あなたは顔のセルフ脱毛にこんな悩みを持っていませんか?

・どうすれば顔の産毛を安全に処理できる?
・キレイに顔をセルフ脱毛できる方法は?

今回は、顔の産毛を自宅で脱毛する方法と脱毛法別のメリット・デメリット、顔のセルフ脱毛の体験談、顔脱毛がおすすめのサロンについて紹介します。
顔の産毛処理にお悩みの方は必見です。

1.顔のセルフ脱毛法とメリット・デメリット


自宅で簡単にできる顔のセルフ脱毛法には、次の6つの方法があります。

・毛抜き
・除毛クリーム
・抑毛クリーム
・産毛用パック
・ワックス
・糸脱毛

脱毛法別のメリット・デメリットを正しく理解して、ツルツル美肌を目指しましょう。

毛抜きのメリット・デメリット


毛抜きを使った脱毛は、最も手軽で費用がかかりません。
しかし、肌への負担が大きく、埋没毛、毛穴の開き、毛嚢炎、色素沈着などを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

メリット
・ほとんど費用がかからない
・脱毛後1~2週間はツルツルを楽しめる
・生えてきた毛がチクチクしにくい
デメリット
・痛い
・時間がかかる
・埋没毛、毛嚢炎、色素沈着の原因になる
・脱毛の光が反応しなくなる
・また生えてくる

除毛クリームのメリット・デメリット


除毛クリームには、ムダ毛を溶かして毛を取り除く成分が配合されています。
薬剤で毛先を溶かすためツルツルに仕上がりますが、お肌への負担を考えると顔への使用はおすすめできません。

メリット
・薬局などで手軽に手に入る
・1本1,000円前後で比較的安い
・カミソリよりツルツルに仕上がる
デメリット
・肌のたんぱく質を溶かす成分が配合されている
・除毛クリームの成分による肌トラブルが起きやすい
・また生えてくる

顔脱毛クリームのメリット・デメリット


抑毛クリームや抑毛ローションには、ムダ毛が生えるのを抑制する効果があります。
除毛クリームのように直接的にたんぱく質を溶かす成分が配合されていないため、顔に使うこともできます。

メリット
・保湿効果もあり、肌の負担になりにくい
・他の方法と併用すると効果が期待できる
デメリット
・1本あたり3,000円前後の費用がかかる
・抑毛効果を実感するまでに時間がかかる
・また生えてくる

顔脱毛用パックのメリット・デメリット

顔脱毛用のパックは、剥がして産毛を抜き取る仕組みになっています。
毛や毛穴を柔らかくする成分が配合されているため毛抜きよりは肌への負担は少なくなりますが、肌に負担がないわけではありません。

メリット
・安くて薬局などでも手軽に手に入る
・産毛と一緒に毛穴の汚れが取れる
・角質ケアも同時にできる
デメリット
・痛みが強い
・乾燥肌、毛穴の開きの原因になる
・また生えてくる

顔脱毛ワックスのメリット・デメリット


顔脱毛用のワックスには、ハードタイプ・ソフトタイプ・シートタイプ・手作りワックスなどがあります。
ハードワックスは肌への負担が大きいため、洗い流すことができるソフトタイプや手作りワックスがおすすめです。

メリット
・手作りワックスなら砂糖とレモン汁を使って簡単に作れる
・パックと同じく毛穴や角質のケアにもなる
デメリット
・ハードワックスやシートタイプは痛みが強い
・肌が弱い人が使うと肌荒れする可能性がある
・また生えてくる

糸脱毛のメリット・デメリット

糸脱毛は、糸に産毛を絡ませて顔の産毛を処理する方法です。
肌荒れ中の人には、糸が刺激になってしまう可能性があります。

メリット
・準備するものが少なく費用がかからない
・肌表面を傷つける心配が少ない
デメリット
・太いムダ毛は痛みが強く抜けにくい
・慣れるまでは難しい
・プロに任せると料金が高い
・また生えてくる

2.顔のセルフ脱毛の体験談


次に、実際に顔のセルフ脱毛に挑戦した人の成功談・失敗談をまとめました。

2-1.顔のセルフ脱毛の成功談・失敗談

実際に顔のセルフ脱毛を行った人の口コミには、以下のような成功談・失敗談が寄せられていました。

成功談

Dさん

「2,000円前後の糸脱毛専用の道具を購入して、顔のセルフ脱毛を始めました。

太いムダ毛は痛みを感じますが、肌がトーンアップしたので美肌効果もあると思います。

ただ、脱毛効果は一時的です。美肌ケアも兼ねて続けていきたいと思います。」

失敗談

Cさん

「ネットで顔用の除毛クリーム見つけて使ったところ、ムダ毛も落ちてツルツルになりました。

でも、何度か使っているうちに、肌が乾燥しやすくなったので使用を中止しました。

乾燥しやすい肌質の人は要注意です!」

Eさん

「手軽な毛抜きで口周りのムダ毛を抜いていたところ、埋没毛と毛穴の開きが目立ってきたので脱毛シートに替えてみました。
脱毛シートは思ったより痛くて、使用後も赤くなってしまいます。もしかすると、毛抜き以上に肌に負担があるのかもしれません。」

2-2.顔のセルフ脱毛の体験談まとめ

口コミを調査した結果、次のようなことがわかりました。

・顔のセルフ脱毛は難易度が高い
・失敗すると取り返しがつかない肌ダメージがある
・効果が一時的なので続けてケアする必要がある

セルフ脱毛は安いとはいえ、続ける必要があるため総額にするとかなりの費用が必要になります。
これに対して、サロンの顔脱毛は脱毛効果が持続するので、結果的に脱毛にかかる総費用を抑えることができるのです。

また、サロンの顔脱毛は、セルフ脱毛に比べて圧倒的にリスクが低く安心です。
セルフ脱毛で肌を傷つけてしまう前に、サロンでの顔脱毛を選んでツルツルな美肌を目指しましょう。

3.顔脱毛がおすすめのサロン3選


顔脱毛のキャンペーンがあるおすすめのサロンを3つ紹介します。

顔脱毛のキャンペーンがあるサロン一覧

回数 価格 1回あたり
ジェイエステ 2回 5,000円 2,500円
エピレ 2回 6,000円 3,000円
ディオーネ 1回 3,240円 3,240円

※価格は税込で表記しています。

それでは、詳しいキャンペーン内容とおすすめの理由を順に紹介します。

ジェイエステ

キャンペーン フェイス6プラン
料金 5,000円
回数 2回
範囲 顔全体
ジェイエステでは、5,000円で2回分の顔脱毛を体験できます。
ジェイエステの特徴
・顔脱毛1回あたりの料金が最安値
・2回分試せるから効果がわかりやすい
・無料で1回分のフェイシャルエステを体験できる
こんな人におすすめ!
・とにかく安く顔脱毛を試してみたい人
・顔脱毛後のフェイシャルエステで美肌を手に入れたい人
最安値で顔脱毛を試せるジェイエステ

エピレ

利用キャンペーン フェイス・5脱毛
料金 6,000円
回数 2回
範囲 顔全体
エピレでは、6,000円で2回分の顔脱毛をお試しできます。
エピレの特徴
・TBCの技術力を引き継いでいる
・2回分試せるから効果を実感しやすい
・効果が出なくても安心の全額返金保証付き
こんな人におすすめ!
・技術力が高いサロンに顔脱毛を任せたい人
・返金保証付きのサロンで安心して顔脱毛したい人
全額返金保証付きで安心のエピレ

ディオーネ

利用キャンペーン うるツヤ美顔脱毛
料金 3,240円
回数 1回
範囲 顔全体
ディオーネでは、3,240円で美肌効果が高い独自の脱毛法による顔脱毛を体験できます。
ディオーネの特徴
・痛くない独自の脱毛法を採用している
・脱毛の光にフォト美顔の光が3割含まれている
・シミやニキビがある箇所、敏感肌でも脱毛できる
こんな人におすすめ!
・顔脱毛と同時に美肌効果を実感したい人
・肌トラブルの心配なく顔脱毛したい人
敏感肌でも安心のディオーネ

4.まとめ

自宅で簡単にできる顔のセルフ脱毛法には、クリームやパック、ワックス、糸、毛抜きなどの様々な方法があります。
しかし、これらのセルフ脱毛法は、どの方法でも肌トラブルのリスクが高いため、サロンに任せた方が安心です。

まずは、キャンペーンを利用して、安く顔脱毛を体験してみましょう。
顔脱毛のキャンペーンがあるサロン一覧

回数 価格 1回あたり
ジェイエステ 2回 5,000円 2,500円
エピレ 2回 6,000円 3,000円
ディオーネ 1回 3,240円 3,240円

※価格は税込で表記しています。

今月の医療脱毛キャンペーン情報
今月の脱毛サロンキャンペーン情報

顔脱毛の関連記事
顔脱毛のおすすめと料金情報
顔脱毛を目的別に選ぶ
顔脱毛をもっと詳しく知る