女性の中には、ムダ毛が濃いことをコンプレックスに感じている人がよくいます。

毛深いというのは、女性にとって憂鬱なもの。

人目が気になるし、清潔感もなくなるし、自分に自信を持てなくなってしまいますよね。

「女性なのにムダ毛が濃くなるのはなぜか?」
「どうしたらムダ毛を薄くすることができるのか?」

今回は、気になる濃いムダ毛の対処方法について詳しくご紹介したいと思います。

毛深さの原因を把握して、体質改善してみましょう。

1.女性の体毛が濃くなる原因


まずは女性のムダ毛が濃くなる原因についてチェックしていきましょう。

体毛が濃くなるのは、主に以下の3つの理由が考えられます。

遺伝子によるもの


一般的に体毛の濃さは「遺伝」による影響を大きく受けると言われています。

必ずしも遺伝するとは限りませんが、やはり薄毛が多い家系は薄毛が多く、体毛が濃い家系は剛毛になりやすい傾向があります。

基本となる細胞については、血を受け継いだ親の影響を受けやすくなります。

遺伝子による体毛の濃さは、生活習慣を変えただけでは、改善できない問題です。

体質的な問題なので、ムダ毛の濃さが気になる場合は、サロンによる脱毛が有効な解決方法となります。

ホルモンバランスの乱れ


次に、女性の体毛が濃くなってしまう理由としては、「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。

女性の体の中には、もともと微量の男性ホルモンが存在しています。

しかし、微量の男性ホルモンがあるからといって、極端にムダ毛が濃くなったり、筋肉質な男らしい体になるわけではありません。

ムダ毛が濃くなるのは、女性ホルモンと男性ホルモンの量が逆転し、男性ホルモンが多くなり、女性ホルモンが少なくなってしまう場合です。

男性ホルモンが多くなると、攻撃的な性格になったり、体が男らしくなったり、ムダ毛が太くなると言われています。

そのため、男性ホルモンを抑制するのであれば、女性ホルモンと同じ作用がある「イソフラボン」を含む食品を摂取して、女性ホルモンを多くするのが効果的です。

生活習慣の改善によって、ムダ毛の濃さを改善できる可能性があります。

外からの刺激


そして、体毛が濃くなる最後の理由は、「外部からの刺激」です。

そもそも体毛というのは、「刺激から体を守る役割」があると言われています。

自然に備わっている本能なので、人間の意思によって毛量や太さをコントロールすることは不可能です。

1つ目の遺伝子による影響と同じように、生活習慣を見直しても改善が難しいとされています。

2.男性ホルモンが増える理由


男性ホルモンが増えてしまう原因にはどのような事が影響しているのでしょうか?

3つの原因について詳しく見ていきましょう。

ストレスによるもの


ストレスは体内のホルモンバランスを乱し、男性ホルモンの量を増やすと言われています。

ストレスが強い職場で働いている人は、心身ともに適度にリフレッシュすることが重要になります。

特に「ドーパミン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」などの幸福ホルモンを多く分泌すると、ホルモンバランスが良くなると言われています。

「ドーパミン」は快楽を感じるホルモン、「セロトニン」は心の安定を司るホルモン、「ノルアドレナリン」は神経伝達機能を活性化させると言われています。

楽しいことを考えたりすることで、これらの幸福ホルモンが増えると言われています。

身体の冷え


女性は身体が冷えてしまい、卵巣機能が弱まると、女性ホルモンの分泌が低下してしまうと言われています。

女性ホルモンが体内で減少すると、男性ホルモンの量が多くなり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

そのため、女性ホルモンの量を減らさないためには、しっかり体内を温めることが重要です。

冷え性の人は、夏でも温かい飲み物にしたり、「生姜」など体内の代謝を高める食材を積極的に摂取するようにしましょう。

不規則な生活


不規則な生活によって睡眠不足などになったりすると、男性ホルモンが過剰分泌されてしまうと言われています。

そのため、男性ホルモンを抑制するためには、しっかり睡眠を取って、規則正しい生活を送るということが有効になります。

男性ホルモンは交感神経が活発な時に分泌が増えると言う特徴があるため、寝ている時には分泌を抑えることができると言われています。

睡眠不足で悩んでいる人は、まずは質の良い睡眠を取ることをおすすめします。

3.ムダ毛を薄くする方法


次に、ムダ毛を改善する方法についてチェックしてみましょう。

体毛を改善するには、以下の4つの方法があります。

ストレスを溜め込まない


まずは男性ホルモンを増やす原因となる「ストレス」を増やさないことが重要です。

ストレスは「人間関係」や「恋愛問題」など、誰もが抱えやすい悩みです。

ストレスを強く感じた時には、趣味を楽しんだり、ゆったりした時間を過ごし、心身の疲れを取るように心がけましょう。

食事に気を付ける


女性ホルモンは食生活に気を付けることによって増やすことができます。

特に女性ホルモンの「エストロゲン」と同じ働きをする「イソフラボン」を含む食品がおすすめです。

イソフラボンが多く含まれているのは「大豆類」です。

納豆、豆腐、油揚げ、豆乳、味噌などが代表的な食品です。

大豆イソフラボンは1日の摂取上限が70~75mgまでとなっています。

納豆は1パック(50g)で65mgあるとされているため、2パック以上食べるのは摂取上限を超えてしまう可能性があるため食べ過ぎには注意が必要です。

喫煙しない


タバコは女性ホルモンを弱らせてしまい、男性ホルモンの動きを増幅させると言われています。

女性ホルモンが減少してしまえば、その分男性ホルモンの量が多くなり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

そのため、男性ホルモンの量を抑制するためには、タバコを吸わないことがおすすめです。

サロンで脱毛する


何をやってもムダ毛の濃さを解決できない場合は、「サロン脱毛」が最後の切り札になります。

サロン脱毛であれば、生活習慣の見直しでも改善できない遺伝による毛深さも解決することができます。

どんなムダ毛も、施術回数を増やすことによって、かなりの毛量を減らすことが可能です。

4.サロンで脱毛するメリット


サロンで脱毛することは、ムダ毛の濃さを解決するだけではなく、以下のようなメリットもあります。

・生理中の蒸れやニオイを軽減できる
VIOを施術すれば、女性の場合は生理中の嫌な蒸れやニオイの問題を解決することができます。

デリケートゾーンの痒みは、アンダーヘアの蒸れや毛先の刺激によって感じるケースが多いので、サロンで脱毛することによって痒みも良くなる可能性があります。

経血がアンダーゾーンに絡む不衛生な状況もなくなるので、生理中も快適に過ごせるようになります。

・自己処理の面倒が減る
サロンで複数回の施術を受けることによって、自己処理が不要になるほど毛量を減らすことができます。

最初の数回は、まだまだ濃いムダ毛が生えてきてしまいますが、施術の回数が増える度に、ムダ毛の再生速度も徐々に遅くなってきます。

ムダ毛のお手入れが面倒だった人にとって、自己処理の面倒が減ることは大きな魅力です。

・露出の高い洋服や水着を楽しめる
小さいショーツやセクシーな水着に挑戦したくても、アンダーヘアが濃かったり、毛量が多いと、なかなか挑戦することができません。

また、夏場は脇や肩を露出する洋服も多いので、ファッションを楽しみたい人にとっては、濃いムダ毛は邪魔に感じてしまいます。

サロンで脱毛してしまえば、ムダ毛の心配をしないで、オシャレを楽しめるようになるのが嬉しいポイントです。

5.まとめ


女性のムダ毛が濃い原因は、男性ホルモンが大きく影響していることがわかりました。

体内の女性ホルモンの量を増やすことで、男性ホルモンの分泌を抑制することができますので、「イソフラボン」を含む大豆食品を積極的に摂取するようにしましょう。

男性ホルモン対策
  • ストレスをためない
  • 体を冷やさない
  • しっかり睡眠を取り規則正しい生活をする

生活習慣を改善しても解決できない場合は、サロン脱毛に頼ってみるのも一つ手段です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 学生なら激安に!学割プランのあるおすすめ全身脱毛サロン
  2. 学割のあるおすすめの医療脱毛クリニックを紹介
  3. 中高生だけど脇脱毛したい!子どもでも脱毛サロンに通う方法

初めての脱毛の関連記事
初めての脱毛のおすすめと料金情報
初めての脱毛を目的別に選ぶ
初めての脱毛をもっと詳しく知る