全身脱毛に興味がある!でも「痛そう…」「恥ずかしい…」と、全身脱毛に高いハードルを感じていませんか?

全身脱毛の痛みの程度、全身脱毛で感じる痛みを和らげる方法、全身脱毛を行う時の流れや体勢、全身脱毛の恥ずかしさを和らげる方法を経験者の体験談や口コミを元に調査しました!

全身脱毛に痛みや恥ずかしさを感じず、快適に脱毛するための参考にぜひ活用してみてください。

1.全身脱毛の痛みはどのくらい?部位によって違う痛みの大きさを調査


全身脱毛は部位によって痛みの程度が違います。
光脱毛で痛みを感じやすい部分・感じにくい部分を表にまとめました。

痛みを感じやすいパーツ 痛みを感じにくいパーツ
脇、VIO(デリケートゾーン)、両ひざ、鼻下、乳輪 手足、背中、うなじ、お尻、お腹、胸、

まずは、痛みを感じやすいパーツ、感じにくいパーツと2つに分けてみました。
ここからさらに、全身脱毛経験者の口コミから特に痛みを感じやすいパーツを調査します。

光脱毛で痛みを感じやすい部位ランキング


【1位 Oライン】

「唯一ここだけは痛いと感じてしまいました。「痛い!」というよりは「熱い!」です。
腕の良いスタッフさんの中には、光の出力を調整したり、冷やしてくれたりして痛みを軽減できるようにしてくれる人もいますが、なかなか難しいんでしょうね。《24歳》」

最も痛みを感じやすい部位として挙がったのはOラインでした。元々皮膚が薄く光による熱刺激に敏感な部位で、他の部位よりも痛みを感じやすいようです。

【2位 Iライン】

「ちょっと恥ずかしい部分だからあんまり痛い!ってリアクションしづらい部分ですよね。でもやっぱり痛い時は言った方が楽です。光脱毛でもちょっと痛いぐらいだから、VIOをレーザーで脱毛しちゃう人は本当にすごいと思います。痛くないのかな・・・?《27歳》」

次に多かったのがデリケートゾーンの1つであるIライン。こちらも皮膚が薄くて痛みを感じやすい部位です。
また、粘膜の部分に光が当たると痛みを感じてしまう人もいました。

【3位 両脇】

「前にレーザーで両脇を脱毛した時に比べたら100倍マシですけど、光脱毛でもちょっと熱を感じてしまいますね。でも一瞬なので、耐えられないぐらいの痛みではないです。《21歳》」

3つ目に挙がったのが人気の部位である両ワキでした。脇は1本1本の毛が太い部位で、光が反応しやすく強い反応を受けてしまうのが原因です。

【4位 Vライン】

「痛いというよりは一瞬熱くてびっくりする感覚でした。でも友人が行っているサロンは全く痛くないと聞いて、友人が痛みに強いのか痛みの少ない脱毛サロンなのかが未だに謎です。《30歳》」

Vラインも他のデリケートゾーンと同じく皮膚が薄い・毛が太い部位であるため、脱毛する時に痛みを感じやすい部位に分類されています。

2.全身脱毛で痛みを感じないようにする方法


全身脱毛の痛みを軽減するために自分でできる対策やサロンにお願いする方法をまとめました。
脱毛する時に痛いと感じてしまったら、すぐに実践してみてくださいね!

2-1.保湿ケア・UVケアを日常的に行う

乾燥している肌や、日焼けなどで軽い炎症を起こしてしまっている肌に光を当てると、痛みを感じやすいです。
肌の状態が原因の痛みを和らげるには、日頃から肌を健やかに保つことが必要になってきます。

日頃の肌ケアといっても、そこまで張り切る必要はありません。
お風呂上がりにボディミルクで保湿をしたり、紫外線の強い春?夏は出かける前に日焼け対策を習慣づけておくことが肌を健康に保つ近道です。

肌にうるおいがある状態・日焼けしていない状態で痛みの少ない脱毛をしましょう!

2-2.生理前?生理中の脱毛は避ける

生理前はに肌荒れがひどくなってしまった経験はありませんか?
生理前や生理中はホルモンバランスが乱れがちで、肌が敏感な状態になります。

敏感肌に脱毛の強い光を当ててしまうと、肌荒れや炎症を起こしてしまう可能性があります。また、痛みも感じやすいです。
痛みが気になる人は、生理前や生理の期間中を避けて脱毛するのがおすすめです。

2-3.連射式の脱毛器がある脱毛サロンへ行く

痛みのある脱毛なら、早く終わってしまったほうが楽ですよね。
高速で光が連射できるマシンなら、施術時間を大幅に短縮することができます。
痛みを感じるのが不安な人は、連射式の脱毛マシンが導入されている店舗を選ぶのがおすすめです。

しかし、同じサロンでもまれに店舗によって使用しているマシンが違うことがあります。
よって、カウンセリングの時に使用しているマシンを聞いてみると良いですね。

2-4.光の出力を下げてもらう

光脱毛に痛みを感じてしまう最大の原因が光の出力が強さにあります。
光のパワーが強い方が、脱毛効果が高いですが、人によっては痛みを伴う場合があります。

痛いと感じたら、無理をせずにサロンのスタッフに光の出力を落としてもらうよう相談してみましょう。

2-5.施術する部分を念入りに冷やしてもらう

サロンによっては、光を当てる前にアイスノンなどで肌を冷やしてから脱毛する店もあります。
このタイプの脱毛法の場合、しっかりと脱毛部位を冷やしておくことで、光による痛みを感じにくくなります。

痛みを感じてしまう時は、肌表面を念入りに冷やしてもらうようにお願いしましょう。

3.痛みの少ない全身脱毛が特徴のサロン3選


【ディオーネ】
ディオーネの脱毛法は、毛根ではなく、その手前にある毛包という毛を作る素となる物質を作る組織に働きかける「ハイパースキン脱毛」という新しい脱毛法です。

そのため、使用されている光は体温と変わらないような温かい光で、痛いと感じることはまずありません。
敏感肌や、肌荒れに悩んでいる人でも安心して行える脱毛法です。

【ミュゼ】
ミュゼは、痛みが少ないと評判のサロンの1つです。
ミュゼプラチナムの脱毛法「S.S.C脱毛(スムーススキンコントロール式)」は、光とジェルによる抑毛の相乗効果を利用した痛みの少ない脱毛法です。

光の照射による肌へのダメージをジェルが守ってくれます。

【脱毛ラボ】
脱毛ラボの脱毛方法は、ミュゼと同じくS.S.C脱毛です。脱毛ラボは高速連射式の脱毛マシンを使用していて、施術も早く終わります。
また、脱毛ラボオリジナルのジェルは抑毛効果を促進するダイズイソフラボン配合で、最大限の効果が期待できます。

4.全身脱毛は恥ずかしい?体験者の口コミで分かった脱毛の恥ずかしさ


全身脱毛、とくに両ワキやデリケートゾーンなど、人に見せる機会が少ない部位の脱毛は恥ずかしいと考える人が多いのではないでしょうか。
多くの人の口コミでも「恥ずかしい」という意見は見られました。

「全身脱毛はやってみたい!でも恥ずかしかったです。特にVIOが・・・!(23歳)」
「VIOの脱毛ってどんな風にしてもらえるのか完全に未知だったので緊張しました。でも今はやって良かったな?と思います。(27歳)」
「生理の時に清潔だって言われて、VIOも脱毛を始めたんですけど最初はすごく恥ずかしかった!(29歳)」
「両脇が結構恥ずかしい、うまく剃れてなかった時にシェービングしてくれるのがなんだか申し訳ない気持ちになってしまう(19歳)」

しかし、VIOや脇のような部位だからこそキレイにしておくことで、コンプレックスの解消など嬉しい声もたくさん挙がっています。

「最初は恥ずかしかったけど慣れました(笑)とにかく最初にVIOを脱毛した時は、こんなにキレイになるのかと感動しました!(22歳)」
「彼氏に剛毛な自分を見せたくなかったから、恥ずかしさを捨てて脱毛に行ったんですが、脱毛後の仕上がりが想像以上に良くて、なんで今までやってなかったんだろうと思いました。(20歳)」
「夏場はデリケートゾーンが蒸れてとても気持ち悪かったんですが、脱毛に行ってスッキリです。本当に快適になりましたね!(24歳)」

全身脱毛が恥ずかしいと思うのはみんな同じです。
恥ずかしさを克服することで、毛の悩みやコンプレックスをすっきりと解決することができるのです。

5.全身脱毛を行う時の体勢は?恥ずかしさを和らげるサロンの工夫


では、全身脱毛の中でも特に抵抗のある人が多いデリケートゾーンの脱毛ですが、どのように行われているのでしょうか。
施術方法の疑問に関しても、VIOの脱毛を経験している人の口コミをまとめてみました!

5-1.Vラインの脱毛方法

Vラインは仰向けになって足を閉じた状態で施術するサロンが多いようです。

「Vラインの脱毛に行きました!足をガバッと開いて脱毛するのかと思いきや、普通に横たわった状態で脱毛してくれたのでなんだか拍子抜けしました。もちろんその方がいいんですけどね!(笑)(23歳)」
「下着からはみ出る部分を脱毛してきました?!Vラインの脱毛はじっと寝てたら普通に当てられてた・・・。寝てたから気づかなかった!(27歳)」

5-2.Iラインの脱毛方法

Iラインは片足の縦膝を横に倒した状態で脱毛します。

「うちのサロンはずっとショーツを履いたままで脱毛してくれます。ショーツを少しずつずらしながら照射してくれるので、丸見えになってしまう心配はありませんよ。(26歳)」
「Iラインは立膝をついて横に倒した状態で脱毛します。ちょっと恥ずかしいんですが、すぐに終わらせてくれるので安心しておまかせしています。」

5-2.Oラインの脱毛方法

Oラインはうつ伏せの状態で力を抜いて脱毛します。

「背中が上になった状態でOラインの施術。恥ずかしさMAXでしたが、すぐに終わりました!Oラインだけだったら多分30秒もかからないぐらいです。(27歳)」
「Oラインはうつ伏せで照射してもらいました!恥ずかしさと痛さが不安でしたが、意外にどちらも感じませんでしたね。(23歳)」

サロン側にもなるべくショーツを履いたまま施術してくれたり、すぐに終わらせてくれたりと、工夫がたくさん見られました。

6.自分でできる脱毛の恥ずかしさを和らげる方法


まずは、全身脱毛にを体験して慣れるのが1番ですが、自分でできる恥ずかしさの克服法を2つご紹介します。
・事前にシェービングを済ませておく
・痛みの少ないサロンに通う

事前にシェービングを行っておくことで、脱毛当日にシェービングをしてもらう時間を短縮することができます。
また、なるべく痛みを感じないサロンに通うのも一つの方法です。

痛みのある脱毛はどうしても施術が長く感じてしまいます。
恥ずかしいと感じる時間は短いに越したことはありません。よって、施術時間を短くする・短く感じさせるのも恥ずかしさを克服する手段になります。

7.まとめ

全身脱毛は「痛い・恥ずかしい」というイメージを持っている方が多いですが、全身脱毛の経験者も最初は皆さんと同じように抵抗を感じていた方が多いのです。

経験者の中には、恥ずかしさよりも脱毛後の仕上がりに感動された方が多くいます。
まずは、恥ずかしさを一旦忘れて全身脱毛を体験してみてくださいね!

おすすめの関連記事

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみて下さい。

全身脱毛が安いお試し体験プランは?1回限りのキャンペーンがあるサロン

全身脱毛の安いサロン、あなたはどんなサロンをお探しですか? ・全身脱毛がキャンペーンで1回体験できる・・・

全身脱毛の値段はどれくらい?総額・相場の費用・平均金額は?

あなたは全身脱毛の料金についてこんな疑問を持っていませんか? 「全身脱毛ってどのぐらいの費用がかかる・・・

全身脱毛の料金を比較!月額制・回数制・都度払いで最も安いのは?

「全身脱毛の料金体系って複雑でわかりにくい!結局どこが安いの?」と頭を悩ませている人も多いのではない・・・

全身脱毛のおすすめランキング!口コミで人気の14サロンを徹底比較

全身脱毛が気になっている方、興味はあるけど不安に思っていることってありませんか? 「痛そうだし、恥ず・・・