あなたはケノンとクーリングジェルについて、こんな疑問はありませんか?

  • クーリングジェルを使えるのか?
  • 脱毛効果は減らない?
  • 脱毛のやり方は?

ケノンで脱毛するときは、しっかり冷やすことで痛みやかゆみなどのトラブルを防げます。
保冷剤に比べてクーリングジェルの方がしっかり冷却できそうなので、使えるのであれば使いたいですよね。

今回は、ケノンを使う前にクーリングジェルを使っても大丈夫なのか、使った時のメリットや効果・使い方についてご紹介します。

効果が減らないか心配な方や使い方がいまいちわからない方は、ぜひ参考にしてください。

1.ケノンで脱毛する時にクーリングジェルを使用して大丈夫?


ケノンは基本的にジェル不要で脱毛できますが、しっかり冷やしたいときはクーリングジェルを使っても大丈夫です。
もちろん、ジェルを使ったからといって、脱毛効果が弱くなることもありません

私自身、ケノンを使って脱毛をしているのですが、何度か脱毛をしていてレベル10で照射すると、たまに痛みを感じる場合があります。
とくに、皮膚の角質層が薄い顔や皮膚がやわらかい部分が、じんわりと熱さを感じることが多いです。
また、脱毛する部位によって痛みを感じてしまうこともあるでしょう。

こういったとき、クーリングジェルの使用が便利です。
本来ならケノンに付属されている保冷剤で冷やすのですが、冷却時間もそれなりにかかってしまうので、クーリングジェルを使いたいと思うときがあります。

ケノンを使うとき、必要に応じてクーリングジェルを使うのもひとつの方法ですよ。

1-2.クーリングジェルを使用した脱毛のやり方

ケノン専用のクーリングジェルは販売していません。
ドラッグストアや通販サイトで、光脱毛専用のクーリングジェルがあるので、そちらを用意する必要があります。

クーリングジェルを使う時は、商品の使い方をしっかり確認しておきましょう。

【使い方】

1.クーリングジェルを肌に薄く塗ります。このとき、アイスのヘラのようなものを用意しておくと、塗りやすいですよ。

2.ジェルを塗った上から、ケノンで照射します。

3.照射後は肌についたジェルと照射口についたジェルを拭き取りましょう。

2.クーリングジェルを使用するメリット


ケノンで脱毛する際、付属の保冷剤ではなくクーリングジェルの方がおすすめ!
どんなメリットがあるのか、ご紹介します。

2-1.冷えるまでの時間を短縮できる

最大のメリットは、脱毛部位を冷やす時間が短縮できることです。

ケノンについてくる保冷剤は、「5秒~10秒冷やす→照射→冷やす→照射・・・」と繰り返す必要があります。

クーリングジェルの場合、脱毛したい部位全体に塗り、一気に照射できます。

ジェルを塗るときも時間があまりかからないので、脱毛時間を大幅に短縮できます。
ケノンで全身脱毛したい方は、クーリングジェルで冷やした方がおすすめです。

2-2.照射漏れを防げる

クーリングジェルを塗って脱毛すると照射口の跡が残るため、どこまで照射したかわからなくなる心配を防げます。
二重照射や照射漏れの心配が減るため、脱毛のムラがほとんどありません。

3-3.乾燥肌を防止できる

脱毛後は肌が熱を浴びたことで、乾燥しやすい環境となってしまいます。

しかし、クーリングジェルを塗っている間は、保湿効果などから乾燥肌の心配がありません。
脱毛直後に感じるかゆみなどのトラブルがないので、広範囲の照射もスムーズにおこなえます。

3-4.痛みが軽減される

保冷剤で冷やすのも効果がありますが、冷やしが足りないと痛みを感じてしまう場合があります。

クーリングジェルは均等に冷却してくれるので、保冷剤に比べると痛みを最小限に抑えられます。

3.クーリングジェルを使用するときに気を付けること


ケノンにクーリングジェルを使うとき、気をつけて欲しいポイントが3つあります。

【ポイント1】化粧品の含まれていないジェルを使うこと

ケノンにクーリングジェルを使うときは、必ず化粧品成分が含まれていないものを使いましょう。
こちらについて、ケノン公式サイトでもお伝えしています。

■参考:ケノン公式

調べてみたところ、ドラッグストアなどで販売されているクーリングジェルの多くに、化粧品成分が含まれていました。
ケノンに使うときは、ネット通販から購入するのがおすすめです。

【ポイント2】照射口のジェルを掃除する

脱毛後は必ず照射口に付着したジェルを掃除しましょう。
ジェルが残ったままにしておくと、次に使うときにジェルが固まって脱毛効果が弱くなってしまう可能性があります。

またジェルが固まってしまうと、取り除くのが大変です。
できるだけ使用後すぐに、布巾や綿棒など使って掃除しましょう。

【ポイント3】脱毛後は肌をしっかり保湿する

クーリングジェルを使ってケノンを使うと、いつもより保湿効果が高まります。
保湿力が高いといっても、少なからずお肌にダメージを与えてしまうため、脱毛後はしっかり保湿ケアしましょう。

4.まとめ

ケノンは化粧品成分を含まないクーリングジェルなら、使うことができます。
保冷剤よりも手軽に冷却できて、照射した部分がわかりやすいなどメリットがたくさんあります。
スムーズに脱毛したい方やしっかり冷やしたい方は、ケノンに適したクーリングジェルを用意して、試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. ケノンを使ってみた体験談|本当に効果はあるの?【動画・画像あり】
  2. ケノンで脇を効果的に脱毛する方法|おすすめの照射レベル、回数
  3. ケノンでVIO(ハイジニーナ)脱毛|自宅でアンダーヘアを脱毛する方法

ケノンの関連記事
ケノンの料金・口コミ・特徴
【部位別】ケノンの効果的な使い方
使用に関する疑問