脱毛サロンやクリニックでは、施術前後の飲酒について、禁止をしていることが多いです。

アルコールを飲むと、脱毛前後の肌にどのような影響が起きるのか?

今回は気になる脱毛と飲酒の関係について、詳しく調べてみたいと思います。

正しいお酒との付き合い方を学び、肌トラブルを予防しましょう。

1.脱毛の前後に飲酒を禁止している理由


まず、脱毛前後の飲酒を禁止している理由についてチェックをしてみましょう。

脱毛前後の飲酒が禁止されている一番の理由は、「アルコールが血行を良くする」からです。

脱毛の場合、血行が良くなると、「施術中の痛み」や「施術後のかゆみ・赤み」をいつもよりも強く感じやすくなってしまうので、安全に施術をすることが難しくなってしまいます。

アルコールを飲むことによって、肌の水分が蒸発しやすくなり、皮膚が乾燥してしまうと、火傷をするリスクも高まってしまいます。

また、お酒を飲んで気持ち悪くなってしまうと、トイレやベッドで嘔吐をしてしまい、店舗を汚してしまう可能性も出てきます。

ひどく酔っている場合は、施術をしてもらえない場合も出てきます。

普段からお酒のトラブルが多い人は、脱毛前後の飲酒は避けるようにしたほうが安心です。

飲酒を巡って、店舗のスタッフと揉めるようなことがあれば、最悪の場合は、契約解除になってしまう可能性も考えられます。

長期間快適に通院をしたいのであれば、やはり脱毛サロンやクリニックが禁止している飲酒は避け、スタッフと良い関係を続けることが重要です。

2.施術前に飲酒した場合の脱毛への影響


次に、施術前に飲酒した場合、脱毛へどのような影響があるのかチェックしてみましょう。

・出力を下げなければいけない
施術前に飲酒をすると、脱毛の痛みが強く感じられます。

そのため、どうしても我慢が出来ない場合は、出力を下げて対応する必要が出てきます。

医療クリニックの場合は、追加料金を支払えば、麻酔クリームを使用できる場合もありますが、エステでは麻酔クリームを使用できません。

痛みに合わせて出力を下げれば、痛みの問題が解消されますが、脱毛効果は落ちてしまいます。

せっかく高い料金を支払って脱毛してもらうのですから、できるだけ出力を下げずに脱毛を行えるようすることが重要です。

・体調不良で最後まで施術を受けられない
施術前の飲酒で、施術の痛み以外に気を付けないといけないのが「体調不良」の問題です。

脱毛は部位によって施術時間は異なりますが、長い人の場合は2時間~3時間もかかる場合があります。

2時間~3時間も、裸に近い状態で施術を受けていれば、体調を崩す人も出てきます。

最悪の場合、気持ちが悪くて施術を全部受けられなくなってしまったり、帰宅困難になってしまう可能性もあります。

部位によって料金は異なりますが、脱毛1回分は数万円するケースも多いので、途中で止めてしまうと、非常に大きな損になります。

3.施術後に飲酒した場合の脱毛への影響


次に、施術後の飲酒の影響についてみてみましょう。

・赤みやかゆみが強く出る
一般的には、脱毛の施術後には、個人差はありますが、「赤み」や「かゆみ」が多少できます。

そして、脱毛後の肌の赤みやかゆみは、「乾燥」によって引き起こされやすいと言われています。

そのため、体内の水分を蒸発させてしまうアルコールを施術後に飲んでしまうと、肌トラブルの原因となる「乾燥」を招くため、赤みやかゆみが余計にひどくなる可能性があるのです。

肌トラブルを起こさないためには、やはり施術後もお酒を飲まないようにした方が無難です。

・肌トラブルが続く

本来だったら、1日~3日程度で自然と脱毛の赤みやかゆみは引いていきます。

しかし、施術後に飲酒を繰り返すことによって、赤みやかゆみのトラブルが長続きしてしまう可能性が出てきます。

肌トラブルが長く続く場合は、施術後のアルコールの摂取を控えるのと同時に、保湿ケアをしっかりすることをおすすめします。

アルコールを飲んでいる間は、肌が乾燥しやすいので、保湿効果の高いクリームやローションで、潤いをカバーし、肌を落ち着かせるように工夫をしましょう。

1週間以上経過しても、全く肌の症状が改善されない場合は、店舗へ連絡を入れて相談するようにしましょう。

4.施術前後はどれくらい時間を空けたら飲酒してもいいの?


一般的に、人間の体からアルコールが抜けるまで、アルコールの摂取量や体質による違いはあるかもしれませんが、「12時間」程度かかると言われています。

医療クリニックによっては、施術前後の24時間の飲酒を控えるように勧めています。

そのため、飲酒をしてしまった場合は、2日程度空けてから施術を受けるのがおすすめです。

また、飲酒以外にも、「血行を促進する激しい運動」も脱毛前後には避けるように注意をされているので、スポーツにも気を付けないといけません。

5.脱毛を忘れてつい飲酒してしまったらどうする?


万が一、脱毛のことを忘れて、飲酒をしてしまった場合、キャンセル料がかからないのであれば、早めに店舗に連絡を入れて、予約日を変更することをおすすめします。

当日だとキャンセル料金がかかるので、無理をして通院したとしても、あまりにも酩酊状態の場合は、施術を断れる可能性もあります。

お酒の臭いがぷんぷんしたまま通院をすれば、スタッフや周りのお客さんにも不快な思いをさせてしまうかもしれません。

たったその日1回だけの出来事だとしても、お酒に酔った状態で通院をするのは、やはり「大人としてマナーに欠ける」という印象があります。

無理やりお酒を隠して通院をするよりも、やはり飲酒をしてしまった場合は、正直にクリニックに連絡をして、予約日を変更してもらうようにするのが安心です。

6.飲酒が原因で肌トラブルが起きた際の対処法


次に、飲酒が原因で肌トラブルが起きた場合、どのような対処をしたらいいのか、具体的な方法をチェックしてみましょう。

以下の方法を試しても、肌の症状が改善されない場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

患部を冷却する

まず、誰でもできる簡単にできる応急処置は「患部を冷却すること」です。

氷や氷嚢などがあれば、タオルで包んで患部に当てましょう。

十分にクーリングすることによって、体温が落ち着くと、激しいかゆみや赤みが徐々に引いてきます。

軟膏を塗る

医療クリニックでは、施術後に肌荒れを起こした場合に備えて軟膏をもらえることが多いです。

そのため、医療クリニックに通院をしている人は、医師から処方された軟膏を塗ることをおすすめします。

かゆみや赤みがある人でも、軟膏を3日間くらい塗っていれば、自然と症状が収まります。

7.【脱毛法別】飲酒はOK?NG?


最後に、脱毛法別の飲酒についてまとめてみました。

医療レーザー脱毛


医療レーザーは、クリニックで施術前後の飲酒が禁止されています。

アルコールを摂取することによって、施術中の強い痛みを感じたり、体調不良によって施術続行ができなくなったり、赤みやかゆみが増し肌トラブルを引き起こす可能性があるからです。

全身脱毛の場合は、施術時間が平均的に1時間~1時間半程度かかることが多いので、飲酒で悪酔いをしてしまった場合、我慢できずにベッドでそのまま「嘔吐」などをしてしまい、クリニックに迷惑をかけてしまうケースも考えられます。

こうした迷惑をクリニックにかけることによって、その後通院しにくくなってしまう事も考えられます。

気持ちよく通院をするためには、やはりクリニックと良い関係を続ける必要がありますので、クリニックが禁止している施術前後の飲酒は、必ず避けるようにしましょう。

施術前後にどうしても外せない飲酒の予定が入ってしまった場合は、予約日を変更することをおすすめします。

電気脱毛


電気脱毛も、医療レーザーと同様に、施術前後の飲酒が禁止されています。

電気脱毛で有名なTBCでは、体温を上げる「激しい運動」や「飲酒」は控えるように注意喚起しています。

電気脱毛は、もともと痛みが強い脱毛方法なのでアルコールを飲むことによって、施術中の苦痛が増すことが予想されます。

TBCでは医療行為はできないため、どんなに痛みが強くても「麻酔」を使用することが出来ません。

そのため、痛みが強く感じられる場合は、出力を下げて対応するしか方法がなくなってしまいます。

出力を下げるということは、それだけ脱毛効果も落ちてしまうので、飲酒をすることによって、効率的な脱毛が出来なくなってしまいます。

ブラジリアンワックス・クリーム脱毛


ブラジリアンワックスやクリーム脱毛も、医療レーザーや電気脱毛と同様に、施術前後の飲酒は禁止されています。

付属の説明書に、施術前後の飲酒について注意が記載されているため、使用前に説明書をよく読んでおくことをおすすめします。

ブラジリアンワックスやクリーム脱毛は、もともと体質によって、赤みやかゆみが出やすい脱毛方法なので、アルコールを摂取することによって、更に症状が悪化する可能性があります。

これまでブラジリアンワックスやクリーム脱毛を使って、赤みやかゆみの症状が出たことがある人は、アルコールの摂取には十分な注意が必要です。

8.まとめ


血行を高めるお酒は、脱毛とは相性が悪く、施術前後の摂取は避けるべきものだとわかりました。

アルコールで血行が良くなった身体に施術をすると、痛みやかゆみが強くなるため、効率的に脱毛を受けることができません。

特に痛みに弱い人や、肌が敏感な人は、脱毛前後のアルコールの摂取は避けることをおすすめします。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 脱毛のメリットは?トラブルや副作用、リスクなどはあるのか
  2. 脱毛っていくらかかるの?永久脱毛・サロン脱毛の料金比較
  3. 脱毛の回数は何回ぐらい?医療脱毛・光脱毛、部位ごとなど徹底比較

初めての脱毛の関連記事
初めての脱毛のおすすめと料金情報
初めての脱毛を目的別に選ぶ
初めての脱毛をもっと詳しく知る