こんばんは、ライターの鯛です。

自宅でカルボナーラを作るのって結構ハードルが高くないですか?
カルボナーラのレシピを調べてみると、ほとんどのレシピに生クリームや牛乳が使われています。

もちろんそれらを使った方が美味しいとは思いますが、僕は一人暮らしなので生クリームや牛乳が常にストックされているわけではありません。
「もっと簡単に美味しいカルボナーラを作れないかな…」と試行錯誤したところ、牛乳や生クリームを一切使わずに美味しいカルボナーラを作れるレシピを見つけました!

というわけで早速レシピを紹介していきたいと思います!

牛乳・生クリーム不要!簡単に作れるトロトロカルボナーラ

生クリームや牛乳を一切使わずに、トロトロソースがやみつきになる美味しいカルボナーラの作り方を紹介します。

材料

・パスタ(1.4mm) 1人前(100g)
・卵 1個
・ベーコン 20g
・粉チーズ 40g
・にんにく(チューブでOK) 5g
・オリーブオイル 適量
・塩胡椒 適量
・塩 適量
・パセリ 適量

作り方

1.ベーコンをみじん切りにする。卵を室温に戻しておく。
本場イタリアのカルボナーラは「グアンチャーレ」や「パンチェッタ」といった豚肉の塩漬けを使って作るのが一般的ですが、これらの食材が自宅にストックされていることは少ないと思います。
そのため市販のベーコンを使用しますが、スーパー等で購入できるベーコンは燻製されている物が多いです。

本場のカルボナーラにはない燻製の風味をなるべく和らげるため、ベーコンは細かくカットしましょう。


また、ソースをトロトロに仕上がるために大切なのが、卵を室温に戻すことです。
パスタと絡めるタイミングで卵が冷えすぎていたり、逆に熱で固まっているとトロトロのソースに仕上がらないので、冷蔵庫から出して室温に戻しておきましょう。

2.オリーブオイルを入れてベーコンを炒める。
フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて温めます。

ベーコンを入れてカリカリになるまで炒めます。


ベーコンの脂身が透明になったらOKです。

3.ボウルに卵とチーズ、ベーコンを入れる。
ボウルの真ん中に仕切りを作るように粉チーズを入れます。

その両サイドに卵とベーコンを入れます。

卵と熱したベーコンを接触させると卵に熱が通ってしまい、ソースがトロッと仕上がりません。
粉チーズでしっかりと仕切りを作って触れないようにしましょう。

4.パスタを茹でる。
鍋にお湯を沸かして塩を入れます。

パスタに下味をつけるために、1リットルのお湯に対して小さじ4の塩を使うことをおすすめします。

お湯が沸いたらパスタを投入し、表示時間通り茹でます。

パスタに味をしっかり染み込ませるために、茹で加減はアルデンテではなく、芯がなくなるまでしっかり茹でましょう。

5.パスタとソースを絡めれば完成!
茹で上がったパスタの水気を切り、3.のボウルにパスタを覆い被せるように入れます。

そして10秒ほど放置してパスタの余熱で具材を蒸します。
10秒経過したら塩胡椒を入れて全体をしっかり混ぜ合わせましょう。

あとはお皿に盛り付けてバジルをかければ完成!

まとめ


今回のレシピを参考にすれば、自宅で手軽に本場さながらのカルボナーラを作ることができます。
牛乳や生クリームを一切使わないので、特に一人暮らしの男性の方におすすめです。

とても簡単なので是非試してみてください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
  1. ライザップの腹筋ベルト3Dシェイパーを使ってみたレビュー
  2. たった5分で自然な薄さに!男のすね毛処理ならバリカンが最もおすすめ
  3. 10分で爽やかイケメンに変身!眉毛を整えて顔バランスを理想値に近づける4ステップ
この記事を書いた人

24歳、元芸人のライター
腐っても鯛です


鯛のコラムの関連記事
激ウマレシピ
簡単・激安レシピ
ヘルシーレシピ
エンタメ
ボディメイク