脱毛クリームで失敗しないためには、コツが必要になります。

ただ脱毛クリームを買って塗るだけでは、肌荒れをして後悔する可能性があります。

今回は意外に守られていない脱毛クリームの正しい使い方や、失敗しないコツについてご紹介したいと思います。

脱毛クリーム使用のコツを掴んで、安全にスベスベの肌を手に入れましょう。

1.失敗しない脱毛クリームの使い方、キレイにお手入れするコツ


脱毛クリームで安全にお手入れをするには、【パッチテスト】→【下準備】→【脱毛クリームの正しい使用】→【アフターケア】という4つのステップを踏むことが重要です。
特にアフターケアは、キレイにお手入れをするコツなので、面倒でも必ず行いましょう。

・パッチテスト
脱毛クリームを使用する時には、パッチテストは必ず行いましょう。
脱毛クリームに配合されている成分は非常に肌への刺激が強く、「かぶれ」や「湿疹」などの肌トラブルを起こす可能性があります。

こうした脱毛クリームによる肌トラブルは、パッチテストを行うことによってリスクを軽減することができます。

特に、アトピーなどで肌が弱い人や、ニキビや乾燥で肌の状態があまり良くない人は、脱毛クリームを使用することによって更に肌の状態が悪化する可能性があります。
そのため、脱毛クリームの使用に不安がある人は、事前に皮膚科で医師に相談をしたり、パッチテストで肌に合うか確認をしておくことが大切です。

・下準備
脱毛クリームを使用する時に、注意をしたいのは「肌荒れ」だけではありません。
実は「頭髪」も注意が必要になります。

脱毛クリームには、ムダ毛を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」という成分が配合されています。
このチオグリコール酸カルシウムは、体毛の主成分となるタンパク質の「ケラチン」を溶かすという特徴があります。

ムダ毛と同じようにケラチンで構成されている頭髪も、チオグリコール酸カルシウムに触れると、解けてしまう可能性があります。
そのため、頭髪がチオグリコール酸カルシウムを配合している脱毛クリームに誤って触れないように、下準備をする必要があります。

頭髪を守るのに一番簡単な方法は、シャワーキャップを使うことです。
特に髪が長い人は、髪をしっかり束ねてからシャワーキャップに髪をしまいましょう。

前髪が長いと、脱毛クリームを塗っている時に、髪がパラパラと落ちてきて、薬剤に触れてしまう可能性がありますので、前髪もシャワーキャップに入れることをおすすめします。

・脱毛クリームの正しい使用

脱毛クリームを正しく使用するために、一番気を付けたいのは「放置時間」です。
パッチテストで問題がなかった人でも、指定されている時間よりオーバーして脱毛クリームを放置すると、肌荒れを起こす可能性が出てきます。

脱毛クリームは放置時間が長ければ長いほど効果が高くなるわけではありません。
放置時間が長くなれば、それだけ薬剤の肌への負担が大きくなるだけです。

それぞれの脱毛クリームが指定している時間を守って使用することが、肌荒れを防ぐ上で、非常に重要なポイントになります。

・アフターケア
脱毛後の肌をキレイに保つためには、アフターケアが欠かせません。
脱毛クリームを使用した後は、肌が敏感になっているため、しっかり「保湿」をすることが重要です。

肌への負担が大きい脱毛クリームを使用すると、肌が乾燥して痒みが増す可能性もあります。
しっかり水分と油分を補給し、肌を落ち着かせましょう。

2.脱毛クリームを安全に使うための注意点


次に、脱毛クリームを安全に使用するために守りたい3つのポイントをみてみましょう。

・ゴシゴシこすりすぎない
脱毛クリームは、ゴシゴシと肌にこすりつけるのは厳禁です。
ただでさえ薬剤は肌への刺激が強いため、ゴシゴシとこすりつけて、摩擦による刺激を与えることはやめましょう。

肌への摩擦は、肌荒れを起こす原因の一つになります。

・使用期限を守る

使用期限の切れた脱毛クリームを使用することはやめましょう。
使用期限の切れた脱毛クリームは、品質が劣化しており、肌につけるのは危険です。

勿体ないと感じるかもしれませんが、古い脱毛クリームは処分して新しい脱毛クリームを購入しましょう。

・クリームに髪がつかないようにする

タンパク質を溶かすチオグリコール酸カルシウムが配合されている脱毛クリームは、タンパク質で構成される髪も溶かしてしまいます。
そのため、処理を始める前に、しっかり髪が落ちてこないようにまとめておくのが大切です。

間違って脱毛クリームの薬剤に触れてしまうと、髪が溶けて焦げ臭くなってしまいます。

3.脱毛クリームを使う頻度、肌トラブルが起きた時は?


脱毛クリームを使用する頻度は、最短でも1週間で1回程度に抑えることをおすすめします。
ムダ毛の再発期間は個人差がありますが、一般的に2、3日程度で元に戻ってしまいます。

しかし、肌への負担が大きい脱毛クリームを、2、3日に一度のペースで使用していたら肌が荒れてしまいます。
特に肌が弱い人であれば、1カ月に1回程度の使用の方が安全です。

また、肌トラブルが起きた時には、「市販薬を使う」「皮膚科で診察してもらう」「保湿ケアで様子を見る」という対処方法があります。
肌の状態を見ながら、どの対処方法が良いか選択をする必要があります。

4.まとめ

脱毛クリームで失敗をしないためには、以下のポイントが重要です。

  • パッチテストで肌荒れをしないかチェックしておく
  • 髪が脱毛クリームに触れないように下準備をしておく
  • 脱毛クリームの放置時間を守って正しく使用する
  • 脱毛後は保湿のアフターケアを行う

脱毛クリームを安全に使うためには、一つ一つの手順をしっかり踏みましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. 脱毛を体験できる安いキャンペーン特集|千円以内で完了の格安プラン
  2. 脱毛っていくらかかるの?永久脱毛・サロン脱毛の料金比較
  3. 脱毛の回数は何回ぐらい?医療脱毛・光脱毛、部位ごとなど徹底比較

初めての脱毛の関連記事
初めての脱毛のおすすめと料金情報
初めての脱毛を目的別に選ぶ
初めての脱毛をもっと詳しく知る