あなたは脱毛の仕組みについてこんな疑問はありませんか?

・光脱毛の仕組みって?
・レーザー脱毛の仕組みって?
・サロンとクリニックはどっちがおすすめ?

今回は、光脱毛とレーザー脱毛の仕組みと特徴、サロンとクリニックの違い、脱毛を始めるのにベストな時期について紹介します。
脱毛の仕組みを理解して、脱毛に関する不安をすべて解消してしまいましょう。

1.光脱毛の仕組みと特徴

まずは、4種類の光脱毛とそれぞれの脱毛の仕組みについて紹介します。

1-1.光脱毛の種類と特徴

光脱毛には、4種類の脱毛方式があります。
各脱毛方式の特徴は、以下のようになっています。

光脱毛の種類と特徴

痛み 太い毛の脱毛効果 産毛の
脱毛効果
IPL方式 軽い痛みあり 高い あり
S.S.C方式 ジェルで痛み軽減 あり あり
ハイパースキン法 痛くない 普通 高い
SHR方式 痛くない 普通 高い

痛みが少なく産毛への効果が高いのは、ハイパースキン法とSHR方式です。
対して、太くて濃いムダ毛にはIPL方式が高い効果を発揮します。

しっかり効果を実感するためにも、肌質・毛質に合った脱毛法が導入されているサロンを選びましょう。

1-2.4種類の光脱毛の仕組み

それでは、各脱毛方式の詳しい仕組みやメリット・デメリット、導入されているサロンを紹介していきます。

IPL方式


IPL方式は、ムダ毛のメラニン色素に脱毛の光を反応させて、毛根にダメージを与える脱毛法です。
最も多くのサロンが採用している脱毛法なので、脱毛の症例数も多い脱毛法になります。

IPL脱毛が効果的な時期と通うペース

脱毛効果がある時期 成長期
通うペース 2~3ヶ月に1回
メリット
・太くて濃いムダ毛に効果が高い
・脱毛実績が豊富で導入しているサロン数が多い
デメリット
・輪ゴムで弾いた程度の痛みを感じる人もいる
・日焼けした肌の脱毛ができない
IPL方式を導入しているサロン

S.S.C方式


S.S.C方式は、ジェルと光の相乗効果で脱毛効果を高める脱毛法です。
ジェルには脱毛効果だけではなく、高い美肌効果も期待できます。

S.S.C脱毛が効果的な時期と通うペース

脱毛効果がある時期 成長期
通うペース 最短2週間に1回
2~3ヶ月に1回のサロンもあり
メリット
・産毛への効果も期待できる
・ジェルがクッションになり痛みが軽減される
・ジェルによる美肌効果を期待できる
デメリット
・必ずジェルを塗る必要がある
・日焼けした肌の脱毛ができない
S.S.C方式を導入しているサロン

ハイパースキン法


画像引用元:カレン

ハイパースキン法は、毛根ではなく毛の種になる発毛因子に特殊な光を当てて発毛を抑制する脱毛法です。
高熱を使わずに脱毛できるため、痛みや肌トラブルの心配なく脱毛することができます。

ハイパースキン脱毛が効果的な時期と通うペース

脱毛効果がある時期 休止期
通うペース 最短2週間に1回
通常3~4週間に1回
メリット
・痛みの心配がない
・フォト美顔の光が約3割も含まれている
・月1回のペースで脱毛ができる
・日焼けした肌、敏感肌でも安心して脱毛できる
デメリット
・導入しているサロンがディオーネだけ
・顔脱毛以外の料金が高め
ハイパースキン法を導入しているサロン

SHR方式


SHR方式は、毛包全体に連続して熱を加えて、ムダ毛の再生を抑える蓄熱式の脱毛法です。
肌に優しい光を使用するため、毛周期に関係なく脱毛することができます。

SHR脱毛が効果的な時期と通うペース

脱毛効果がある時期 休止期
通うペース 最短2週間に1回
通常3~4週間に1回
メリット
・痛みが少ない
・月1回のペースで脱毛ができる
・日焼けした肌でも脱毛できる
デメリット
・導入しているサロンが少ない
・脱毛の症例数が少ない
SHR方式を導入しているサロン
ストラッシュ、ラココ

2.レーザー脱毛の仕組みと特徴


次に、医療脱毛に使われる3種類のレーザーとそれぞれの特徴、脱毛の仕組みについて紹介します。

2-1.レーザ脱毛の種類と特徴

クリニックでの脱毛には、主に以下の3種類のレーザーが使用されています。
各レーザーの特徴は、以下のようになっています。

レーザー脱毛の種類と特徴

痛み 太い毛の脱毛効果 産毛の
脱毛効果
アレキサンドライトレーザー ゴムで弾かれる程度 あり あり
ダイオードレーザー 少ない あり 高い
ヤグレーザー 強め 高い 低い

産毛の脱毛には、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーを使った脱毛が効果的です。
これに対して、太くて濃いムダ毛にはヤグレーザーを使うと効率よく脱毛することができます。

ただし、ヤグレーザーは照射範囲が狭く、痛みも強いため、部分使用に適しています。

2-2.3種類のレーザ脱毛の仕組み

それでは、各レーザーによる脱毛の詳しい仕組みやメリット・デメリット、導入されているクリニックを紹介していきます。

アレキサンドライトレーザー


アレキサンドライトレーザーは、メラニン色素に反応して毛根を破壊することによって脱毛効果を発揮します。
レーザーの波長が日本人の肌質・毛質に適しているため、ヤケドの心配が少ないのが特徴です。

アレキサンドライトレーザーの脱毛器と特徴

脱毛器の機種 ジェントルレーズ、G-MAX、アポジーエリート
特徴 日本人の肌質に適した755mmの波長を持つ
メリット
・脱毛実績が豊富で肌トラブルの心配が少ない
・ジェルが不要で短時間で広範囲を施術できる
・美肌効果が高い
デメリット
・ゴムで弾かれる程度の痛みがある
・日焼けした肌の脱毛ができない
導入されているクリニック

ダイオードレーザー


ダイオードレーザーには、次の2種類の脱毛方式があります。

①メラニン色素に反応して毛根を破壊する脱毛法
②バルジ領域と呼ばれる発毛因子に熱を集める蓄熱式の脱毛法

ライトシェア・デュエットは、①の脱毛方式を採用しています。
また、メディオスター、ソプラノアイス、ハヤブサは、②の脱毛方式を採用しています。

ダイオードレーザーの脱毛器と特徴

脱毛器の機種 ライトシェア・デュエット、メディオスター、ソプラノアイス、ハヤブサ
特徴 810nmの波長を持ち、2種類の脱毛法がある
メリット
・痛みが少ない
・蓄熱式の脱毛器なら日焼けした肌の脱毛が可能
・産毛に効果が高い
デメリット
・ライトシェア・デュエットは日焼けした肌の脱毛ができない
・ハヤブサとソプラノアイスはジェルが必要
導入されているクリニック

ヤグレーザー


ヤグレーザーは他のレーザーに比べて波長が長いため、皮膚表面の黒い色素には反応せず、毛根にだけ働きかけて脱毛効果を発揮します。
他の脱毛器では効果が出にくい太くて濃いムダ毛や日焼けした肌などの脱毛に効果的です。

ヤグレーザーの脱毛器と特徴

脱毛器の機種 ジェントルYAG、クラリティ
特徴 1,064nmの波長を持ち、濃いムダ毛の脱毛に効果的
メリット
・太くて濃いムダ毛に効果的
・日焼けした肌、色素沈着した肌の脱毛ができる
デメリット
・痛みが強い
・産毛への効果が低い
導入されているクリニック

3.サロンとクリニックの違いを比較

サロンの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛の違いをまとめると以下のようになります。

サロンとクリニックの違い

サロン クリニック
脱毛法 光脱毛 レーザー脱毛
痛み 弱い 強い
1回あたりの効果 低い 高い
1回あたりの料金 安い 高い
期間 約2~3年 約1年

以下の項目をチェックして、サロンとクリニックのどちらが自分にぴったりなのかを確認しておきましょう。

光脱毛がおすすめなのはこんな人!
・痛みが苦手な人
・1回あたりの料金を安く抑えたい人
・脱毛後の美肌ケアで美肌効果を実感した人
レーザー脱毛がおすすめなのはこんな人!
・とにかく早く脱毛を完了させてい人
・永久脱毛を行いたい人
・医師に施術を任せたい人

4.脱毛を始めるのにベストな時期

脱毛を始めるのに最も適している時期は、「10月~12月」です。
秋~冬にかけての脱毛がおすすめなのには、以下の4つの理由があります。

・安いキャンペーンが多い
・予約が取りやすい
・日焼け対策がしやすい
・夏までに効果を実感できる

ムダ毛が気になる人が増える夏が過ぎると、脱毛サロンの混雑が一段落します。
そのため、秋になると安いキャンペーンがどんどん追加されはじめます。

また、秋冬は日焼けによる肌ダメージの心配も少なく、スムーズに脱毛が行えます。
来年の夏までにツルツル美肌を目指すなら、露出が少ない秋冬の間に脱毛をスタートさせましょう。

5.まとめ

サロンの光脱毛は、痛みが苦手な人や脱毛にかかる費用を抑えたい人におすすめです。
これに対して、とにかく早く完了を目指した人や永久脱毛をしたい人には、クリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。

医療脱毛は光脱毛に比べて脱毛回数が少ない傾向にありますが、部位によって脱毛に必要な回数や期間が違ってきます。
脱毛したい部位ごとの回数をチェックして、脱毛法を選びを進めていきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 脱毛の回数は何回ぐらい?医療脱毛・光脱毛、部位ごとなど徹底比較
  2. 脱毛サロン・脱毛クリニックの失敗しない選び方
  3. 2部位以上脱毛するなら全身脱毛がおすすめ!料金や時間など比較

初めての脱毛の関連記事
初めての脱毛のおすすめと料金情報
初めての脱毛を目的別に選ぶ
初めての脱毛をもっと詳しく知る