こんばんは、元芸人のライター鯛(@tai__writer)です。

威厳のある博士のマンツーマン講義を受けている時の写真です。

僕は濃いヒゲを脱毛をして清潔感を手に入れようと思っています。
しかし、「ヒゲ脱毛をすると肌荒れを引き起こすリスクがある」ということがわかりました。

いや肌を清潔にしたくて脱毛するのに、肌荒れを引き起こすなんて本末転倒じゃない?…。
というわけで今回は、ヒゲ脱毛で肌荒れする原因や肌荒れを防ぐ方法について調べてみました。

1.脱毛によって起こる可能性のある肌荒れの種類


ヒゲ脱毛をすると肌荒れを引き起こすリスクがあります。
ヒゲ脱毛によって起こる可能性のある肌荒れは、「ニキビ」「赤み」「毛嚢炎(もうのうえん)」の3種類です。

毛嚢炎とは、白ニキビのようなブツブツが肌の表面にできる症状です。
毛嚢炎ができる原因は、小さな傷にブドウ球菌が入り込む場合と、強いダメージを受けて起こる場合があります。

ヒゲ脱毛は光やレーザーによる肌へのダメージが大きいので、後者が原因だといわれています。

2.ヒゲ脱毛による肌荒れの2つの原因


ヒゲ脱毛で肌荒れする原因は以下の2つが考えられます。

2-1.光やレーザーの威力が強いため

ヒゲ脱毛は、光やレーザーの熱を利用して毛根を破壊し、ヒゲの再生を抑制します。
そのため、光やレーザーの威力が非常に強力であり、肌への負担がとても大きいです。

もちろん、肌に負担をかけないように出力パワーは調整されていますが、肌が弱かったり、普段のスキンケアを怠っていると、赤みや炎症を引き起こす可能性があります。

2-2.肌のバリア機能が低下するため

光やレーザーなどの強いダメージを受けると、肌の乾燥が進み、バリア機能が一時的に低下します。
バリア機能が低下すると、少しの刺激にも敏感になり、肌荒れを引き起こしてしまいます。

また、肌を保護する機能が働かないため、細菌や雑菌が入りやすく、ニキビや毛嚢炎の原因となります。

3.ヒゲ脱毛による肌荒れを防ぐ4つの方法


ヒゲ脱毛による肌荒れを防ぐには、施術前と施術後の適切なケアが必要です。
肌荒れを防ぐために行うべき4つの方法をご紹介します。

施術前に行うべき2つの方法

まずは、施術前に行うべき2つの方法をご紹介します。

①毎日のスキンケアを欠かさない

ヒゲ脱毛による肌荒れを防ぐためには、光やレーザーによるダメージを軽減する必要があります。
肌の水分量を維持し、清潔に保たれていれば、肌への負担を軽減可能です。

朝と夜のスキンケアを欠かさないようにしましょう。
僕が行っている朝と夜のスキンケアをご紹介します↓

朝のスキンケア
①起床後に化粧水を浸透させる。
②乳液orクリームで保湿する。
夜のスキンケア
①入浴の際に洗顔して1日の汚れを落とす。
②化粧水を浸透させる。
③乳液orクリームで保湿する。

②施術する直前にスキンケアをする

肌が乾燥していると外部からのダメージを受けやすいため、照射前にスキンケアをしっかりしておくことが大切です。
化粧水→美容液→乳液の順に塗り、肌の水分量を維持しておきましょう。

また、照射後の肌荒れを防止できるだけでなく、痛みを軽減する効果も期待できます。

施術後にすべき2つの方法

施術後に適切な対策を行うことで肌荒れを防ぐことが可能です。
施術後にすべき2つの方法をご紹介します。

③施術後にきっちり保湿を行う

施術後の肌は、光やレーザーにダメージにより、バリア機能が低下している状態です。
スキンケアを怠ると雑菌が入り込み、ニキビや毛嚢炎ができる原因となってしまいます。

クリニックの場合、施術直後に炎症を抑えるクリームを塗布されるため、すぐに保湿することはできません。
「○時間後にスキンケアを行ってください」と指示される場合が多いため、その指示に従って保湿するようにしましょう。

④施術後は運動や飲酒を控える

施術後の肌は軽いやけど状態となっています。
そのままの状態で、運動をしたり飲酒をすると血行が促進され、赤みや湿疹、かゆみがひどくなってしまいます。

一般的に、1~2日で赤みが引くといわれているので、その間は運動や飲酒、長時間の入浴などを控えるようにしましょう。

4.もしも肌荒れしてしまったら…


施術前・施術後に対策をきちんと行っても、肌荒れしてしまう可能性があります。
万が一、肌荒れしてしまった場合は、肌荒れを回復させる(抗炎症作用のある)薬を使用することをおすすめします。

クリニックや病院などの医療機関であれば、飲み薬・塗り薬が処方される場合があるので、施術後の肌荒れが心配な方は医療機関での脱毛をおすすめします。

また、肌荒れしてしまった場合は、患部を絶対に触らないことも大切です。
ブツブツを潰してしまうとメラニンが沈着して跡が残るリスクがあるため、安静にしておきましょう。

5.まとめ

ヒゲ脱毛によって、赤みやニキビ、毛嚢炎などの肌荒れを引き起こす可能性があります。
しかし、施術前・施術後にスキンケアを徹底すれば、リスクを軽減することができます。

万が一、肌荒れしてしまった場合は、医療機関での適切な処置がおすすめです。
日頃からスキンケアを徹底し、ヒゲ脱毛で清潔感のある肌を手に入れましょう。