「顔脱毛の当日はすっぴんで行かなければならないの?」と気になっている人も多いですよね。
さらに顔脱毛の後にもメイクができないとなれば、顔脱毛当日の予定はすべてノーメイクで過ごすことになってしまうため、大問題ですよね。

でも実際には、顔脱毛当日でもメイクOKのサロンがほとんどなので安心してくださいね。
ただ、クレンジングの対応などについてはサロンによっても違っています。

そこで今回は、脱毛当日のメイクとサロン別のクレンジング対応、脱毛後のメイクとスキンケアのポイントなどについて詳しくご紹介していきます。
安心して顔脱毛を始めるためにも、顔脱毛当日のメイクに関する気になる疑問をすべて解消してしまいましょう!

1.顔脱毛当日のメイクとサロン別のクレンジング対応

まずは、顔脱毛の当日にメイクをしたままサロンに行ってもいいのかという疑問とサロンでのクレンジング対応について、詳しくご説明していきます。

1-1.顔脱毛当日のメイク

顔脱毛当日でもサロンに行くまでのメイクは基本的にはOKですが、施術前には必ずメイクを落としてから施術をすることになっています。

1-1-1.顔脱毛当日でもサロンに行くまではメイクOK!

脱毛サロンにはメイクルームが完備されているため、顔脱毛当日にメイクをしたままサロンに行っても施術前までにメイクを落とすことができれば問題ありません。
ただし、あまり濃いメイクをして行くとクレンジングの際に肌に負担をかけてしまうので、当日はできるだけ落ちやすい軽めのメイクを心掛けましょう。

また、メイクルームにクレンジングが置いてあるサロンも多いですが、クレンジングが肌に合わないと脱毛前に肌に余計な負担をかけてしまうことになります。
クレンジングで肌荒れをしたことがある人は、必ず普段使っているクレンジングを持参するようにしましょう。

1-2-1.顔脱毛の前にメイクを落としてから施術を行う理由

顔脱毛の前には、どのサロンでも必ずメイクを落としてから施術を行います。
これは、メイクで肌表面が覆われていると脱毛の光が毛根や発毛因子などに届きにくくなってしまい脱毛の効果を実感しにくくなる可能性があるからです。

また、メイクや日焼け止めの成分に脱毛に使われる光が集中すると、火傷や色素沈着を起こしてしまう危険性もあります。
これらの肌トラブルを防ぐためにも、顔脱毛の前にはどのサロンでもメイクを落としてから施術を行うことになっています。

1-2.施術範囲やサロンによって違う!顔脱毛当日のクレンジング対応

施術の範囲によっては顔全体のメイクを落とさなくても、施術部分のメイクだけを落とせばOKというサロンもあります。
また、自分でクレンジングをする必要があるサロンもあれば、施術の一環としてクレンジングをしてもらえるサロンもあります。

1-2-1.口周りだけの顔脱毛ならアイメイクは落とさなくてもOKなサロンも

顔全体ではなく鼻下やあごなどのように部分的に脱毛をする場合、ミュゼではアイメイクは落とさなくても良いことになっています。
一方ジェイエステでは、「口周りだけ」の部分脱毛でも、施術しない部分も含めて顔全体のメイクを落とす必要があります。

このように部分脱毛の場合、どこまでのメイクを落とす必要があるかはサロンによって違います。
部分脱毛を考えている人は、カウンセリングの際にクレンジングが必要な範囲についても確認しておくようにしましょう。

1-2-2.サロン別!顔脱毛当日のクレンジング対応

各サロンの顔脱毛当日のクレンジング対応は、次のようになっています。

【ディオーネ】
ディオーネでは、施術前のシェービングの際にクレンジングをしてもらえるシステムになっています。
クレンジング後には、強酸性水で殺菌・消毒をしてから施術をしてもらえるので、メイクをしたまま行っても安心です。

【エピレ・TBC】
エピレでは、シェービングサービスがないので、1~3日前までに自分でシェービングをしておく必要があります。
また、サロンでのメイク落としも施術前に各自ですることになっています。

【ジェエステ】
ジェイエステでもメイクルームを使って各自でクレンジングをすることになっています。
また、ジェイエステでは、「口周りだけ」のような部分脱毛でも、施術部分だけでなく顔全体のメイクを落とす必要があります。

【ミュゼ】
ミュゼでは施術前にクレンジングをしてもらうことができます。
また、ミュゼの顔脱毛は顔全体ではなく鼻下とあごだけが施術範囲になっていて、アイメイクを落とさなくても大丈夫です。

【脱毛ラボ】
脱毛ラボでは施術前にクレンジングをしてもらうことができます。
また、脱毛ラボでの顔脱毛の範囲は、鼻下、あご、もみあげの3ヶ所となっていて、アイメイクを落とす必要はありません。

【銀座カラー】
銀座カラーでは施術前にクレンジングをしてもらうことができます。
また、目元(眉頭からほお骨頂点まで)はクレンジングされることがないので、アイメイクを落としたくない人にも安心です。

スタッフにクレンジングをしてもらえるサロンが多いですが、早めに行ってメイクルームでクレンジングを済ませておくことも可能です。
クレンジングを済ませておくとスムーズに施術を始めることができるので、時短にもなります。

2.脱毛後のメイクとスキンケアのポイント

脱毛後には一時的に肌が敏感な状態になるため、いつもよりメイクやスキンケアに気を配る必要があります。
脱毛後のメイクとスキンケアのコツをつかんで、ツルツル美肌を目指しましょう。

2-1.顔脱毛後のメイクも基本的にはOK!

顔脱毛後のメイクが禁止されているサロンはほとんどありません。
ただし、施術直後は特に肌が敏感になっているため、すぐにメイクに取り掛からずに10~15分程度は保湿を中心としたスキンケアをしながら様子をみて、落ち着いてからメイクをするようにしましょう。

また、脱毛後にノーメイクで帰宅すると、紫外線の影響で肌の乾燥を悪化させてしまうため、日焼け止めは必ず持って行くようにしましょう。
日焼け止めを塗る際に肌を擦って刺激を起こしてしまう心配がある人には、UV効果があるパウダーがおすすめです。

2-2.顔脱毛後のスキンケアの4つのポイント

顔脱毛後には、次の4つに注意してスキンケアを行うようにしましょう。

①顔脱毛後の冷却は適度に!
レーザーや光脱毛は、高熱で毛根を破壊して脱毛効果を高める方法です。
熱がこもり過ぎるのを防ぐために施術後には保冷剤などを使って冷やすのですが、長時間冷やし過ぎてしまうと脱毛の効果が出にくくなってしまうので注意が必要です。

ディオーネのハイパースキン法だけは、高熱を使わずに毛の種に働きかけて発毛を抑制する方法なので、冷却の必要がありません。
高熱を使わないハイパースキン法なら肌ダメージがなく、施術後にも安心してメイクをすることができます。

②刺激にならないコスメを使ってたっぷり保湿をする
脱毛後の肌は、脱毛時の熱によって肌内部の水分が奪われて乾燥しやすい状態になっているため、たっぷり保湿をすることが大切です。
ただし、アルコールやピーリング作用のあるコスメを使うと余計に乾燥を悪化させてしまうことがあります。

③刺激の少ない日焼け止めで紫外線から肌を守る
脱毛後の肌は外部からの刺激を受けやすい状態になっているため、必ず日焼け止めを使って紫外線から肌を守りましょう。
また、日焼け止めもお湯で落とせるタイプを選ぶと、肌に負担がかからず安心です。

④自己処理が必要な時は電気シェーバーを使う
顔脱毛は、完了までに10回以上かかる人がほとんどなので、初めのうちは自己処理が必要なこともあります。
自己処理をする際には、肌に負担をかける可能性が低い電気シェーバーを使うのがおすすめです。

3.まとめ

顔脱毛の当日のメイクについて調査した結果、ほとんどのサロンで脱毛前も脱毛後もメイクがOKだということがわかりました。
ただし、部分脱毛の場合に顔全体のクレンジングが必要かどうかについては、サロンや脱毛する範囲によって違います。

まずは、顔脱毛のキャンペーンを活用して、サロンごとの違いや脱毛効果を自分の目でチェックしてみてくださいね!

おすすめの関連記事

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみて下さい。

顔脱毛の体験をお試しできる安いサロンのキャンペーン特集

顔脱毛の安いサロン、あなたはどんなサロンをお探しですか? ・顔脱毛を格安で体験できるサロン ・安くキ・・・

顔脱毛のおすすめランキング!口コミで人気のサロン8社を比較

顔脱毛が人気のサロン、あなたはどんなサロンをお探しですか? ・格安で顔脱毛を体験できるサロン ・シミ・・・

顔を医療レーザーで脱毛できるおすすめクリニック6選

早くて効果も高い医療レーザーで顔の脱毛をしたいけれど、「どのクリニックを選べばいい?レーザー脱毛を顔・・・

顔の脱毛は何回で終了する?光脱毛、医療脱毛の回数・期間と効果の関係

あなたは顔脱毛の効果や完了までの回数について、こんな悩みを持っていませんか? ・顔脱毛に通っているけ・・・