こんにちは!ライターのとみえみさとです。
あなたは医療脱毛後の肌トラブルにこんな疑問を持っていませんか?

「医療脱毛ってどんなリスクがある?」
「医療脱毛後に火傷やぶつぶつが出てしまった時はどうする?」

このページでは、医療脱毛でまれに起こる可能性がある肌トラブルの原因や対処法、予防法について紹介していきます。

1.医療脱毛後に起こる可能性があるリスク

リサリサ

医療脱毛は効果が高い分、副作用があるって聞いたことがあるんですけど本当ですか?

ツカサツカサ

そうよ、医療行為には何でもリスクというものがあるの。レーザー脱毛もれっきとした医療行為で、まれに肌トラブルを起こしてしまうリスクがあるわ。

医療脱毛でまれに起こる症状

  • 腫れ
  • 火傷
  • ぶつぶつ(毛嚢炎)
  • 硬毛化
ツカサツカサ

医療脱毛にはこのようなリスクがあるわ。これから、それぞれの症状の原因や対処法について詳しく説明していくわね。

2.医療脱毛後に起きる肌トラブルの原因

リサリサ

医療レーザーで脱毛した後に起こるリスクについて詳しく聞きたいです。

ツカサツカサ

いいわ、これから腫れ・火傷・毛嚢炎・硬毛化の症状や原因について説明するわ。

腫れの症状と原因

医療脱毛は、ムダ毛のメラニン色素に光を反応させて、高熱で毛根を破壊する脱毛法です。
そのため脱毛した後に、腫れて赤みが出ることがあります。
脱毛後の一時的な腫れや赤みは、肌に熱がこもっている状態で、毛根に熱が吸収されたことが原因で起こる正常な反応です。

腫れが悪化してしまうと、かゆみを伴う可能性があるため、氷で冷やすなどして安静にしておきましょう。

火傷の症状と原因

肌の状態やレーザーの出力によっては、まれにやけどをしてしまう可能性があります。

ただし、やけどが心配だからといってレーザーの出力を大きく下げてしまうと十分な脱毛効果を発揮できなくなってしまいます。
やけどを起こさずに永久脱毛効果を得るためには、適切なレベルで施術を行う必要があります。
そこで多くのクリニックでは、以下のような取り組みをすることで安全性と効果の両立を図っています。

  • 脱毛前後に医師による診察
  • 施術者の技術力を高めるトレーニング
  • 高熱を使わない蓄熱式脱毛器を導入する

また最近ではやけどなどの肌トラブルが起きた際には、薬代や治療費が無料になるクリニックも増えてきています。

ぶつぶつ(毛嚢炎)の症状と原因

医療脱毛後の赤いぶつぶつができることがありますが、一時的な炎症によるものが多く、
写真のような程度であれば正常な反応と言えます。
この写真の足は徐々に赤みが引いていき、1時間ほどで元通りの状態になりました。

ツカサツカサ

ただ、ニキビのようなぶつぶつができてしまっている場合は毛嚢炎の可能性があるわ。

カオリカオリ

毛嚢炎?どういうものですか?

ツカサツカサ

脱毛の後に毛穴に雑菌が入ってしまって炎症を起こしている状態よ。毛穴に皮脂が溜まりやすい顔にできることが多いわね。

毛嚢炎の可能性があると思ったら、脱毛した医療機関へ相談してみて。

硬毛化の症状と原因

硬毛化は、脱毛のレーザーによって、かえって毛が固くなったり濃くなったりしてしまう現象です。
特に、顔や背中など薄い毛が生えている部分が硬毛化になりやすいといわれています。

今のところ硬毛化の原因は、はっきり解明されていません。
硬毛化は約1%の確率で起こります。非常にまれですが、起こらない可能性はゼロとは言い切れません。

心配な人は、硬毛化した時に診察や処方をしてくれる保証があるクリニックで脱毛するのがおすすめです。

3.脱毛後に火傷や腫れ、毛嚢炎や硬毛化が起こった時の対処法

リサリサ

脱毛後に肌トラブルが起こった時はどうすればいいんでしょうか?

ツカサツカサ

これから医療脱毛後の肌トラブルが起こった時にどうすれば良いのかを説明するわ。

  1. まずは脱毛したクリニックに相談
  2. 医師による診察
  3. 必要に応じて治療や薬の処方
ツカサツカサ

まずやらなくちゃいけないのは、脱毛したクリニックに連絡することよ。その後、クリニックの医師に肌の状態を診てもらってね。

リサリサ

肌が脱毛によって炎症を起こしていることがわかったら、どんな処置をうけることができるんですか?

ツカサツカサ

腫れや火傷の場合はステロイド軟膏や抗生剤を処方してもらえるわ。硬毛化の場合は治すのが難しいんだけど、一部のクリニックなら硬毛化のリスクが少ない脱毛器に変えてもらうことも可能よ。

リサリサ

クリニックなら、万が一肌トラブルが起きてもしっかり対応してくれそうなので安心しました。

4.脱毛後の肌トラブルを予防する方法

リサリサ

脱毛のリスクは少なくともあることはわかったんですが、リスクを少しでも減らすことはできないんでしょうか?

ツカサツカサ

それは可能よ。今から紹介する方法を試してみてちょうだいね。

  • 肌ダメージが少ない脱毛器で脱毛する
  • 脱毛してすぐは体温を上げる行動をしない
  • 紫外線を避ける
  • 肌を冷却・保湿する
  • 肌を清潔に保つ

肌ダメージが少ない脱毛器で脱毛する

ツカサツカサ

肌へのダメージが少ない脱毛器で脱毛すると、赤みや腫れなどのリスクを減らすことができるわ。
脱毛後の腫れや赤みが心配な人は、メディオスターやIPLレーザーが導入されているクリニックを選んでみてね。

メディオスターと一般的なレーザー脱毛は、以下の点で大きく異なります。

一般的な
レーザー脱毛
メディオスター
ターゲット 毛根 毛根より浅い位置にある
バルジ領域
脱毛法 熱破壊式 蓄熱式
痛み・
肌トラブル
可能性あり 少ない
日焼け肌 不可 可能

特にメディオスターは従来のレーザー脱毛に比べて、腫れや赤みのリスクが低いため、肌が弱い人でも安心して施術を受けられます。
腫れや赤みが心配な人は、以下のクリニックをチェックしておきましょう。

IPLレーザー、メディオスターが導入されているクリニック

脱毛器 薬代・
治療費
おすすめ!湘南美容クリニック IPLレーザー 無料
リゼクリニック メディオスター 無料
クレアクリニック メディオスター 無料
アリシアクリニック メディオスター 無料

※料金は税込で表示しています。

上記のクリニックでは、薬代や治療費も無料なので肌トラブルの際にも安心です。
肌トラブルが心配な人は、体験プランを利用して自分に合ったクリニックを見つけましょう。

脱毛してすぐは体温を上げる行動をしない

脱毛した日は、肌が敏感な状態になっていて、体温が上がると赤みやかゆみを伴う場合があります。

ツカサツカサ

脱毛後は特に下のような行為はしないように気をつけてね。

  • 運動
  • 入浴(シャワーは可)
  • 飲酒

紫外線を避ける

医療脱毛の前は紫外線を避けて、日焼けをしないようにしましょう。
日焼けした肌は、以下の理由で炎症ややけどのリスクが高くなります。

  • 肌表面にメラニン色素が多い
  • 脱毛の光が肌表面に集中しやすい

また、脱毛後の肌も紫外線の影響を受けやすい状態になっています。
脱毛前だけでなく脱毛後も、紫外線対策を徹底するように心掛けましょう。

肌を冷却・保湿する

脱毛による肌ダメージを回復するためには、冷却と保湿が重要です。
なるべく肌の刺激になりにくいクリームやワセリン、軟膏などで保湿を行って、肌の回復力を高めましょう。

脱毛後に肌が熱を持っている時は、氷を巻いたタオルで冷やすと赤みを抑えることができます。

肌を清潔に保つ

毛嚢炎や毛包炎は、毛穴に次のような菌が入ることによって発生します。

  • ブドウ球菌
  • マラセチア(真菌)

脱毛後は一時的に肌のバリア機能が低下して、これらの菌に感染しやすい状態になっています。
肌を刺激しないように、たっぷりの泡で洗浄するようにしましょう。

4.まとめ


医療行為であるレーザー脱毛には以下のようなリスクがあります。

  • 腫れ
  • 火傷
  • 毛嚢炎
  • 硬毛化

まれに起こる肌トラブルが心配な人は、肌へのダメージが少ない脱毛器による施術ができるクリニックで脱毛を始めてみましょう。

IPLレーザー、メディオスターが導入されているクリニック

脱毛器 薬代・
治療費
おすすめ!湘南美容クリニック IPLレーザー 無料
リゼクリニック メディオスター 無料
クレアクリニック メディオスター 無料
アリシアクリニック メディオスター 無料

※料金は税込で表示しています。

この記事を書いた人
とみえみさと
今までに行ったサロン・クリニックは20件以上。豊富な経験と知識でわかりやすくお伝えします。
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 医療脱毛のお試し・体験コースがある安いクリニック一覧
  2. 医療脱毛の料金は?クリニックの値段・平均金額を調査
  3. 医療脱毛の痛みはどのくらい?痛くない医療脱毛は可能なのか

医療脱毛の関連記事
医療脱毛のおすすめと料金情報
医療脱毛を目的別に選ぶ
医療脱毛をもっと詳しく知る