「市販で買える脱毛器を買いたいけれど、どれを選べばいいのかわかならい・・・」
「脱毛器を選ぶ基準がわからない・・・」
など、自宅で使える脱毛器選びに迷っている人も多いですよね。

実は市販で買える脱毛器には、一時的な脱毛効果しか得られないものもあれば、脱毛効果を持続することができるタイプもあり、種類によって効果に大きな違いがあります。
そこでこのページでは、市販で買える脱毛器の種類や脱毛器選びのポイント、おすすめの脱毛器などについて、詳しくご紹介していきます。

まずは、市販で買える脱毛器選びのコツを理解して、自分にぴったりの脱毛器を見つけましょう。

1.市販で買える脱毛器の種類


市販で購入できる家庭用脱毛器は、脱毛方式によって5種類に分類することができますが、このうち脱毛効果を維持できるのは2種類だけです。
「思っていた脱毛効果がなかった!」と後悔しないためにも、まずは市販で買える脱毛器の種類とそれぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

1-1.市販で買える5種類の脱毛器とそれぞれのメリット・デメリット

大手家電量販店や通信販売などで購入することができる家庭用脱毛器の種類とそれぞれの特徴をまとめると、以下のようになります。

脱毛方式 剃るタイプ 焼く切るタイプ 抜くタイプ 光脱毛 レーザー脱毛
価格帯 1,000円~2,000円 10,000円~30,000円 4,000円~8,000円 25,000円~100,000円 36,800円~54,800円
脱毛器の仕組み カミソリと同じ仕組みで肌表面のムダ毛を剃るシェーバー 熱線でムダ毛を瞬時にカットする方法(サーミコン式) 回転ディスクでムダ毛をつかんで根元から抜く メラニンに反応する光(IPL)を照射して毛根にダメージを与える レーザーの光で毛根に強いダメージを与える
メリット 価格が安い。カミソリよりは肌荒れの心配が少ない。 痛みが少ない。熱線で焼き切った毛先は丸くなるので、チクチクにくい 毛根から抜くので次にムダ毛が生えてくるまでの期間が長い。 レーザー脱毛に比べて痛みや肌トラブルの心配が少ない。脱毛を繰り返すと徐々にお手入れの回数が減る。 光脱毛よりは痛みが強いが、脱毛効果が高い。
デメリット すぐに生えてくる。 シェーバーと同じく、すぐに生えてくる。 痛みがある。毛穴にダメージを与えて埋没毛になりますい。 抜けるまでに1~2週間かかる。事前にシェーバーを使ったムダ毛処理が必要。 抜けるまでに1~2週間かかる。事前にシェーバーを使ったムダ毛処理が必要。
脱毛効果の持続期間 かなり短い(1週間に2~3回がお手入れ) かなり短い(1週間に2~3回がお手入れ) 1~2週間 15~20回繰り返せば、ほとんどムダ毛が気にならなくなる 3回(6週間)の使用終了後87%がムダ毛が気にならなくなったという臨床試験の結果あり。
脱毛器の一例 パナソニック「サラシェ」ブラウン除毛器「シルク&スムーズ」 ノーノーヘア パナソニック「ソイエ」 ケノン レイボーテ LAVIE ヒカリエピ ツーピーエス センスエピ エピナード Lumea(ルメア) トリア

市販で買える家庭用脱毛器は、①剃るタイプ②焼く切るタイプ③抜くタイプ④光脱毛⑤レーザー脱毛の5つの種類に分類することができます。
①~③は比較的価格が安いのが魅力ですが、一時的な効果しかありません。

④の光脱毛タイプの脱毛器は、脱毛サロンで使われているIPL脱毛と呼ばれる脱毛方式です。
痛みが少ないことや肌トラブルのリスクが低いことなどが人気の理由になっています。

⑤のレーザー脱毛タイプの脱毛器は、医療機関で使用されているレーザー脱毛を家庭で安全に行えるのが魅力です。
また、トリアは安全性だけでなく、脱毛効果の高さも臨床試験でもきちんと立証されています。

つまり、脱毛を繰り返すことでお手入れの回数が徐々に減り、ほとんどムダ毛が気にならなくなるという脱毛効果を実感するためには、④光脱毛と⑤レーザー脱毛の脱毛器を選ぶ必要があるのです。

1-2.ヤマダ電機で買える脱毛器は4種類だけ

脱毛器は電化製品なので、ヤマダ電機などの大手家電量販店でも販売されています。
しかし、ヤマダ電機で販売されている脱毛器の種類を調べてみると、5種類のうち①~④の4種類だけしか販売されていないということがわかりました。

また、④の光脱毛タイプの脱毛器の中で最も人気が高い「ケノン」がヤマダ電機を含む大手家電量販店で販売していないのには、次のような理由があります。

・偽物が出回るのを防ぐ
・自社販売することで中間コストや広告費などを削減する

このような企業努力のおかげで、ケノンは口コミでも「安くて効果が高い脱毛器」として人気を集めているのです。

家庭用脱毛器は、トリアやケノンのように大手家電量販店では取り扱いされていないものも多数あります。
市販の脱毛器を選ぶ際には、家電量販店で販売されていない脱毛器も含めて検討するようにしましょう。

2.市販で買える脱毛器の選び方の5つのポイント


では次に、市販で買える脱毛器を選ぶ際にチェックしておきたい5つのポイントをご紹介します。

①脱毛効果を期待できる光脱毛・レーザー脱毛タイプを選ぶ

抜くタイプ・剃るタイプ・光で焼き切るタイプの脱毛器は、一時的な除毛効果しかありません。
これに対して光脱毛やレーザー脱毛は、繰り返し使うことで自己処理が不要になっていきます。

最も脱毛効果が高いのは、家庭用脱毛器の中で唯一レーザー脱毛をすることができる「トリア」です。
トリアの効果は、実際に行われた次の臨床試験の結果から知ることができます。

臨床試験では、79人を対象に6週間(3回)トリアを使用したところ、1ヶ月後に87%(69人)がお手入れ前に比べてムダ毛が気にならなくなったと答えています。
ただし、トリアは高い効果を実感できる反面、痛みを感じる人もいるようです。
痛みが苦手な人は、光脱毛の中でも効果が高いことで人気の「ケノン」を選ぶのがおすすめです。

②出力を細かく調整できる脱毛器を選ぶ

脱毛器は高い出力で照射ができなければ、効果を実感することができません。
しかし、初めて脱毛する箇所は毛根がしっかりしているため、あまり強いレベルで照射をすると強い痛みを感じてしまいます。

そのため脱毛サロンでも、初めは弱いレベルで様子を見ながら脱毛を行い、慣れてくれば徐々に出力レベルを上げるという方法で施術を行います。
家庭用脱毛器にも出力を調整する機能が付いていますが、脱毛器によって調節できる段階が違っています。

各脱毛器の出力調整機能は、以下のようになっています。

ケノン 10段階
レイボーテ グランデ 10段階
エピナード 10段階
ツーピーエス 8段階
LAVIE 7段階
トリア 5段階
センスエピ 5段階
Lumea(ルメア) 5段階
ヒカリエピ 2段階

最も細かい設定ができるのは、10段階の出力調整機能が付いている「ケノン」、「レイボーテ グランデ」、「エピナード」の3つです。
肌が弱い人や痛みが苦手な人は、出力を細かく調整できる脱毛器を選んでおくと安心です。

③安全性が高い脱毛器を選ぶ

光脱毛やレーザー脱毛は、高熱で毛根にダメージを与える脱毛法です。
ヤケドなどのリスクがないとは言えませんから、できるだけ高品質で信頼できる脱毛器を選ぶようにしましょう。

特に日本製の脱毛器は、品質が高く日本人の肌質に合うように作られているため、安心です。
各脱毛器の原産国をまとめると、以下のようになりました。

ケノン 日本
レイボーテ グランデ 日本
エピナード 日本
LAVIE 日本
ヒカリエピ 日本
トリア アメリカ(FDAの認証取得済み)
ツーピーエス 韓国
センスエピ イスラエル
Lumea(ルメア) イスラエル

今回調査した中で日本製の脱毛器は、ケノン、レイボーテ、エピナード、LAVIE、ヒカリエピの5つでした。

また、アメリカのFDAは日本の厚生労働省にあたる機関です。
FDAの認証を受けているトリアも、安全性が高く安心して使える脱毛器だということができます。

④保証内容をチェックして選ぶ

一般的には光脱毛よりもレーザー脱毛の方が脱毛効果は高いとされています。
しかし、脱毛の効果は、肌質や毛質によっても違うため、実際に試してから判断するのが一番です。

そこでおすすめなのが、30日間返金保証が付いている脱毛器です。
返金保証が付いている脱毛器なら、30日間試しに使ってみて効果を感じられなければ返品することができるのです。

この制度を利用すれば、「効果があるかどうか心配・・・」という人も安心ですね。
そこで次は、各脱毛器の保証制度についてまとめてみました。

トリア 2年(30日間返金保証付き)
エピナード 1年(30日間返金保証付き)
Lumea(ルメア) 2年
ケノン 1年間保証(有料で5年保証に延長可)
LAVIE 1年(新商品に変更されて30日間返金保証制度がなくなった)
レイボーテ グランデ 1年
ヒカリエピ 1年
ツーピーエス 1年
センスエピ 1年

2017年6月現在で、30日間返金保証が付いている脱毛器は、トリアとエピナードの2種類だけでした。
LAVIEは旧製品で、Lumea(ルメア)は以前期間限定で30日間返金保証が付いていたものの、どちらも現在は終了しています。

脱毛効果を試してみたいという人は、30日間返金保証が付いている「トリア」か「エピナード」を使って脱毛効果を体験しましょう。

⑤コスパもチェック!脱毛できる回数が多い脱毛器を選ぶ

脱毛器のコスパは、本体価格+ショット単価で決まります。
各脱毛器の本体価格とショット単価、カートリッジの有無は、以下のようになっています。

本体価格 ショット単価 カートリッジのあり・なし
センスエピX 32,184円 0.09円 使い切り型
ヒカリエピプロ 40,824円 3.2円 交換式
LAVIE 42,984円 0.61円 交換式
ツーピーエス 49,800円 0.05円 交換式
トリア 54,800円 0.08円 バッテリー充電式(最大500回)
エピナード 59,000円 4円 交換式
Lumea(ルメア)アドバンス 60,350円 0.24円 使い切り型
ケノン 69,800円 0.59円 交換式
レイボーテ グランデ 116,640円 0.05円 交換式

エピナードは1本6,000円のカートリッジ1個に付き1,500発なのでショット単価は約4円と高めです。
ケノンとエピナードを比較すると、本体価格はエピナードの方が約1万円安くなっていますが、エピナードはランニングコストが高く、複数回脱毛するならケノンの方が結果的に安くなる計算になります。

また、ケノンは本体を公式サイトから購入すれば、4個分のカートリッジが無料で付いてくるため、1人で使うなら追加のカートリッジはほとんど必要ありません。
このように脱毛器を選ぶ際には、本体価格だけでなく、ランキングコストも含めて脱毛にかかる費用を計算するようにしましょう。

また、カートリッジの交換ができない使い切り型の脱毛器は、使い終わると本体を交換する必要があります。
複数の部位を脱毛したい人や家族で使う予定の人には、カートリッジを交換できるタイプの脱毛器がおすすめです。

3.市販で買えるおすすめの脱毛器ランキング


以上の5つのポイントを踏まえて、市販で買えるおすすめの脱毛器をランキング形式でご紹介していきます。

1位 トリア

脱毛方式 レーザー脱毛
出力調整機能 5段階
安全性 アメリカのFDAの認証取得済み
保証制度 30日間返金保証付き
コスパ バッテリー充電式(最大500回)

トリアは、ダイオードレーザーの技術を開発したレーザーの専門家によって開発された家庭用脱毛器です。
レーザー脱毛ならではの脱毛効果の高さは、臨床試験でも立証済みです。

また、トリアには30日間の返金保証が付いているため、リスクなしで脱毛効果を体験できます。
まずは、返金保証を受けられる公式サイトから本体を購入して、レーザー脱毛の効果を試してみてくださいね。

2位 ケノン

脱毛方式 光脱毛
出力調整機能 10段階
安全性 日本製
保証制度 1年間保証(有料で5年保証に延長可)
コスパ 本体を公式サイトから購入で4個分のカートリッジを無料でプレゼント

ケノンは痛みが少ない光脱毛ができる家庭用脱毛器です。
出力調整機能も10段階と充実しているため、肌が弱い人や痛みが苦手な人でも安心して使ってみることができます。

また、今なら本体を公式サイトから購入すれば、4個分のカートリッジが無料で付いてきます。
ランニングコストをかけずに脱毛できるので、追加費用の心配も不要です!

3位 エピナード

脱毛方式 光脱毛
出力調整機能 10段階
安全性 日本製
保証制度 30日間返金保証付き
コスパ 定期購入にすれば初回購入価格が9,800円!

エピナードは定期購入を選択すれば、初回9,800円で日本製の高品質な脱毛器を手に入れることができます。
また、30日間返金保証が付いているため、効果がない時にも安心です。

光脱毛の効果を試してみたい人や支払いやすい価格で市販の脱毛器を手に入れたい人におすすめです。

4位 LAVIE

脱毛方式 光脱毛
出力調整機能 7段階
安全性 日本製
保証制度 1年
コスパ 本体価格、ショット単価ともに割安

日本製の高品質な脱毛器なのにも関わらず、本体価格やショット単価がどちらも比較的安めに設定されているのが魅力の脱毛器です。
新モデルにバージョンアップし「30日間返金保証」がなくなったのは残念ですが、照射面積が6㎠から7.4㎠に広くなり、広範囲を素早く脱毛できるようになりました。

今なら、公式サイトでLINEの友達追加で、通常6,000円の美容ジェルがもらえるキャンペーン中です。
気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

5位 レイボーテ グランデ

脱毛方式 光脱毛
出力調整機能 10段階
安全性 日本製
保証制度 1年
コスパ 上位機種なので本体価格は高いが、ショット単価が安い

レイボーテグランデは、レイボーテシリーズの最上位機種です。
ワンショットで12㎠も照射できるため、スムーズに脱毛を進めることができます。

また、業界初のクール機能が搭載されているため、保冷剤での冷却が不要です。
広範囲を効率よく脱毛したい人や保冷剤で冷やしながらの脱毛が面倒な人におすすめの脱毛器です。

4.まとめ

大手家電量販店で買える市販の脱毛器は、購入する前に試してみることができないのが難点です。
しかし、トリアやエピナードのように「30日間返金保証」が付いている脱毛器なら、実際に使ってみて効果があるかどうかを判断することができます。

30日間返金保証は、以前は「LAVIE」や「Lumea(ルメア)」にも付いていましたが、機種や期間が限定で終了してしまいました。
トリアやエピナードを「30日間返金保証」制度もいつ終了するかわかりません。気になる人は、早めに試しておくのがおすすめです。