みなさんは、「埋没毛」という言葉を聞いたことがありますか?

自分で脱毛をしている人に多い症状で、一度気になってしまうと、コンプレックスになりやすいのが特徴です。

    「埋没毛にならない脱毛方法があるのか?」
    「埋没毛になってしまったら、どのような治療をしたらいいのか?」

今回は気になる埋没毛の治し方や予防法について詳しくご紹介したいと思います。

脱毛後の肌の仕上がりについて気になる人は、是非参考にしてみてください。

1.埋没毛について


せっかく自分で自己処理をしたのに、皮膚の黒いポツポツが目立ってしまい、「処理後の肌がキレイに見えない!」と思ったことはありませんか?

実はこの皮膚に残ってしまった黒いポツポツこそが「埋没毛」なのです。

埋没毛とは、間違った自己処理が原因で、毛穴の表面が塞がってしまい、毛穴から出れず、皮膚の中に埋もれてしまった毛のことです。

埋没毛ができやすい部位は、皮膚が柔らかく、太くて濃い毛が生えやすい部位です。

具体的には、「VIO」「脇」「足」にできやすと言われています。

埋没毛を起こしやすい間違った自己処理の例としては、「カミソリを使った逆剃り」や「毛抜きを使った皮膚を引っ張る脱毛」が挙げられます。

どちらの場合も、肌に対して、大きなダメージを与えるため、皮膚を厚くして肌を守ろうとする防衛本能が働いてしまいます。

そして、皮膚が厚くなったことで、毛穴を塞いでしまうと、外に出ることができなくなってしまった毛が、結果的に皮膚の中に埋もれてしまうのです。

そのため、埋没毛を避けるためには、「肌を痛めない脱毛方法」が重要になります。

2.埋没毛の治し方や予防法


一度埋没毛が出てしまうと、自己で治療をすることは非常に難しくなってしまいます。

埋没毛になってしまった場合は、肌のターンオーバによって、自然に解消されるのを待つのが一番簡単です。

少しでも埋没毛を早く治療したい人は、肌の代謝を促進する「ピーリング」や「スクラブ」によるお手入れも推奨されています。

ただし、肌が弱い人にとっては、ピーリングもスクラブも、刺激が強く、肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

敏感肌や乾燥肌の人がスクラブを使う場合は、「量」や「材質」をよく考えて選びましょう。

スクラブは、「塩」や「クルミを砕いたもの」だと、人によっては硬く感じ、刺激が強い場合があります。

そのため、肌に触れた時に、あまり痛みを感じないで済む「コンニャク」や「はちみつ」などのスクラブの方が、肌に優しくて安心です。

埋没毛になった後も、更に間違った自己処理を続けていると、埋没毛に膿がたまり、ニキビのように赤く盛り上がった「毛嚢炎」へ症状が悪化する可能性があるので注意が必要です。

何をやっても埋没毛がキレイにならない場合は、専門の脱毛施設で治療をすることをおすすめします。

特に埋没毛の治療は、「医療レーザー」が有効です。

エステで採用されている光脱毛に比べて、医療用のレーザーは、皮膚の奥にも効果が届きやすいため、皮膚の表面に出て来れなくなってしまった埋没毛の処理にも期待が出来ます。

また、埋没毛の予防方法としては、肌への直接ダメージを減らすために、カミソリを使う時には、「シェービングジェル」を使用するのがおすすめです。

皮膚を引っ張り上げて、ダメージを招く「毛抜き」や「除毛シート」もなるべく避けましょう。

自己処理の場合は、「電気シェーバー」が肌への負担が少ないのでおすすめです。

少しでも肌への負担が減る脱毛方法を試すようにしましょう。

3.埋没毛でも脱毛できるクリニック3選


最後に、埋没毛で悩んでいる人におすすめのクリニックをご紹介します。

リゼクリニック

全身脱毛 5回298,000円
VIO 5回99,800円
5回99,800円
特徴
  • 割引特典が充実している
  • 個々に合わせて3種類の脱毛器を使い分けている
こんな人におすすめ!
  • 痛みの少ないクリニックを探している人
  • 学割を使いたい人

レジーナクリニック

全身脱毛 5回204,120円
VIO 5回90,720円
5回129,600円
特徴
  • 1.5カ月間隔で照射できるので最短8カ月で完了できる
  • スピード脱毛で施術時間が短い
こんな人におすすめ!
  • 安い全身脱毛を探している人
  • スピード重視の人

湘南美容クリニック

全身脱毛 6回298,000円
VIO 6回58,000円
6回49,680円
特徴
  • 大手の医療クリニックで安心感がある
  • 照射漏れには保証がある
こんな人におすすめ!
  • これまでの実績を重視する人
  • 店舗数が多く通いやすいクリニックを探している人

どのクリニックも、医療脱毛の実績が多く、埋没毛にも適切に対処できます。

埋没毛が自然治癒するまで待つのも良いですが、黒いポツポツが気になって仕方ないという人は、そろそろ自己処理を卒業し、本格的なプロの脱毛を始めてみるのもおすすめです。

4.まとめ


埋没毛は、肌にダメージが大きい脱毛を繰り返すことによって発生することがわかりました。

自己処理を続ける限り、埋没毛は何度でも出来てしまう可能性があります。

埋没毛の治療には、皮膚の奥まで脱毛効果が届く医療レーザーがおすすめです。

埋没毛で悩んでいる人は、是非一度医療クリニックの無料カウンセリングで相談をしてみてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 医療脱毛のお試し・体験コースがある安いクリニック一覧
  2. 医療脱毛で使われる機器の種類・特徴、レーザーの違いは?
  3. 産毛にも効果が高い医療脱毛のおすすめクリニック

医療脱毛の関連記事
医療脱毛のおすすめと料金情報
医療脱毛を目的別に選ぶ
医療脱毛をもっと詳しく知る