ムダ毛の悩みは女性だけのものではなく、男性にもあるものです。

男性のムダ毛で特に悩みが多いのは、毎朝剃っても目立ったしまう髭や、青髭ではないでしょうか。

こうした男性の髭・青髭を、自宅でも手軽に脱毛できるのが、家庭用脱毛器「ケノン」です。

ケノンにはさまざまなカートリッジがあり、脱毛したいパーツやムダ毛の状態にあわせてカートリッジを交換することで、より適切に脱毛のお手入れをすることができます。

そこで今回は、男性の髭や青髭のお手入れにぴったりなケノンのカートリッジはどれなのか、またケノンの各種カートリッジの特徴について紹介します。

青髭でお悩みの男性や、ケノンでなかなか髭の脱毛ができないと感じている方は、ぜひ参考にしてください。

1.ケノンのカートリッジの違い


まずは、ケノンで使えるカートリッジの違いについて確認していきましょう。

2019年4月現在の最新バージョンである、バージョン7以上のケノンでは、全部で5つのカートリッジを利用できます。

  • ストロング
  • スキンケア
  • ラージ
  • エクストララージ
  • プレミアム

5つのカートリッジについて、それぞれの特徴と主な使い方をまとめました。

ストロングカートリッジの特徴


ストロングカートリッジは、ケノンカートリッジの中でもっとも脱毛パワーのあるカートリッジです。

男性の髭はもちろん、デリケートゾーンなどの太くガンコなムダ毛のお手入れに向いています。

また、照射面がラージやプレミアムと比べてやや狭いため、髭やVラインなど広くない面積のお手入れがしやすいという特徴もあります。

美顔用スキンケアカートリッジの特徴


スキンケアカートリッジは、脱毛用のカートリッジではなく、光美容を目的としたカートリッジです。

エステサロンやクリニックで利用できる光美容を、家庭でも気軽に取り入れられるもので、特に脱毛と同時に美肌も目指したい女性に人気があります。

ラージカートリッジの特徴


ラージカートリッジは、用途や場所を問わずに使いやすいオールマイティなカートリッジです。

広い範囲にも狭い範囲にも使いやすいので、予備のカートリッジとして、また家族で使うときの交換用カートリッジとしても選ばれています。

エクストララージカートリッジの特徴


エクストララージカートリッジは、ケノンシリーズで最大の照射面積を持つカートリッジです。

背中やお腹、太ももなどの面積が広いパーツの脱毛でも、スピーディーに終えることができます。

プレミアムカートリッジの特徴


プレミアムカートリッジは、最新式のケノンで使用できるようになったカートリッジで、最大100万回照射できる長寿命が特徴です。

最大出力のレベル10でも30万回の照射が可能で、全身脱毛をしても1人の使用なら20年は使えるため、カートリッジの買い換えがほとんど必要ありません。

最後に、それぞれのカートリッジの特徴を表でチェックしておきましょう。

種類 照射回数
(発)
照射範囲
(mm)
価格
ストロング 85,714
~1万
15×30 9,800円
スキンケア 20万~
42,857
15×30 6,800円
ラージ 20万~
13,043
20×35 7,700円
エクストラ
ラージ
20万~
1万
25×37 9,800円
プレミアム 100万~
30万
20×35 9,800円
本体同時
購入のみ

2.青髭の脱毛におすすめなのはストロングカートリッジ


それぞれのケノンカートリッジについて紹介しましたが、男性の青髭を脱毛したいときは、ケノンシリーズでも最大の出力で利用できる「ストロングカートリッジ」がおすすめです。

青髭になってしまう男性の髭は、毛が太くて濃く、鼻下やあごに密集しているため、パワーの強いストロングカートリッジが、一番効果を感じやすいでしょう。

また、プレミアムやエクストララージと比べると照射範囲の面積が狭いため、鼻下など髭のお手入れもしやすいという特徴があります。

ストリングカートリッジは、ケノン本体と同時に購入できるほか、レビュー投稿などの特典として無料でプレゼントしていることもあるので、青髭を脱毛したいと考えているときは、公式通販サイトなどで特典を確認してみてくださいね。

3.ストロングカートリッジの使用上の注意


ケノンのストロングカートリッジは、ガンコな青髭にも効果を発揮しやすい分、パワーが強力なため、取り扱いに注意したいポイントがあります。

正しく使用しないと、肌トラブルやヤケドなどの原因となるので、安全に使用するためにもストロングカートリッジの注意点についてしっかり確認しておきましょう。

また、ストロングカートリッジを使って、効果的に青髭の脱毛をする方法も紹介します。

低いレベルから少しずつ上げていく


ストロングカートリッジは、ケノンカートリッジの中でももっとも照射パワーが強いため、いきなり最大レベルの10で照射すると、強い痛みを感じたり、肌トラブルが起こったりする可能性があります。

また、鼻下など青髭の脱毛をする部位は皮膚が薄く、脱毛の痛みが出やすいパーツでもあるので、低いレベルから試して、少しずつレベルを上げるようにしましょう。

冷却をしっかりおこなう


ケノンストロングカートリッジを安全に使うコツは、照射前後の冷却をしっかりとおこなうことです。

照射後だけでなく、照射前にも保冷剤で冷却をすることで、痛みを抑えることができます。

ストロングカートリッジで髭の脱毛をするときは、照射前に5~10秒は冷却するようにし、照射後の冷却もきちんとおこなうようにしてください。

ほくろやシミ、ニキビ、傷や傷跡の照射は避ける


ケノンの光はメラニン色素に反応してしまうため、日焼け肌やほくろのある場所には向いていません。

ストロングカートリッジは出力が強いため、ほくろやシミなどがある場所に照射すると、より強い痛みを感じやすくなってしまいます。

ほくろやシミ、傷跡などがある場所は照射を避けるか、シールを貼るなどして光が当たらないようにしましょう。

肌の保湿を心がける


ケノンで脱毛する場所を普段から保湿しておくと、照射するときの痛みを感じにくくなるほか、脱毛効果も実感しやすくなります。

また肌荒れやニキビを防ぎ、傷跡や日焼けからの回復もしやすいため、脱毛中は意識して保湿することをおすすめします。

毎日使わない


脱毛を急ぐあまり、ケノンを毎日使いたくなるかもしれませんが、髭にも毛周期があり、毎日ケノンを使っても脱毛効果が高まることはありません。

ケノンで推奨しているのは2週間に1回の使用ですので、肌トラブルを防いで効率よく脱毛するためにも、きちんと間隔を空けて脱毛するようにしてください。

手動のシングルショットで脱毛する


ケノンの連射機能は、敏感肌の人向けに照射1回あたりのパワーを抑えて使用できるものです。

連射よりもシングルショットのほうが脱毛パワーは強いので、強い痛みを感じない場合は、できるだけシングルショットで脱毛するようにしましょう。

また、ケノンには自動モードと手動モードがありますが、ストロングは照射パワーが強いため、手動で確実に脱毛部位に照射する方法がおすすめです。

4.まとめ


ケノンを使って青髭を脱毛するときに使いたいカートリッジの種類と、ストロングカートリッジを使うときの注意点について紹介しました。

ケノンで青髭脱毛をするときは、次のようなポイントに気をつけてみてください。

  • ストロングカートリッジを使う
  • 低めのレベルから試す
  • 脱毛前後の冷却をしっかりおこなう
  • 使用の目安は2週間に1回程度

ストロングカートリッジは強力な分、鼻下などの顔に使用すると、痛みや赤みが出やすいことがあります。

しっかり冷却しながら、少しずつレベルを上げ、毛周期にあわせて間隔を空けて使うことで、より効果的に脱毛のお手入れができますよ。

困った青髭を気軽にお手入れしたいとき、ぜひ試してみてくださいね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. ケノンを使ってみた体験談|本当に効果はあるの?【動画・画像あり】
  2. ケノンで脇を効果的に脱毛する方法|おすすめの照射レベル、回数
  3. ケノンでVIO(ハイジニーナ)脱毛|自宅でアンダーヘアを脱毛する方法

ケノンの関連記事
ケノンの料金・口コミ・特徴
【部位別】ケノンの効果的な使い方
使用に関する疑問