックを使うようにしてくださいね。

どちらで肌を冷やしながら脱毛を行った場合もアフターケアは必ず行ってください。

肌を大切にしながら脱毛を続け、理想の肌を目指しましょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. ケノンを使ってみた体験談|本当に効果はあるの?【動画・画像あり】
  2. ケノンで脇を効果的に脱毛する方法|おすすめの照射レベル、回数
  3. ケノンでVIO(ハイジニーナ)脱毛|自宅でアンダーヘアを脱毛する方法


ケノンの関連記事
ケノンの料金・口コミ・特徴
【部位別】ケノンの効果的な使い方
使用に関する疑問