こんばんは、元芸人のライター鯛です。

今回は油を一切使わずにサクサク食感を生み出すというマジックみたいな「NEOカツ丼」のレシピを紹介します。
NEOカツ丼とは、一言でいえば「揚げないカツ丼」です。

卵でとじた豚肉と玉ねぎの上に、サクサクのパン粉をかけるだけなので、カツ丼を作るよりも圧倒的に簡単。
にも関わらず、食感や風味はカツ丼そのものといっても過言ではない、まさに「次世代のカツ丼」です。

一人暮らしの方やズボラな方は是非試してみてください。

揚げないのに超サクサクなNEOカツ丼のレシピ

NEOカツ丼に必要な材料や作り方を写真付きで詳しく紹介します。

材料(1人前)

【具材】
・白ご飯 お茶碗1杯分
・豚ばら肉 150g
・玉ねぎ 1/4個
・パン粉 適量(多め)
・卵 2個
・小ねぎ 適量
【調味料】
A水 75㏄
A酒 大1
A醤油 大1/2
Aみりん 大1
A和風だし 小1
A片栗粉 小1
A塩胡椒 適量

作り方

1.豚ばら肉、玉ねぎをカットする。
豚ばら肉を食べやすい大きさに、玉ねぎをくし切りにします。

2.フライパンでパン粉を乾煎りする。
フライパンでパン粉を乾煎りします。
サクサク食感を出すために、パン粉を多めに入れることをおすすめします。

ゆすったり振ったりしながら、全体が均等にキツネ色になるまで炒めましょう。
※焦げないように注意。



キツネ色の目安はこれくらい↓

全体の色が変わったら一旦お皿に取り出します。
3.フライパンに豚肉と玉ねぎとAを入れて煮詰める。
フライパンで豚肉をサッと炒めます。

豚肉の色が変わったら、玉ねぎとAの調味料を入れて煮詰めていきます。



4.溶き卵を2回に分けて入れる。
卵を2回に入れて分けることで均等に火が入り、良い感じの半熟状態になります。

まずは白身を入れて半熟になるまで加熱します。
※白身の重みで白身だけが落ちるので、難しいテクニックは入りません。

白身の色が変わったら残りの卵を回し入れます。
半熟になったら全体を大きくかき混ぜた後、火を止めて余熱で加熱します。


5.お皿に盛り付けたご飯の上に4をかけ、パン粉、小ねぎをトッピングすれば完成!
丼に熱々のご飯を盛り付け、

豚バラ卵とじを汁ごとたっぷりかけてサクサクのパン粉を乗せ、


ねぎを盛りつければ完成!!

具材のたっぷり入ったふわふわの卵とじと、サクサクのパン粉の相性が抜群に美味しいです。
そして、複数の調味料を組み合わせた和風ダシも良い風味に仕上がっています。

カツ丼のような食感や風味を味わえるので、是非作ってみてください。

まとめ

NEOカツ丼は、油を一切使わずにサクサク食感を生み出すことができます。
カツ丼よりも簡単に作れて、味や食感はほとんど変わらない、いや、カツ丼よりも旨いという、まさに次世代のカツ丼です。

騙されたと思って是非一度お試しあれ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
  1. ライザップの腹筋ベルト3Dシェイパーを使ってみたレビュー
  2. たった5分で自然な薄さに!男のすね毛処理ならバリカンが最もおすすめ
  3. 10分で爽やかイケメンに変身!眉毛を整えて顔バランスを理想値に近づける4ステップ
この記事を書いた人

24歳、元芸人のライター
腐っても鯛です


鯛のコラムの関連記事
激ウマレシピ
簡単・激安レシピ
ヘルシーレシピ
エンタメ
ボディメイク